2012年05月

    【速報】関東で活発な地震活動が発生中 M12東京大地震クル━━━━━━(゚∀゚━━━━━━!!

    1 名前:スフィンクス(新疆ウイグル自治区):2012/05/31(木) 01:27:48.71 ID:e60/cPld0● BE:3512111696-PLT(12000) ポイント特典


    関東の一部で活発な地震活動続く…大震災後
    読売新聞 5月30日(水)21時33分配信

     千葉県・銚子付近や茨城・福島県境など関東地方の一部地域で、東日本大震災後から現在にかけて地震活動が活発な状態が続いていることが、気象庁の解析でわかった。

     30日の地震予知連絡会で報告した。

     関東地方直下では、陸のプレート(地球を覆う岩板)の下に、南と東から海側のプレートが沈み込んでいる。

     解析によると、震災前は目立った地震活動のなかった千葉県の銚子付近や茨城・福島県境で、
    震災直後から陸のプレート内部を震源とするマグニチュード2以上の地震が多く観測された。関東地方東部では、
    海側のプレートで起こる地震も増えている。いずれも大震災でプレート内部にかかる力が変化した影響とみられる。

     地震活動は徐々に低下しているが、気象庁は「大きな地震の可能性は否定できないので、注意してほしい」と呼びかけている。

    最終更新:5月30日(水)21時33分
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120530-00001024-yom-sci

    続きを読む

    【超速報】 河本準一 妻の母も生活保護を受給!!!

    1 名前:バーマン(やわらか銀行):2012/05/31(木) 00:42:23.23 ID:wDQfJ/Ut0 BE:1990229287-PLT(16772) ポイント特典


    関西地方にある築約40年の家賃4万円ほどの古びた集合団地。
    そこで生活保護を受給しながら暮らすある住民が、次長課長・河本準一(37才)の
    母親の生活保護受給問題についてこう憤る。

    「テレビで謝罪会見を見てびっくりしましたよ。そんなに収入があるなら、自分の母親だけでなく、
    “こちらのお母さん”のこともきちんと面倒見るべきですよ! だってこちらも生活保護を受けているんですから」

    この住民がいう“こちらのお母さん”とは、同じ団地に住む河本の妻の母、つまり河本の義母のことだった。
    河本は2003年に元アイドルの妻(36才)と結婚。一男一女をもうけて、都内の一等地にある家賃約35万円の
    3LDKのマンションに暮らしている。妻の母・A子さんは、前述した団地でひとり暮らしをしている。

    「A子さんは10年以上前にリウマチを患ったんです。その後、足の手術をしたこともあり、
    いまでは杖をついてゆっくり歩くことしかできない状態です。A子さんから“リウマチが酷くて
    働かれへんようになってしまった。それからは生活保護をもろてる”って直接聞いたことがあります」(別の近所住民)

    そしていま現在も、A子さんの生活保護受給は続いている。

    Aさんは、資産も収入もなく、また働くこともできない状態にあり、生活保護を受給できる条件を満たしている。
    しかし、ここで問題となるのが、扶養してくれる親族の有無だ。民法第877条第1項では<直系血族及び兄弟姉妹は、
    互いに扶養をする義務がある>と規定され、A子さんの場合でいえば、
    河本の妻及びそのきょうだいが直系血族であるため、扶養義務が伴う。

    さらに第2項には、<家庭裁判所は、特別な事情があるときは、前項に規定する場合の外、三親等内の親族間に
    おいても扶養の義務を負わせることができる>と記されている。条文にいう「三親等内の親族」には叔父や叔母、
    曾祖父や孫のほか、子の配偶者も含まれる。一方、「特別な事情」とは、親を扶養すべき子供の収入が少なく、
    かつ他に扶養できる人がいないなどのケースを指す。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120531-00000000-pseven-ent
    依頼84

    続きを読む

    橋下 「ナマポ乞食はいい加減にしろ!3親等内の親族から保護費を回収させてもらうわ!!」

    1 名前:ラガマフィン(愛知県):2012/05/30(水) 16:40:00.76 ID:Ss9Ghxj20 BE:1090820328-PLT(12101) ポイント特典


    橋下市長、扶養義務巡り制度改正の必要性強調
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120530-OYT1T00452.htm

    お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんの母親の生活保護受給に批判が出ていることについて、
    生活保護受給者が全国最多の大阪市の橋下徹市長は30日、「すぐに保護費に頼られてしまうと、本当に助けないといけない人にお金が回らなくなる。
    公金を使う以上、自立できない場合は家族で支え合うルールをつくるべきだ」と述べ、扶養義務に関する制度改正が必要との考えを示した。

    市役所で報道陣の取材に答えた。「3親等内の親族にも扶養義務を負わせることができる」との民法上の規定について、
    「被保護者が自立できない場合、いったん保護費を支給して、扶養義務者から回収する仕組みも可能だ」と提言した。
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120530-OYT1T00452.htm

    続きを読む

    河本や梶原を叩いても生活保護問題は何も解決しません。本質を見定めましょう。

    1 名前:ターキッシュアンゴラ(岡山県):2012/05/30(水) 18:30:06.61 ID:MrTUQk/W0 BE:2940095366-PLT(12001) ポイント特典


    ★ 芸人叩きでは解決しない生活保護問題

     お笑いコンビ『次長課長』の河本準一さん(37)が、母親の生活保護受給問題で謝罪会見をおこなったのが
    2012年5月25日。そして、同29日には『キングコング』の梶原雄太さん(31)も、母親が生活保護を受給して
    いることを自ら明らかにした(サンケイスポーツ、2012年5月29日付)。

     お笑い芸人の母親が、本来はもらう必要がないと思われる生活保護費を、役所から受けとっていた。息子が
    たまたまお笑い芸人だったから、世間で騒がれているものの、この問題の本質は、お笑い芸人を叩くことでは
    見えてこない。あくまでも、生活保護費を不正に受給する輩と、不正を見抜けずに支給する役所が問題なの
    である。

     不正に受給する輩については、5月29日付の東京スポーツでビートたけしさんが「解説」している。
    「生活保護費をもらう人間の中にはいろんな手段を使うのがいる」とした上で、「偽装結婚」や「離婚して戸籍上は
    母子家庭にしといて、父親は一緒に住んでるけど、調べが入る時だけ出ていく」ケースを紹介。

     そして、「暴力団も生活保護費もらってるのがいる」点に触れ、「片山さつきとか世耕弘成とか、河本を追及して
    喜んでるけど、暴力団とかおっかないヤツに対しては何もしない。『こんな人がベンツ乗り回しておかしい
    じゃないか』とか、もっと怖い人をヤリ玉に挙げればいい」と述べる。

     たけしさんは、「病気とか体が悪くて働けないのは別として、働かないヤツが生活保護費もらうのはおかしい」
    と考えている。さらに、「昔は生活保護受けるってことが、すごく恥ずかしいことだった」が、「最近は『もらわなきゃ
    損』みたいな考え方になっちゃってる」ことを憂う。

    (>>2に続く)
    http://getnews.jp/archives/222278

    続きを読む

    韓国の駅には改札がありません なぜなら民度がとても高く、不正乗車する人なんていないからです

    1 名前:ターキッシュアンゴラ(岡山県):2012/05/30(水) 05:47:37.55 ID:MrTUQk/W0 BE:1470048629-PLT(12001) ポイント特典


    4月に韓国に行ったときのことです。ソウルから、日本で言う
    新幹線にあたるKTX(韓国高速鉄道)に乗ることになりました。
    チケットは事前にインターネットで予約して料金も支払済みです。
    ソウル駅に着いた私は、KTXの乗り場で改札を探して歩き回ったのですが見つかりませんでした。
    不安になりながら、「入り口」という表示に沿って進んだのですが、
    結局改札を通らないまま、列車に乗ることができてしまいました。

    予約してある自分の座席に座りましたが、不安でどうも落ち着かない。
    ちょうど車掌が通りがかったので呼び止めて、「チケットはこの通り持っているんだが、
    改札を通らないで乗ってしまった」と正直に話しました。
    すると、「改札はないんですよ」というではありませんか。
    驚いて「なぜ改札がないんですか?」と聞いたところ、「なぜ改札が必要だと思うんですか?」と、
    逆に車掌から聞き返されてしまいました。

    私が、「予約をとらずに駅に来た人は、そのまま不正乗車できてしまうのでは?」と答えたところ、
    車掌は、手元にあるハンディターミナルを見れば、どの席が空席かはわかるし、
    駅と駅の間の区間が長いので、不正乗車が分かれば走行中の列車から逃げることはできない。
    確かに不正乗車はゼロではないが、取り締まることはできるし、ある「かも」しれない不正を防ぐために、
    すべての駅に改札を設け、高額な改札装置を設置し人員を置くのはコストのムダだと説明しました。

    私は、なるほど、「駅務の自動化」を突き詰めるとこういうことになるのかと思いました。
    高度に機械化された改札装置を各駅に設置するのではなく、車掌に使いやすい端末を持たせて、
    全駅の改札を廃止してしまう。非常に合理的です。
    http://diamond.jp/articles/-/19218

    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    div class=