テレビ

    【テレビ朝日調査】内閣支持率37.9%

    1 名前:キリストの復活は近い ★:2017/06/19(月) 11:07:20.61 ID:CAP_USER9.net

     ANNの世論調査で安倍内閣の支持率が37.9%と急落し、支持と不支持が逆転しました。

     調査は17日と18日に行われました。それによりますと、内閣支持率は37.9%で、先月の前回調査から8.5ポイント下落しました。
    一方で、不支持率は41.5%で、前回より9.1ポイント上昇しています。

    支持と不支持が逆転したのは安保関連法が成立した直後の2015年9月以来、1年9カ月ぶりです。先週に成立したいわゆる“共謀罪”法について、
    委員会の採決を省いて本会議で採決した手法を「納得しない」と答えた人が64%に上りました。
    また、加計学園の問題で安倍内閣が「行政がゆがめられた事実はない」と説明していることについて、66%の人が「納得しない」と答えました。

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000103448.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497838040
    続きを読む

    【4Kテレビ】好調4Kテレビに落とし穴 外付けチューナーなしには本放送視聴できず 東京五輪控え混乱も

    1 名前:孤高の旅人 ★:2017/06/17(土) 20:35:54.34 ID:CAP_USER9.net

    好調4Kテレビに落とし穴 外付けチューナーなしには本放送視聴できず 東京五輪控え混乱も
    2017.6.17 06:15
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170617/bsb1706170500002-n1.htm

     市販の4Kテレビで4KのBS放送が視聴できない-。フルハイビジョンの4倍の高画質を誇る4Kの本放送が来年12月からBSで始まるが、現在市販されている4Kテレビで視聴するには、今後発売される外付けチューナーの購入が必要だが、一般の視聴者に浸透していない。4Kテレビの販売台数は順調に増えているだけに、2020年東京五輪の開催時には混乱が起きかねない。政府や業界団体は視聴者への周知を急いでいる。
     総務省は昨年6月、市販の4K(対応)テレビでBSの4K放送を見るには、「18年の実用放送開始にあわせて発売予定の機器が別途必要になります」との注意喚起を行った。販売店には、4Kテレビを売る際にしっかりと説明することを求めている。
     総務省の言う「機器」とは、4KのBS放送受信機能を持ったチューナーのことで、まだ市販されていない。ピクセラ(大阪市)は9月に、放送関連事業者の技術評価用として20万円(税別)で発売するとしている。消費者向けの価格はもっと抑えられるとみられるが、すでに4Kテレビを買った人がBSの4K放送を視聴するためには追加購入する必要があり、手痛い出費となりそうだ。
     シャープやソニー、パナソニックなどの大手家電メーカーは来年12月までにチューナーのほか、チューナーを内蔵した4Kテレビを発売する可能性が高い。ただ、発売時期は未定。録画に関する規格がまだ決まっておらず、メーカーが対応できないからだ。

    以下はソース元で


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497699354
    続きを読む

    【捏造】フジテレビがまた謝罪、「ガリガリ君」の実在していない味を紹介「ノンストップ!」

    1 名前:trick ★:2017/06/07(水) 18:07:21.59 ID:CAP_USER9.net

    フジテレビがまた謝罪、「ガリガリ君」の実在していない味を紹介「ノンストップ!」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00000102-sph-ent
    6/7(水) 11:47配信

     6日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)で赤城乳業(埼玉県深谷市)が発売する人気の氷菓「ガリガリ君」で実在していない味を番組内で紹介していたことが分かった。フジテレビは7日放送の同番組内で謝罪した。

     実在しない「ガリガリ君」を放送したのは、6日の同番組での「コレ知らないNO!」のコーナーで「ガリガリ君」の食感の秘密を追跡した場面だった。番組では今年で発売36年目を迎えた人気アイスで季節限定味が発売され品切れが続出していることを紹介。限定味を紹介する際の商品パッケージの画像で「スイカ」「九州みかん」に続き「火星ヤシ」が放送された。

     「火星ヤシ」は実在していない商品で、これを受けて7日の同番組内のニュースコーナーの最後に同局の渡辺和洋アナウンサー(41)が「ここでお詫びと訂正があります」と切り出し、「昨日の企画コーナー『コレ知らないNO!』のガリガリ君を特集したVTRの中で『ガリガリ君 火星ヤシ味』というアイスの画像を紹介しましたが、これは実在しないアイスの画像でした。こちらの確認不足でした。お詫びして訂正致します」と謝罪した。

     発売する赤城乳業はこの日、スポーツ報知の取材に6日の放送後にフジテレビから謝罪の連絡があったことを明らかにし「申し訳ございませんでした。すぐに謝罪して訂正します、とお話がありました」と同社。間違った放送をした経緯についての説明はなかったという。

     同社によると「ガリガリ君」はファンが架空の味を描いたパッケージをインターネット上にアップすることは、これまでもたびたび見られるという。今回の放送も、こうしたネットの画像を本物だと勘違いした可能性があるという。その上で同社は「こちらから、経緯をお聞きすることもいたしませんし、抗議することもありません」と話した。

     フジテレビでは5月28日に放送した「ワイドナショー」(日曜・前10時)でアニメ監督・宮崎駿氏(76)の引退をめぐる話題を取り上げた際、宮崎氏の過去の引退に関わる発言を、真偽を確認しないまま誤った内容を放送したとして謝罪している。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496826441
    続きを読む

    【テレビ】このままでは見られない「4K放送」 BSだから周知に本腰入らず チューナーの仕様でも混乱

    1 名前:ばーど ★:2017/06/06(火) 11:13:48.65 ID:CAP_USER9.net

    専用チューナーをつけないと、「4K実用放送」は映らない(都内の家電量販店)
    http://www.nikkei.com/content/pic/20170606/96958A9F889DE3E5E0E1E5E1E2E2E2E0E2E4E0E2E3E5E2E2E2E2E2E2-DSXMZO1723768002062017000001-PN1-11.jpg


    現行のハイビジョン放送の4倍の精細さ、豊かな色彩。「4K」と呼ばれるテレビの映像方式だ。さらに現行の16倍となる「8K」のテレビも順次登場する。
    家電量販店でも「4Kテレビ」が売られており、すでに購入済みという人も多くいるだろう。NHKや民放各局は2018年12月からBSで4Kの実用放送を始める。

    その実用放送、いまの4Kテレビでは見られないことはどれだけ知られているだろうか。

    4Kの実用放送を見るには、それに対応した画素数を持つ液晶パネルと画像エンジンを積んでいる4Kテレビが必要だ。
    だが市販されている現在の4Kテレビは実用放送に対応したチューナーが搭載されていない。
    実用放送を見るには別途、チューナーを購入しなければならなくなるわけだ。だがこのことが、一般に知られているとは言いがたい。

    4K放送を管轄する総務省は周知をしようとしている。
    4月には業界団体や放送事業者ら28団体・事業者で構成する「4K・8K放送推進連絡協議会」を立ち上げ、普及に向けた広報・周知活動を図るための会合を始めた。

    5月の連休期間中には動画サイトで4K放送の魅力と受信するための方法を紹介した4分程度の動画を3本配信し始めた。
    しかし、1カ月の配信でそれぞれの視聴回数は2000~3000回程度。周知活動はいささか迫力不足と言わざるを得ない。

    ■BSだから本腰が入らない

    実は総務省は「周知への本腰がなかなか入れられない」(幹部)。その理由の一つは、来年から始まる4K実用放送がBSだという点にある。

    4K実用放送は新たにチャンネルを加える形で放送が始まる。今のハイビジョン放送が終わるわけではない。
    地上デジタル放送が始まった時は、地上アナログ放送の「停波」で見られなくなるテレビが出てきたが、今回は「見られないテレビ」が出るわけではない。

    しかも対象が地上波ではなくBS。スポーツイベントや紀行番組、夜のニュースなどBSにも人気番組はあるが、視聴者数は地デジにはかなわない。
    視聴者が圧倒的に多い地デジはそのままハイビジョン放送が続くわけで、地デジが始まった時と比べると、事態はそれほど緊迫してない。

    しかも現時点では、4K実用放送に対応したチューナーやテレビがどこにも売っていない。いつから手に入るかも分からない。
    当初は18年夏にテレビやチューナーが店頭に並ぶというスケジュールだったが、「めどは立っていない」(総務省関係者)という。

    ■チューナーの仕様巡り混乱

    なぜか。実はチューナーの仕様を業界団体で詰め切れていないことが背景にある。デジタルテレビは購入したときにB―CAS(ビーキャス)というカードを挿入すると使えるようになる。
    カードに組み込まれたICが視聴防止機能を解除する仕組みだ。
    このB―CASを新しい方式ではチップにし、機器に内蔵することが検討されていたが、回収などの手間を踏まえ、今のようなカード式にすべきではとの議論が浮上している。

    内蔵式、挿入式、いずれも機器の形状を大きく変え、商品開発にも影響を及ぼす。それが実用放送が始まる1年半前になっても決まっていない。

    18年12月の実用放送開始というスケジュールはなかなか変えにくいだろう。だが周知をしようにも、しにくい状況は続く。
    「うちの新しいテレビで見られないなんて聞いてない」。そんな声が来年末、全国の家庭から聞こえてこないといいが。(秋山文人)

    配信 2017/6/6 6:30
    日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO17237300S7A600C1000000/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496715228
    続きを読む

    【裁判】NHK受信料、入居者に支払い義務=テレビ付き物件で逆転敗訴-東京高裁

    1 名前:たんぽぽ ★:2017/05/31(水) 17:21:44.35 ID:CAP_USER9.net

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017053100906&g=soc

     テレビ付き賃貸アパートの入居者に、NHKの受信料を支払う義務があるかが争われた訴訟の控訴審判決が31日、東京高裁であった。畠山稔裁判長は入居者に支払い義務があると認め、NHKに受信料返還を命じた一審東京地裁判決を取り消し、入居していた男性側の逆転敗訴を言い渡した。
     畠山裁判長は、「受信設備を設置した者」にNHKと契約義務があるとする放送法の規定について、「占有使用している者も含まれる」と判断。建物をテレビ付きで売却すれば売り主が義務を負い続けるため、「設置した者以外は含まれないと解釈するのは相当ではない」と述べた。
     一審は受信設備を据え付けたのは入居者ではないとし、男性に契約義務はないと判断していた。(2017/05/31-17:02)


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496218904
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box