2019年12月

    【意見】出生数低下・人口減少を止めたいなら、給料払って社会保険料下げろ!

    1 名前:首都圏の虎 ★:2019/12/31(火) 11:51:17.96 ID:IK9esy3c9.net

    こうなることは分かっていた

     先日、日本の出生数がついに90万人を割って大きな話題になりました。

     ★出生数86万人に急減、初の90万人割れ 19年推計(日本経済新聞 2019/12/24)
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53727740U9A221C1MM8000/

    衝撃の出生数87万人割れ…それでも日本人に危機感がないという危機

     とはいえ、これは、「明日降水確率が100%」という予想が出ていたところに「雨が降った」と報じているようなものです。

     これまでの出生数減少の流れの中で、いずれ90万人を割り込むことがわかっていました。もし来年多少増加したとしても、長期での減少トレンドは変わりません。そもそも子供を生む世代は昔より減少し、さらに出生率が低下しているのですから、当然の結果です。

     そしてもう、日本の人口は回復不能、ポイント・オブ・ノーリターンを超えており、これからはこんな出生数の変化に一喜一憂している場合ではなく、人口減少を前提とした社会運営をしなくてはならないというところまで追い詰められているのです。

     それよりも「なぜそうなったのか?」ということに全く触れない報道にも疑問があります。

     現在の日本社会は、本来であれば結婚し、子育てをする世代にどんどん負担ばかり押し付けているのです。給料は上がらず、むしろ下がり気味で、かつ「失われた30年」とも言われる経済的には挫折ばかりの平成を生きてきた世代。そんな人たちが結婚し、子供を生んで育てるために使うはずのわずかなお金さえも、うなぎのぼりの社会保険料などを通じて高齢者に回ってしまい、消えて終わっているのです。

     そもそも日本社会は、団塊ジュニアというある意味人口減少最後の砦だったボリュームゾーンを、非正規雇用や社会保険料負担でさんざん叩きまくってしまったのです。さらに共働きが基本になっている社会なのに、かつての専業主婦家庭前提のような長時間労働を皆に強いて、婚期は遅れ、未だに育休をとるとらないに文句をいう高齢者がたくさんいたら、結婚しても出産しない人が増加するのは当然でしょう。

     もし1990年代にちゃんとした子育て政策を展開していれば、と思いますが、時既に遅しです。

     今から何をやっても出生数は増えません。それでも生涯結婚しない人は非難され、結婚しても出産しないと非難され、かと言って未婚出産もまた非難される。金はむしり取られて、さらに非難されるのですからやっていられません。もはや現代の若者たちに出口なし。その結果が今なのです。

     30年間も平均給与のあがらない国で、社会保険料はぐんぐんあがり、手取り額が下がっている昨今、どうして若者に、将来の希望をもって早めに結婚して子供を生み育てろといえるのか、考えほしいものです。

     そんな中で、少子化対策みたいな話で、地方に若者を移住させれば出生率が改善するだとかいった愚かな政策を行ったり、意味不明な政策を展開するわけです。

     企業はまともな給料を払え!  高齢者の資産家は同じ高齢者を支援しろ!  そして社会保障費は子供に向けた予算に徹しろ!  経済成長路線は大切だから、生産性の低い産業部門、企業はさっさと撤退させればよいものを、妙な補助金で支えたり、外国人労働者を入れて無理やりゾンビ企業を延命させるのをやめろ! 

     と吠えてみたところで、物事は変わらず、未だに過去の価値観を押し付けて、子供を生むのはあたりめーだくらいの話をしている爺たちが亡国の政策を進めているわけです。戦時下の竹槍だの特攻だのと同じで、若者を酷使して、どうにもならない結果を若者の責任だといって押し付けていくのです。結果、結局は年寄りはいずれ死ぬので、若者たちが負うことになるのです。

     それではどうして、上の世代の人々は無邪気なまでに現代感覚が乏しいのか。それは戦後の良い時代を経験した世代と、平成以降の世代とでは生きている国が違うといっていいくらいに経済前提などが全く異なるからです。

    給料が下がっていく時代


    12/31(火) 10:01配信 全文はソース元で
    現代ビジネス
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191231-00069568-gendaibiz-soci


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1577760677
    続きを読む

    【安倍】 #山口敬之 、韓国軍のベトナム人慰安婦捏造記事発表を官邸や外交官と共謀しTBSで画策→却下→文春で記事化

    1 名前:スタス ★:2019/12/30(月) 11:54:48.61 ID:4MDQB9L29.net

     2019年12月19日、勝訴判決を受け、外国特派員協会で行なわれた記者会見で、伊藤詩織さん(30)は、次のような新事実を明らかにした。
    〈安部首相は2015年4月、笹川平和財団のために米国で講演を行ないました。その見返りに、“山口敬之氏を米国のイースト・ウェスト・センターに派遣してほしい”という要請が官邸より笹川平和財団にありました〉
    速報萩生田文科相に「少年野球口利き」疑惑 “萩生田球場”と呼ばれる選挙区内の公有地

     いささか旧聞に属するが、話は2015年10月にさかのぼる。“人類みな兄弟”を標榜した笹川良一(1899~1995)の三男・笹川陽平(80)が名誉会長として率いる『笹川平和財団』。財団の関係者によると――
    「当時、日米交流事業を担当していたある職員が、上司から、こう言い渡されたそうです。“この人物のビザの取得について手伝ってほしい。上で話はついている”と」
    「この人物」こそ、山口敬之元TBSワシントン支局長(53)なのだ。
     時系列的に振り返っておくと、準強姦逮捕状が出される事件が発生したのは2015年4月。その直前の3月、山口記者は支局長として暖めていた企画「韓国軍にベトナム人慰安婦がいた」について、その報道をTBS上層部から却下された。そのため、これを週刊文春に持ち込んで記事化していた。そして、その件について、週刊新潮では過去に検証記事を掲載している(リンクを参照)。ごく簡単に言うと、以下の通りだ。
    (1)山口氏は自分で公文書を見つけたと言っているが、実際はそうではない。
    (2)公文書は慰安所の存在を全く断定していない。
    (3)証言者の発言を捏造、歪曲、無視している。
    (4)そのような虚報を用い、駐米公使と謀って外交に利用しようとし、失敗した。
     山口氏はこの寄稿により、TBSから「ワシントン支局長として出社に及ばず」の命令を受けていた。帰国した折に、準強姦逮捕状が出されるという“悲劇”が起こったのだった。
     笹川平和財団が手伝ったのはビザの取得だけではなかった。条件はこんな具合だ。
    〈山口氏のために、アメリカのシンクタンク「イースト・ウェスト・センター」のフェローの職が2年間用意され、そこで山口氏は、安倍首相の外交アプローチやベトナム戦争について研究する。ついては、笹川平和財団が山口氏分の1000万円の研究者費・生活費を負担する〉
     安倍晋三首相(65)とベッタリゆえに、外交アプローチを研究するのは理解できる。他方、すんなりと頷きにくいのは、そのためのビザ取得や費用を笹川平和財団が負担するという点だ。
     もちろん笹川陽平氏は、安倍首相と浅からぬ間柄だ。

     とはいえ、先に触れた職員も我々と同じような疑問を抱いていた。だから、山口氏が渡米するにあたり、必要なビザの手続きに関連した書類などを作成した後、「なぜ“この人物”こと山口氏を、センターのフェローに推薦することになったのか?」と上司に確認したのだった。
     その際に上司は、こう答えたという。
    「2015年4月にSPFUSA(国笹川平和財団米国)で、首相がスピーチしてくれた。その見返りで、官邸から(山口氏の職の斡旋を)依頼された」――。
     事実、安倍首相は2015年4月に訪米している。当時、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領による「日本の慰安婦問題」への追及は激しさを増しており、それに抗するためには、日本のブレない姿勢をアピールすることが大事だったのだ。
     しかし、その時、山口氏は背伸びして事柄を創作してしまった。TBS局内で報道できる代物ではないと退けられても、山口氏はあきらめず本当に記事にしてしまう。
     そして先に触れたように、山口氏は駐米公使とも謀って、米政府高官の会見で“山口レポート”について自ら質問している。記者会見の場を借りて、「韓国軍にベトナム人慰安婦がいた」というストーリーを国際的に既成事実化しようとしたのである。問題があるのは日本だけではない、というわけだ。もっとも、質問を受けた高官の反応は寂しいものだったが……。

    中略

    山口氏に400万円超の経費

     外務省関係者に聞くと、
    「官邸としては、国際世論形成のため、リスクを犯して記事を発表してくれた山口氏に『借り』があったのでしょう。一方で安倍首相は、4月の訪米に際して笹川平和財団米国でスピーチし、これで笹川平和財団に『貸し』ができた。そこで、山口氏に『借り』のある官邸が『貸し』のある笹川さんにフェローの件を依頼した、というスキームだったと考えられるわけです」

    続きはソース
    2019年12月27日掲載
    https://www.dailyshincho.jp/article/2019/12270800/?all=1


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1577674488
    続きを読む

    【北朝鮮】金正恩氏、北朝鮮経済は「深刻」と警鐘

    1 名前:首都圏の虎 ★:2019/12/31(火) 02:06:20.85 ID:jhDAbmZ49.net

    統一まで1000年

    【AFP=時事】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長は29日、前日に続く2日目の党中央委員会総会で、同国の経済は「深刻な状況」に直面していると警鐘を鳴らし、迅速な是正措置を要請した。朝鮮中央通信(KCNA)が30日報じた。


     北朝鮮が米朝非核化交渉の期限と設定した年末を控え、正恩氏は28日に党中央委総会を招集。2日目の討議では、北朝鮮の経済成長に「決定的な転換」をもたらす時が来たと主張した。


     KCNAによると、正恩氏は集まった委員らに「国家経済の主要産業部門における深刻な状況を迅速に是正する措置」を課題として示した。


     北朝鮮は自国の経済統計を公開していないため、財政状況について参照できるのは外部の推計に限られる。韓国の中央銀行は今年7月、制裁下にある北朝鮮経済の昨年の収縮率は4.1%だったとの推計を発表した。1990年代の壊滅的な食糧難以来最大規模の収縮だという。

    【翻訳編集】AFPBB News

    AFP 2019年12月30日 15時58分
    https://news.infoseek.co.jp/amp/article/afpbb_3261685/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1577725580
    続きを読む

    高齢女性、ヤマト配送車にはねられ死亡 大阪市住之江区

    1 名前::2019/12/31(火) 01:09:58.04 ID:njjBkWNN9.net

    30日午前10時55分ごろ、大阪市住之江区浜口東の国道26号交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた近くに住む無職、神谷幸子さん(88)が右折してきたヤマト運輸の配送車にはねられた。神谷さんは病院に搬送されたが頭を強く打っており、約7時間後に死亡が確認された。
    (以下記事全文はソースにて)

    産経デジタル 2019.12.30 22:49
    https://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/191230/evt19123022490016-n1.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1577722198
    続きを読む

    【社会】ディズニーランドから風船消えた ヘリウムガス不足、世界的な異変

    1 名前:しじみ:2019/12/30(月) 22:22:32.86 ID:bqpMuCyk9.net

    風船や病院のMRI(磁気共鳴画像装置)などに欠かせない「ヘリウムガス」が世界的な供給不足に陥っている。大半を産出する米国が自国での消費を優先したこともあり、価格が高騰して日本への輸入が激減。ヘリウムを使う極低温などの研究にも影響が出始めた。日本物理学会などは20日、ヘリウムのリサイクルや備蓄で産官学が協力するよう求める緊急声明を発表した。

     東京ディズニーランド(千葉県浦安市)の売り場で10月末、キャラクターをかたどった風船が消えた。風船を浮かすためのヘリウムの在庫がなくなったからだ。運営するオリエンタルランドの広報担当者は「毎月入手できた分だけ販売しており、(底をつくと)月に数日間、風船の販売を中止している」と語った。

     ヘリウムの卸業者「夢ふうせん」(東京都江東区)によると、入荷量は今年になって減り始め、特にここ数カ月は以前の3~4割に減った。今は入荷すればすぐ売れる「取り合い状態」で、常連客にも断らざるを得なくなっているという。

    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20191220004053_commL.jpg

    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20191220004049_comm.jpg



    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASMDF5DVHMDFULBJ00N.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1577712152
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    div class=