テレビ

    【テレビ】TBS「お笑い芸人連れ去り」企画の撮影に110番通報が相次ぎ警察が誘拐の疑いで捜査。警視庁が関係者に厳重注意

    1 名前:記憶たどり。 ★:2018/06/21(木) 12:24:51.05 ID:CAP_USER9.net

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000130069.html

    TBSテレビのバラエティー番組でお笑い芸人を路上で連れ去る撮影をしたところ、110番通報が相次ぎ、
    警視庁が本当の事件として捜査していたことが分かりました。

    警視庁によりますと、先月22日、東京・渋谷区恵比寿の路上で「男の人が車で連れ去られた」と
    110番通報が相次ぎました。警視庁が誘拐の疑いで捜査したところ、車はTBSテレビのバラエティー番組
    「水曜日のダウンタウン」が使っていて、番組の関係者に事情を聴いたところ、お笑い芸人の男性を連れ去る
    企画だったということです。警視庁は混乱を招いたとして関係者に厳重注意しました。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1529551491
    続きを読む

    【大阪地震】フジテレビ「無事死亡です」 9歳女の子死亡のニュースで

    1 名前:ばーど ★:2018/06/18(月) 15:03:10.84 ID:CAP_USER9.net

    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00394521.html

    http://fast-uploader.com/file/7084844986929/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1529301790
    続きを読む

    【北朝鮮国営テレビ】金委員長を「世界の指導者」と称賛

    1 名前:みつを ★:2018/06/14(木) 22:30:58.08 ID:CAP_USER9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3178558

    北朝鮮国営テレビ、金委員長を「世界の指導者」と称賛
    2018年6月14日 21:59 
    発信地:ソウル/韓国 [ 北朝鮮 韓国・北朝鮮 米国 北米 ]

    【6月14日 AFP】北朝鮮の国営テレビは14日、シンガポールで開催された金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong Un)朝鮮労働党委員長とドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の米朝首脳会談の映像を放送し、金委員長は普遍的に崇拝される「卓越した世界の指導者」であると評した。

     朝鮮中央テレビ(KCTV)は40分の放送で、金委員長が夜にシンガポールの観光地を散策する様子などを放映し、同国で「深い敬意と無限の熱意」をもって迎えられたと伝え、金委員長を称賛した。

     女性アナウンサーは「並外れた政治的洞察力で国際政治を主導するようになった金委員長への畏敬の念にあふれた支持者たちで、街路は込みあった」と伝えた。


     また、首脳会談の会場となったセントーサ(Sentosa)島のホテルへ向かう金委員長の長い車列を写した映像が放映された際には、「世界中が待ちわびた世紀の会談がついに開催された」と語った。他にも、金委員長とトランプ大統領が握手を交わす場面や座って会談する様子、ワーキングランチ、合意文書に署名する様子が放映された。

     そして最後は「国中が、天の下の全国民に崇拝されている、卓越した世界の指導者の帰国を心から歓迎した」と締めくくった。(c)AFP

    北朝鮮の平壌に設置された巨大スクリーンで、米朝首脳会談に関する放送をみる人々(2018年6月13日撮影、資料写真)。(c)AFP/Ed JONES
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/4/b/320x280/img_4b97d5b7346d245121f03805679249d3172344.jpg



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1528983058
    続きを読む

    【政治】野田総務相、「4K放送見られない4Kテレビ」問題にクギをさす

    1 名前:別売りチューナー@ガーディス ★:2018/06/03(日) 18:50:28.36 ID:CAP_USER9.net

    2018/06/03 17:00
    「理解しているのは13%」。5月中旬、4K放送に関して衝撃的な調査結果が発表された。今年12月1日、BS・110度CSで一般家庭向けの4K放送が開始されるが、これを視聴するためには現在販売されている4Kテレビに加えて、別途専用のチューナーが必要となる。このことを今年2月時点で理解していたのは、全国の消費者(20歳~69歳の男女5000人に調査)のうちわずか13%だったという。

     調査を実施したのは、4K/8K放送などの普及を推進する放送サービス高度化推進協会(A-PAB)。A-PABでは、過去にも同じ調査を行っており、2016年9月時点の理解度が5.4%、17年7月時点での理解度が11.3%だった。少しずつ認知が広がっているものの、本放送が始まる年になってもまだ1割強というのは心もとない。

     あらためて説明するまでもないかもしれないが、現在市販されている4Kテレビは4K解像度の表示パネルを採用しているものの、4Kの放送波を受信するためのチューナーは非搭載。ネットの4Kコンテンツや、外部チューナーで受信した4K放送を表示することができるが、単体では12月に始まる4K放送を見ることができない。先日、中国ハイセンス傘下となった東芝映像ソリューションが、国内初の4Kチューナー内蔵テレビ(これも4K放送の視聴するため、10月以降に提供されるチップが必要)を今月発売するが、他社は当面4Kチューナー非搭載機の販売を継続する。
    4Kテレビの「買い控え」は起きていないが……
     総務省は16年6月、「現在市販されている4Kテレビ・4K対応テレビによるBS等4K・8K放送の視聴に関するお知らせ」の表題で報道発表を行い、4K放送の視聴に別途チューナーが必要となることの注意喚起を行った。また、A-PABも昨年、家電量販店が加盟する大手家電流通協会、地域電器店の業界組織である全国電機商業組合連合会との間で、4K放送の視聴環境について消費者に周知していく方針で合意している。

     しかし、実際には先の年末年始商戦を含め、4Kテレビの売り場で積極的な情報提供が行われているとは言いがたい。もちろん、顧客の側から「これで4K放送は見られるのか」と聞けば正確な情報を教えてくれるし、4Kテレビだけで4K放送が見られると誤解していないか、商品説明時に確認してくれる販売員もいる。ただ、売り場のPOPなどで「4Kチューナーを追加して初めて4K放送が視聴できる」と表示されているケースは非常に少ない。

    販売側としては、4Kチューナー内蔵製品が出揃うまで、テレビが買い控えられることを防ぎたいと考えるのが当然だ。家電量販店の業績をみると、各社とも目下4Kテレビが好調で、少なくとも買い控えの現象は起きていないようだ。

     各社の幹部に聞くと、「動画配信サービスが普及し、放送を待たずとも4Kコンテンツは手軽に楽しめる」「地デジ導入期のテレビが寿命で買い替えサイクルに入っている。テレビが故障したままという家庭は考えられない」と話し、4Kチューナー内蔵でなくても4Kテレビには十分な商品力があるとの見方を示す。しかし、「これを買うだけで東京五輪も4Kで見られる」といった消費者の誤解に、4Kテレビの販売が支えられている可能性はないだろうか。

    6月1日、A-PABが開催した「新4K8K衛星放送開始半年前セレモニー」の最初に登壇した野田大臣は、「4K8K放送の魅力や視聴方法など、国民・視聴者に知っていただきたい事項について、ご存じでない方が多数いることも事実」と前置きしてから、業界関係者に向けて次のように要請した。

     「すでに市販されている4Kテレビだけでは新4K8K衛星放送を視聴することができず、対応チューナーや、場合によってはアンテナの交換などが必要となる。放送開始に向けて、国民・視聴者に混乱が生じないよう、番組、製品カタログ、店頭など、あらゆる手段を活用したていねいな説明と周知徹底をお願いする」。「番組、製品カタログ、店頭」という表現からは、セレモニーに集まった放送事業者、機器メーカー、販売店のすべてが当事者意識をもち、当面の利害を抜きにして周知に取り組んでほしいという意図が感じられる。

    全文はこちらhttps://www.bcnretail.com/market/detail/20180601_62821.html
    http://d1nzh4uot4722i.cloudfront.net/files/user/201806011952_2.jpg

    http://d1nzh4uot4722i.cloudfront.net/files/user/201806011952_1.jpg



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1528019428
    続きを読む

    【働き方】テレビ朝日のドラマのプロデューサー、2015年に過労死 労基が認定 テレ朝「遺族の意向もあるので公表してませんでした」

    1 名前:ガーディス ★:2018/05/17(木) 06:29:13.24 ID:CAP_USER9.net

    テレビ朝日のドラマのプロデューサーだった男性社員(当時54)が2015年2月に心不全で死亡したのは長時間労働による過労が原因だったとして、三田労働基準監督署(東京)が労災認定していたことが16日、同社への取材でわかった。

     広報部によると、男性は労働時間の規制が緩い「管理監督者」だった。13年7月に出張先のホテルで心臓疾患で倒れ、病院に運ばれたという。三田労基署は、倒れる直前の3カ月間の時間外労働が70~130時間に及び、「過労死ライン」とされる月80時間を超えていたことを確認。14年10月に労災認定した。男性はその後も療養を続けていたが15年2月に心不全で死亡。労基署は、残業と死亡との因果関係も認め、同年7月に過労死と認定したという。

     同社は取材に対し「当社社員が15年2月に亡くなり、過労死認定をされたことにつきましては、極めて重く受け止めております。当社では現在、全社をあげて有給休暇取得の奨励など『働き方改革』に取り組んでおり、社員の命と健康を守るための対策をより一層進めてまいります」とコメントした。「当時ご遺族の意向もあり、公表は差し控えさせて頂きました」としている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000090-asahi-soci


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1526506153
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box