2014年04月

    【社会】『沖縄独立』を掲げ知事選に出馬表明!!大城浩氏「一年以内の琉球独立を目指す!!米軍退却後に中韓・台湾の軍隊を置く」

    1 名前:ばぐたUCφ◆FdDsU0B5ivx5:2014/04/30(水)22:14:02 ID:9vAH2epGA

    沖縄独立掲げ出馬表明=知事選に会社代表 
    11月に想定される沖縄県知事選(12月9日任期満了)で、経営コンサルタント会社代表の
    大城浩氏(48)は30日、那覇市内で記者会見し、無所属で出馬する意向を表明した。

    沖縄の独立を掲げており、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への
    移設については、反対の立場から「独立すればその話はなくなる」と述べた。

    知事選への出馬表明は大城氏が初めて。現職の仲井真弘多知事は態度を明らかに
    していない。野党陣営は6月中の候補者決定に向け選考作業を進めている。

    ※画像(by保守速)
    http://livedoor.blogimg.jp/hoshusokho/imgs/6/a/6adaf5e5.png

    ※参考動画
    https://www.youtube.com/watch?v=0t63AiiUytY

    ソース
    時事通信
    http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014043000644


    (コメント)
    …さすがに唖然


    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398863642
    続きを読む

    【マスコミ】朝日新聞報道「慰安婦問題解決に多様な声が必要」ー韓国シンポジウム

    1 名前:ばぐたZφ◆FdDsU0B5ivx5:2014/04/30(水)17:50:29 ID:qKmKCueF3

    ★慰安婦問題解決に「第三の声」を 韓国でシンポジウム
    ソウル=貝瀬秋彦
    2014年4月30日08時16分

     旧日本軍の慰安婦をめぐる問題について、より幅広い意見を集めて解決策を探ろうと、韓国の有識者らが29日、
    ソウルでシンポジウム「慰安婦問題、第三の声」を開いた。日韓両政府や元慰安婦、支援団体、有識者らで協議体を
    つくり、解決に向けた実質的な議論を始めることなどを提言した。

     朴裕河(パクユハ)・世宗大教授らでつくる「東アジアの未来を考える会」が主催した。慰安婦をめぐる問題で
    日韓双方の溝が埋まらず、両国関係に深刻な影響を及ぼしていることを憂慮。これまで埋もれてきた多様な意見を
    集め、解決に向けた転換点を見いだしていくのが狙いだという。

     シンポでは、パネリストの和田春樹・東大名誉教授が自らかかわった「アジア女性基金」の経緯などを説明。
    韓国の元慰安婦の多くから「償い金」の受け取りを拒否された限界を認めつつ、元慰安婦が高齢化する中で
    「原則をひとまず離れて、何が解決策でありうるかを考えてみるべき時だと思う」と呼びかけた。

     朴氏は「慰安婦問題は複雑で、解決には主流の意見だけでなく、多様な声が必要だ」と話し、今後も議論を
    重ねていくとした。(ソウル=貝瀬秋彦)

    ソース
    朝日新聞
    http://www.asahi.com/articles/ASG4Y6393G4YUHBI01X.html

    ★関連
    【マスコミ】〈慰安婦問題〉 “誤報”を行った朝日新聞の責任…誤ちを認めて謝罪することもなく頬被りしたまま[04/25]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398432665/l50


    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398847829
    続きを読む

    【経済】ソニーコリアと韓国MBC 4Kテレビ番組制作で協力

    1 名前:紅茶家電◆gJlUXgVCjw:2014/04/30(水)13:57:10 ID:6CUV2L4aw

     【ソウル聯合ニュース】
     ソニーコリアは30日、フルハイビジョン(HD)の約4倍の解像度を持つ4Kテレビの放送装備分野をリードし、
    韓国の4Kテレビコンテンツ制作を活性化するため韓国のテレビ局、MBCと業務提携を結んだと明らかにした。

     今回の提携でソニーは今年9月に開幕する仁川アジア大会の期間中、MBCに4Kテレビ向け放送のため
    のカメラ装備や技術を提供する。MBCは4Kテレビシステム構築のためソニーと緊密に業務協力を進めてい
    く方針だ。

     ソニー関係者は仁川アジア大会をきっかけに韓国の地上波放送で4Kテレビ向けコンテンツの撮影や制作
    が活性化していくことが予想されると指摘した。その上で、「4Kテレビ向けのコンテンツ制作ノウハウを基に最
    適なソリューションと技術支援を提供していく」と話した。

    http://news.goo.ne.jp/article/yonhap/world/yonhap-20140430wow019.html


    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398833830
    続きを読む

    【国際】日本各地で「ジャパニーズ・オンリー」の表示、五輪開催前にはびこる日本人の人種差別に懸念―中国紙

    1 名前:りらっくだぁああ◆10.9/2taLY:2014/04/30(水)13:41:54 ID:pm65o2VBT

    中国紙・広州日報は30日、このところ日本で店や公共の場所などに「ジャパニーズ・オンリー」、
    「外国人は進入禁止」といった表示が多くみられるようになり、日本人による人種差別が懸念されていると報じた。
    日本国内では50以上の店舗でこうした表示がみられる。この現状に日本に住む外国人は失望し、仕方がないといった感情を抱いているが、
    日本人は非常に冷ややかにこうした差別的表現を使っているという。
    ※省略文のためソースを確認のこと
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140430-00000014-xinhua-cn


    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398832914
    続きを読む

    【社会】シバキ隊・左界隈の荒井禎雄「このままではシバキ隊の自分勝手なチンピラ根性は批判され 『お前らの言う反レイシズムってなんなんだ?』 と、運動全体が疑われる」

    1 名前:ばぐたZφ◆FdDsU0B5ivx5:2014/04/30(水)13:07:51 ID:Mcyfp6PJH

     在特会らをレイシストと呼び、反レイシズム運動をしていた団体(昨年5月に解散) の元代表者・凛七星が、
    生活保護費を不正受給した詐欺の疑いで逮捕された。
    (中略)
     まだ容疑の段階なので確定事項としては語れないが、とはいえこうした事件が起きた際は
    「味方こそ厳しい姿勢を見せなければならない」のが当たり前である。
    (中略)
     ところが、現在Twitterなどで特に拡散されているカウンター側の中心人物らの声は、
    どちらかというと開き直りだったり、とにかく味方を庇うばかりだったりといった内容だ。
    中でも「凛七星の逮捕と反レイシズム運動は無関係だ」という論調が好まれているように見受けられる。
    (中略)
     掲載までにタイムラグがあるので、この記事がアップされる頃にはすでにそうなっているだろうが、
    このニュースは在特会らにとってこの上ない【信ぴょう性・必要性・錦の御旗】を与えてくれる助け舟なのだから、
    連中は「ほら見たことか! やはり在日が! 在日特権が!」と、力の限り声を振り絞って大騒ぎするだろう。

    そして 「生活保護という制度自体が在日特権だ!」「生活保護受給者は在日だ!」
    といった意味不明のロジックまで飛び出すに違いない。
    また「それを擁護する反レイシズム一味は在日特権・利権を守りたいだけの集団で、言い訳として反差別や弱者の味方を気取っているだけだ」
    とも主張するだろう。

     普段ならば「またアホの子たちが何か言ってる」で済まされるはずなのだが、
    今回のような事件とセットで拡散されると「在特会の言い分にも一理あるかも」と受け取られてしまう。
    そんな状況で、世の人々が反レイシズム派の
    「凜七星は仲間だから徹底的に庇う、一切批判しない、運動と無関係だと言い張る、批判者が現れたら攻撃して黙らせる」
    という姿勢を見たらどう判断するだろうか?
    (中略)
     ついでに言わせていただくが、反レイシズム派の旗振り人の中には、
    自分と少し意見が食い違っただけの見ず知らずの人間に対し、本名や職場を調べ、
    表敬訪問をほのめかして脅かし黙らせるといった手法を好んで使う人間がいる。

    しかも、その人物にあてて発せられた言葉に反応するのではなく「Twitterで見かけたお前のツイートが気に入らない」
    というだけの理由でも、発言者の本名や職場を調べて脅しかけるのだ。

     このようなヤカラは仮に相手を黙らせることに成功したとしても、そのあまりに自分勝手なチンピラ根性を批判され
    「お前らの言う反レイシズムってなんなんだ?」 と、運動全体が疑われることになる。
    本来ならば、味方がこのような馬鹿な真似をしていたら、即座に止めるなり詫びさせるのが "同じ志を持つ仲間" ではないのだろうか?

     ところが、このような非常識極まりないテロリスト根性丸出しの言動に対しても、反レイシズム派は絶対に表立っては批判しない。
    仲間が公の場所でバカな真似をしているのだから、同じく公の場所でたしなめて反省したという結果を見せねば意味がないというのに。
    それどころか、むしろ「差別主義者だから仕方ない」「ヤラれて当然」といった後押しまでしてしまうのがいつもの光景だ。
    (中略)
    反省ができず、批判の声を一切聞き入れず、自浄作用を持たない運動組織の行く末は、原理主義者化や先鋭化だけである。
    良いお手本は連合赤軍やオウム真理教などだ。
    ネトウヨ団体も反レイシズム運動も、まるで双子のように同じ道を突き進んでいるように見える。

    ソース
    http://n-knuckles.com/serialization/series/news001445.html

    ★関連
    >>2


    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398830871
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    div class=