小6男児が医療用ウィッグへ寄付「幸せになる人が増える」「髪の毛がない人が社会で笑われるのは良くない」

    Clip to Evernote
    1 名前:ガーディス ★:2019/08/19(月) 09:41:43.25 ID:36ED0Ihd9.net

     小児がんや先天性の無毛症などで髪の毛を失った子どもたちに、寄付された人毛でつくった医療用ウィッグ(かつら)を贈る「ヘアドネーション」。「自分にもできるかも」と2年半にわたって髪を伸ばし続けた横浜市戸塚区の小学6年、瀧口嵩太君(12)が寄付するために髪を切った。学校では長髪に対するいじめやからかいもあったが、あきらめなかった。嵩太君は髪をカットしながら「幸せになる人が増えるのはいいこと」と笑顔を見せた。

    嵩太君が髪を伸ばし始めたのは小学3年の終わりごろ。それまでもボランティアなどに取り組んできたことに加え、2歳年上の姉がヘアドネーションを始めたことや、がん治療による脱毛に悩む知人がいるなどが重なった。母親の英子さん(45)は「大変だよと伝えたけど、大丈夫だと。それなら、と見守ってきました」と振り返る。

     だが、髪が伸びるにつれ、学校で「ロン毛」とからかわれたり、髪を引っ張られたりと嫌な目に遭うことが増えた。英子さんは、泣きながら帰ってくる嵩太君の姿に胸がつぶれそうになったこともある。たまりかねて「もう切ったら」と言ったが「切らない」。

     「病気などで頭髪が薄くなった人に比べたら、からかわれることはたいしたことなかった」。嵩太君は当時の思いを話す。5年生のとき、学校に相談して同学年の児童に髪を伸ばしている理由を説明する機会を持つと、冷やかしはなくなったという。

     髪を切った7日は、誕生日の翌日。腰のあたりまで伸びた髪を英子さんの友人の美容師(45)が細かく束にまとめ、英子さんが緊張した面持ちで1つめの束にはさみを入れた。切り進むにつれて「どんどん涼しくなる」と声を上げる嵩太君。終了すると、鏡をのぞき込み「昔の自分だ」とはしゃいだ。

     美容師は「記念の日にたずさわれて幸せ」と話し、心配しながらも見守り続けた英子さんは「よくがんばった。これからもチャレンジを応援したいと思う」と感無量の表情を浮かべた。

     基準の31センチ以上に切った10束の髪は、医療用ウィッグを製作しているボランティア団体「女子高生ヘアドネーション同好会」(群馬県)に送るという。嵩太君は「髪の毛を乾かすのが楽になる」とおどけた後で、「途中で嫌になったこともあったが、我慢して良かった。幸せになる人が増える」と笑顔を見せつつ、力を込めた。「髪の毛がない人が社会で笑われるのは良くない」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00000010-kana-l14


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1566175303
    続きを読んでやんよ はてブ!してやんよ

    【韓国】ユニクロの売上額7割減、日本製品不買運動が影響 

    Clip to Evernote
    1 名前:ばーど ★:2019/08/19(月) 07:05:02.38 ID:f3h1AI9I9.net

    ※中国の新聞やテレビが伝えた韓スレはOK

    2019年8月16日、韓国KBSワールドラジオの中国語版サイトは、韓国で日本製品の不買運動が始まってから1カ月余りの間に、ユニクロを含む日本の有名ブランド製品の韓国国内での売上額が半分以下に減少したことが分かったと報じた。

    それによると、7月第4週の韓国国内での主要日本ブランド製品のクレジットカード売上額は、6月最終週に比べて半減したことが、韓国金融監督院による調査結果で明らかになった。

    ブランド別では、ユニクロの売上額の減少幅が最も大きく、7月第4週は6月最終週比で70%以上減少した。

    専門家は「日本製品不買運動はSNSを通じて急速に拡散し、消費者が主体的にそれに参加している。現在の状況から判断すると、日本製品不買運動は長期間続くとみられる」との見方を示しているという。(翻訳・編集/柳川)

    2019年8月18日(日) 16時50分 レコードチャイナ
    https://www.recordchina.co.jp/b737855-s0-c10-d0054.html
    https://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201908/20190818-054659690.jpg



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1566165902
    続きを読んでやんよ はてブ!してやんよ

    【埼玉知事選情勢】 #青島健太氏(61)僅差でリード #大野元裕氏(55)が激しく追う #与野党激戦

    Clip to Evernote
    1 名前:みつを ★:2019/08/18(日) 21:38:44.13 ID:ar4HJjSH9.net

    https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190818/k00/00m/010/299000c

    青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢
    毎日新聞 2019年8月18日 21時20分(最終更新 8月18日 21時25分)

     25日投開票の埼玉県知事選について、毎日新聞社は16~18日に県内の有権者を対象に電話世論調査を実施し、取材結果も加味して中盤情勢を探った。16年ぶりに新人同士の争いとなった選挙戦は、自民、公明が推薦するスポーツライターの青島健太氏(61)が、上田清司知事と立憲民主、国民民主、共産、社民の各県組織などが支援する元参院議員の大野元裕氏(55)を僅差でリード。大野氏が激しく追う展開となっている。他に出馬している3氏は支持に広がりを欠く。ただし5割弱が投票先を決めておらず、終盤に情勢が変わる可能性がある。

     調査は毎日新聞社、共同通信社など4社が合同で実施し、各社が共通のデータを独自に分析した。コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける方法で行い、実際に有権者がいる世帯にかかったのは1451件で、うち1015人から回答を得た。

     選挙戦は、4期16年続いた上田県政の継承を巡り、事実上の与野党対決となった。上田知事と対立してきた自民が推す青島氏は、自民支持層と公明支持層の6割を固め、さらに浸透を図る。大野氏は立憲、国民、共産と、れいわ新選組の各支持層の6~7割を固め、無党派層の3割も支持。ただし、30歳未満の若年層の支持が伸び悩んでいる。

     また、上田県政について「評価する」と答えた人のうち、青島氏の支持者と大野氏の支持者はいずれも3割で同程度だった。大野氏は「上田県政の継承」を訴えているが、上田県政を肯定的に評価する層の支持を集め切れていない様子がうかがえる。
    【畠山嵩】


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1566131924
    続きを読んでやんよ はてブ!してやんよ

    【世論調査】「ホワイト国」から韓国外し約7割が評価 - 共同通信

    Clip to Evernote
    1 名前:僕と彼女と週末に ★:2019/08/18(日) 21:30:53.41 ID:/He+nmiL9.net

    共同通信社が17、18両日に実施した全国電話世論調査によると、

    政府が、輸出管理で優遇する「ホワイト国」から韓国を外すことを閣議決定した対応について、
    68・1%が「評価する」と答え、「評価しない」の20・1%を大きく上回った。

    一方、今後の日韓関係については「懸念している」が62・4%で、「懸念していない」は32・4%だった。

    安倍内閣の支持率は50・3%で、前回調査の48・6%から1・7ポイント増えた。不支持率は34・6%だった。

    https://www.nikkansports.com/general/news/201908180000985.html

    関連スレ
    【時事世論調査】安倍内閣支持率、3.9%増の47% 不支持率30.8% 政党支持率も記載
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565955281/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1566131453
    続きを読んでやんよ はてブ!してやんよ

    【野口悠紀】中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態 それは2046年にやって来る 日本が中国へ出稼ぎする

    Clip to Evernote
    1 名前:納豆パスタ ★:2019/08/18(日) 21:16:07.09 ID:m/q7X/nz9.net

    中国が日本を「豊かさ」で抜く…その時起きる戦慄すべき事態
    それは2046年にやって来る
    現代ビジネス 野口 悠紀雄早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問一橋大学名誉教授
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66523

    中国と日本の豊かさ(1人当たりGDP)の差は、急速に縮まっている。

    この傾向は将来も続く。したがって、どこかの時点で中国は日本より豊か国になる。

    これは、日本と中国との関係が現在のそれとは質的に全く異なるものになることを意味する。それは、さまざまな面で、日本人にとって受け入れがたい大変化をもたらすだろう。

    ●2040年代に中国は日本より豊かな国になる

    世界経済の長期予測がいくつかなされている。

    日本経済研究センターが行なった2060年までの長期経済予測は、中国が2030年代前半に経済規模で米国を抜くとした。
    https://www.nikkei.com/article/DGXKZO47775960V20C19A7KE8000/

    「2030年展望と改革」(内閣府)によると、2030年で、中国のGDPの世界シェア 23.7%は、アメリカの20.2%より高くなる。
    https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/0125/shiryo_04-2-2.pdf

    これ以外にもいくつかの長期推計があるが、それらのほとんどは、2030年代前半に中国がGDPの規模で世界最大になると予測している。 

    中国の人口は巨大だから、経済規模が世界最大になるのは、さして驚くべきことではないかもしれない。

    日本との関係でより重要な意味を持つのは、「豊かさ」だ。

    以下では、ドル表示で見た1人当たりGDPについて、日本と中国を比較してみよう。

    図1 日中の1人当たりGDPの推移 (単位:ドル、資料:IMF)
    https://gendai.ismedia.jp/mwimgs/f/d/600/img_fd653c07e2b3dac3ea50e7682836e15530447.png

    図1に見るように、2010年には、中国の値は日本のほぼ10分の1であった。その後、2012年から15年に円安が進んだため、日本の値は低下した。この間においても中国は成長を続けたので、2018年において、中国の一人当たりGDPは日本の4分の1程度になった。
    https://gendai.ismedia.jp/mwimgs/2/6/600/img_26bb672a0318439726c635d0d56738a837388.png

    図表1の2019年以降の値は、IMFによる推計である。これによると、2023年に、中国は日本の3分の1程度になる。

    さらに将来の時点では、どうなるだろうか?

    以下では、過去の傾向が将来も継続するとしたらどうなるかを計算してみよう。

    上で見た円安による影響を取り除くために、2014年から2023年までの年平均成長率を見ると、日本は2.6%、中国は7.8%だ。

    図2 日中の1人当たりGDPの予測(単位ドル、筆者試算)



    図2は、この成長率が将来も続くとした場合の結果だ。

    中国の1人当たりGDPは、2032年に日本のほぼ2分の1になる。

    そして、中国が日本と同じ豊かさになる「Xデイ」が訪れる。図2によれは、それは2046年だ。

    これは、それほど遠い未来のこととは言えない。現在の日本人の8割くらいの人々は、生きている間に、Xデイを経験することになるだろう。

    同じ趨勢が続くとすれば、その後は、中国のほうが豊かな国になる。2060年には、日本のほぼ2倍になる。なお、この時点では、中国の値は、アメリカの水準をも抜いている。

    以上は過去のトレンドが続くとした場合のものだから、これとは違う結果になることは、十分ありうる。

    実際、OECD予測では、2040年における中国の一人あたりGDPは、日本のそれの6割程度だ。2060年になっても、まだ日本の方が高い(Economic Outlook No 95 - May 2014 - Long-term baseline projections)。
    https://stats.oecd.org/Index.aspx?DataSetCode=EO95_LTB

    米中貿易戦争で中国の経済成長率が大幅に鈍化すれば、Xデイの実現は、先になる。

    日本が構造改革に成功し、新しい産業が登場して経済成長率が高まれば、やはりXデイは先になる(あるいは回避できるかもしれない)。

    しかし、これまでのトレンドが続けば、Xデイは避けられない。 

    ●出稼ぎ労働の方向は逆転する

    続きは記事リンク先です。長文です。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1566130567
    続きを読んでやんよ はてブ!してやんよ
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ