2012年12月

    紅白でAKB48のライブが全然盛り上がらなかった件

    1 名前:トラ(千葉県):2012/12/31(月) 21:28:34.99 ID:R1j3w5Ca0 BE:631827757-PLT(12001) ポイント特典


     第54回日本レコード大賞が30日発表され、AKB48の「真夏のSounds good!」(作詞・秋元康、作曲、編曲・井上ヨシマサ)が大賞を受賞した。
    AKB48は昨年の「フライングゲット」に続き2連覇を達成。史上6組目の快挙を達成した。

     レコード大賞連覇は細川たかし(1982、82年)、中森明菜(85、86年)、安室奈美恵(96、97年)、浜崎あゆみ(2001年から3連覇)、EXILE(08年から3連覇)が成し遂げており、女性グループとしては初となった。

     総監督の高橋みなみは「すごいうれしいです。去年はすごい獲りたいという気持ちで、今年はAKB48第2章として、獲らなければいけないと思って、この場に臨んできました。
    こんなに素晴らしいアーティストのみなさんがいる中で獲らせて頂いたことを誇りに思います」と涙。

    http://photo.sankei.jp.msn.com/essay/data/2012/12/1231record/


    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1356956914
    続きを読む

    【速報】 安倍、竹島を返せと韓国に督促状を出したことが判明!

    1 名前:エジプシャン・マウ(愛知県):2012/12/31(月) 19:44:31.25 ID:748cxP530● BE:2454344249-PLT(12100) ポイント特典


    韓国政府「独島は韓国の領土」…日本に口述書伝える

    31日の韓国国内の報道によると、韓国政府当局者は「日本政府が韓国外交部に口述書形式で抗議する書簡を送ってきた」とし
    「韓国政府もこれに反論する口述書を伝えた」と明らかにした。

    韓国政府が日本側に伝えた反論口述書には、「独島は韓国の固有領土。日本の抗議は一考の価値もない」という内容が含まれているという。

    詳細 韓国中央日報 2012/12/31
    http://japanese.joins.com/article/839/165839.html?servcode=A00&sectcode=A10


    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1356950671
    続きを読む

    「日本は韓国と仲良くなりたくないのか!」 朝鮮学校無償化見送りで関係者が激怒

    1 名前:ヒョウ(北海道):2012/12/29(土) 11:39:11.25 ID:rdgrs0WI0 BE:3819541695-PLT(12000) ポイント特典


    <朝鮮学校>無償化見送りに憤り 政治で左右され

     文部科学省が28日、朝鮮学校を高校無償化の対象にしない方針を決めたことを受け、朝鮮学校関係者や
    支援者からは「残念」「再考してほしい」と落胆の声が上がった。

     全国朝鮮高級学校校長会会長で、東京朝鮮中高級学校(東京都北区)の慎吉雄校長は「日本と朝鮮の
    懸け橋になろうという生徒たちの心が踏みにじられた。経済的な支援が大きく後退してしまった。
    再考してほしい」と求めた。

     無償化適用の結論が出なかった民主党政権の3年間を「高校無償化の流れの中で、朝鮮学校が
    日本の社会に貢献できるようにと考えてきた」と振り返る。今回の方針で、拉致問題に進展がないことが
    無償化見送りの理由に挙げられた点については「両国間のことで、僕らは何の関係もない。政治問題の
    駒として利用されるのは納得できない」と憤った。今後は、国を相手に訴訟を起こすことも含めて検討し、
    年明けにも結論を出すという。

     一方で「これからも日本と朝鮮の親善を目指して地域に貢献できるように頑張る。その気持ちに変わりは
    ない」と強調した。

     神奈川県高等学校教職員組合の副委員長で「神奈川 朝鮮学園を支援する会」の佐々木克己事務局長は
    「無償化は理念的には生徒個人への支援。拉致問題とどう結びつくのか。無償化の基準を踏み越えた判断
    ではないか」と批判。「支援する会」は朝鮮学校を他の外国人学校と区別すべきではないと主張しており
    「今後も無償化適用に向けて働きかけを続けたい」と話した。【苅田伸宏】

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121228-00000037-mai-pol


    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1356748751
    続きを読む

    「韓国の残飯を客に食わす文化、感動に打ち震えた。それに比べ日本は情けない」

    1 名前:ジャガランディ(東京都):2012/12/29(土) 06:46:16.44 ID:t0kKY6tU0 BE:312757496-PLT(12051) ポイント特典


    韓国へ「解毒の旅」 新潟日報12月28日

    http://s3.gazo.cc/up/s3_17378.jpg

    http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org3784384.jpg

    12月はじめ、韓国に行ってきた。女2人、ただただ韓国の美味しいものを食べまくった旅。
    2泊3日の滞在で、一日6食、合計で20食近く食べた。
    そんな韓国は、まさに「解毒」の旅だった。

    初日に訪れた食堂は「客が最底辺」という揺るぎないポリシーに基づく営業方針を貫いており、非常に感銘を受けた。
    まず、呼び込みはしつこいのに、いったん店にはいるとおばちゃんは豹変。ものすごく雑な扱いに変わる。
    頼んだユッケジャンとイカ炒めは美味しかったものの、注文の時点で既にケンカ腰。
    極めつけは、「お店の従業員たちの食事風景」

    客に出す炊飯器とは別の炊飯器のご飯を食べていたのだが、店の人用の方が明らかに炊きたて。
    そこまではいいのだが、食事後が問題だった。店の人たちは食べ終わると、残ったご飯を当たり前のように「客に出す方の炊飯器」に投入。
    食べ残した人は、みんな当然のように私たちに出される方の炊飯器に余ったご飯を戻していく。
    その光景を見て、私は感動に打ち震えた。

    少し前、日本では高級料亭が余った料理を使い回したなどでして
    問題になったわけだが、お隣韓国のこの店では、従業員の食べ残しのご飯が堂々と客に提供されているわけである。
    しかも、何の悪気もなく。

    かたや日本では、いつからか「消費者こそが一番偉い」という価値観が幅を効かせている。
    ちょっとしたことでクレームをつけたりする社会は、どうしたって殺伐としてしまう。
    しかし、「お金を払って残飯を食べさせられる」という貴重な経験をして、思った。
    世の中、なんかもっと適当でいいんじゃないか、と。
    少なくとも、私はこの現場を目撃して目くじらを立てるような人とはお友達になりたくない。


    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1356731176
    続きを読む

    ピーターバラカン 「日本の音楽チャートは悲惨すぎる。AKBや嵐って音楽と呼べるの?」

    1 名前:ユキヒョウ(埼玉県):2012/12/31(月) 11:50:39.60 ID:pOsnAz4yP BE:3132918566-PLT(12000) ポイント特典


    2012年の音楽業界を振り返って~業界関係者が今年の音楽産業を総括

    ピーター・バラカンさん(ブロードキャスター)

    ――2012年の音楽業界を振り返って。

    あまりよく分かりません。業界全体の動向が分かっても必ずしも参考になると思っていませんから、
    特に追っかけていません。自分の役目はいい音楽を共有することだと思っています。

    ――印象に残った出来事。

    26年間全く一人で仕事をしてきた自分が久しぶりに企業に関わりを持つことになって、9月から
    インターFMの編成の責任者になったことが、個人的には大きかったです。

    ――2012年の各チャートに関して。

    悲惨です。これでも音楽と呼べるのでしょうか。

    ――音楽業界、2013年の展望について。

    業界の展望はよくないでしょうが、金銭的なことはさておき、少なくとも質のいい仕事をしたいです。
    http://www.musicman-net.com/business/22769-2.html


    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1356922239
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    最新記事
    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    div class=