アナ

    キー局の放送番組「実況アナウンサー泣かせですよ。(札幌は何にもないところ」→札幌市民「冗談かもしれないけど小馬鹿にしすぎ」

    1 名前:ガーディス ★:2019/11/06(水) 13:21:18 ID:0/nSwf749.net

    今、この札幌開催をめぐりSNS上を中心に大炎上しています。きっかけは、全国の情報番組。
    「実況アナウンサー泣かせですよ。何にもないところ」
    番組司会者がマラソンコースになるかもしれない新川通を馬鹿にしたと炎上しているのです。
    「冗談かもしれないけど小馬鹿にしすぎ」
    「札幌開催は道や札幌市からお願いしている訳じゃない。札幌が悪口言われる筋合いはない」
    春には沿道に桜が咲き、地元の人などに以前から愛されている新川通。地元町内会は“炎上”を冷静に受け止めています。
    (新川さくら並木連合町内会 佐久間五十也会長)
    「(新川通の批判は)なるほどと思った。せっかくのチャンスが巡ってきたので、手をつないでコースに並んでがんばれと声かけをやろうと思う」
    STVにも札幌開催への批判に対する反論が数多く寄せられています。
    「札幌侮辱発言は非常に不愉快です」
    「新川通沿いに家を構えているものです。腹が立って眠れません。」
    一方、札幌市には「札幌市は泥棒」「辞退すべきだ」などといった札幌開催に反対する意見が数百件は届いているということです。
    この騒動に札幌市民は… 
    (札幌市民は)
    「がっかりというか、残念。あまり何も知らないで言っている。知らないで言うのもどうなのか」
    「何の引け目も感じていない。札幌批判がいろいろあっても恥じることはない。札幌好きだし」
    思わぬところから騒動に発展している「札幌開催」皆さんはどうお感じでしょうか?

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000453-stv-hok


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1573014078
    続きを読む

    【社会】「パソコンがない時代、どうやって仕事していたの?」が大反響 郷愁にかられるアナログ世代

    1 名前:rain ★:2019/11/04(月) 11:28:35.98 ID:6LvVbR3M9.net

    「パソコンがない時代って、どうやって仕事していたの?」という若い世代の素朴な疑問を投げかけた投稿が話題になっている。 「そりゃあ、手書きで文書を作り、定規で製図をしていたよ」「そろばんはじいて見積書作っていたな」と、アナログ世代は郷愁をそそられている。

    話題になっているのは、2019年10月20日に「はてな匿名ダイアリー」という疑問お答えサイトに載った、次の投稿だ。

    「パソコンがない時代って、どうやって仕事していたの? 自分の仕事はパソコンのない時代にはそもそもないんだけど、他の仕事も含めてどうやって仕事していたのか想像つかない。効率の悪さがすごそう」

    日本にパソコンが普及し始めたのは、1995年にWindows95が発売されてからだ。オフィスの隅々にまで行きわたったのは2000年ごろからといわれる。だから、パソコンをまったく使わないで仕事をしていたのは、40代前半から後半以上の世代ということになる。

    この投稿には、次のようにしみじみ回顧する回答が寄せられた。

    「地方の未知の小都市に出張する時は、昭文社の都道府県地図帳を買って地理を把握して、時刻表で行き方を決めて、図書館で行き先のタウンページを見て適当なビジネスホテルの見当を付けて、電話して宿代確認して予約していましたね」

    今はパソコン画面の操作ですべて済むが、出張の準備一つをとってもいろいろと大変だったのだ。

    パソコンがない時代の仕事ぶりを、具体的に細かく説明する人もいた。

    ・直接取引先に行って用件とかの話を聞く。
    ・そのため移動に費やす時間がやたら多い。
    ・比較的に簡単な用なら電話で取引先と話をする。
    ・昭和末期ごろになると連絡にFAXも使用。
    ・紙の書類に手書きで発注書とか領収書とか会計書とか資料とかを作る。
    ・顧客情報とかは、個人の手帳やメモに記録されるから共有されない。
    ・だから『あの案件、あの顧客は××さんじゃないとわからない』というケースが多い。
    ・メールがないから、連絡→返答→また返答の間隔はすごく時間がかかる。
    ・上司とも取引先とも直接に話すことが多いから、コミュニケーション力が絶大に要求される。
    ・このため、声が大きく、上下関係を重んじる体育会系ばかりが重用される」

    以下ソースで
    https://www.j-cast.com/kaisha/2019/11/04371426.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1572834515
    続きを読む

    【健康被害】 胸が女性のように膨らみ…筋肉増強剤「アナボリックステロイド」で肌に亀裂・幻覚も

    1 名前:Hikaru ★:2019/09/05(木) 09:11:51.94 ID:iQz9RWKo9.net

    胸が女性のように膨らみ…筋肉増強剤で肌に亀裂・幻覚も
    読売新聞オンライン 2019/09/05 07:48
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20190905-OYT1T50146/

     筋トレ(筋力トレーニング)愛好家に健康被害が広まっている恐れがあるとして、
    厚生労働省が筋肉増強剤「アナボリックステロイド」の利用状況や流通経路などの調査に乗り出した。
    同剤は肝機能障害や生殖機能低下などの副作用があり、実際に被害も報告されている。
    インターネットで容易に海外から購入できるため、同省は危険性が高いと判断した場合、輸入規制も行う考えだ。

     「薬に頼った結果、障害を抱えてしまった」。
    岡山県の男性(27)は、アナボリックステロイドを使って筋トレを続けた3年間を悔やむ。

     体を鍛えようとジムに通うようになった17歳の時、雑誌で知って使い始めた。
    同剤の服用と連日の筋トレで体重は1か月で10キロ増加。
    100キロが限界だったベンチプレスは150キロまで挙げられるようになった。
    筋肉が大きくなるのがうれしく、より強力とされるものに手を伸ばした。

     異変が生じたのは使用から半年後。イライラすることが増え、胸部が女性のように膨らんだ。
    急激な筋肉量の増加で肌には亀裂が。幻覚も現れるようになり、統合失調症と強迫性障害と診断された。

     その後、使用をやめたが、障害の影響で仕事が続けられず、皮膚には今も亀裂の痕が残る。
    SNSで同剤が好意的に紹介されている最近の状況に危機感を抱き、
    ブログで体験談をつづって安易に使用しないよう訴えている。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1567642311
    続きを読む

    【メルパルク】絶対言わないはずの旧姓でアナウンス、ケーキの後に寿司…酷すぎ結婚式、賠償請求できる?

    1 名前:記憶たどり。 ★:2019/07/13(土) 14:31:55.66 ID:VV6L2twg9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190711-00009880-bengocom-life

    メルパルクで結婚披露宴を挙げたカップルがネットに投稿した口コミ「あまりにも酷すぎて精神的苦痛で立ち直れない」を紹介したツイッターの投稿が
    11万回リツイートされ、SNSで大きな話題になっている。

    投稿によると、この披露宴は、訳あって友人と兄弟のみの式で、絶対に妻の旧姓を言わない約束だったにも関わらず、打ち合わせの際には
    毎回旧姓で呼ばれ、式に来ない両親への演出も聞かれて嫌な思いをしたそうだ。しかも当日、式の入場の際には、司会者に旧姓でアナウンスされ、
    妻は泣くのをこらえながら入場したという。

    ●引き出物の中に原価の書かれた発注表、コーヒーとケーキの後に巻き寿司

    他にも多数の不満が挙げられている。式場見学の際には、1日1組と言われ、他の花嫁を鉢合わせることはないと安心して契約したにも関わらず、
    実際は自分たちの式の前に、別のカップルの披露宴が入っていたそうだ。夫はタキシードで移動中、他の花嫁と鉢合わせしてしまった。

    披露宴の最中には、読まないことになっていた電報が読まれた。夫は電報を断っていたため、妻あての電報だけが読まれ、恥をかいたという。

    さらに、2歳の子どもにノンアルコールドリンクをすすめたり、受付をしてくれた兄弟にドリンクの提供がなかったりした。ドリンクのフルコースもなぜか
    ビールだけになり、巻き寿司がコーヒーとケーキの後に出されたそうだ。ゲストの引き出物の中に、原価が書かれた発注表が同封されるミスもあったという。

    ●メルパルク「誠心誠意対応を進めている」と謝罪

    この悲惨な式について、メルパルクが7月8日、サイトで「このたびは、一部のインターネットの書き込みにより、弊社の婚礼サービスをご利用された
    皆様やご親族の皆様、また、今後ご利用される予定の皆様を含め多くの方々に、ご心配・ご心労をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。
    弊社は本件につきまして、誠心誠意対応を進めているところでございます」と謝罪している。

    日本テレビ系「スッキリ」によると、式の費用は300万円で、夫婦がホテルに不満を伝えたところ、「弁護士を通じて連絡してほしい」と言われたそうだ。

    今回のメルパルクの対応で、「精神的な被害を受けた」として、返金や損害賠償の請求をすることは可能なのか。濵門俊也弁護士に聞いた。

    ●返金や損害賠償をめぐる考え方

    「まずは被害を受けられた方々に対し、お見舞い申し上げます。投稿内容が事実であるとすれば、『人生に一度の結婚式を台無しにされた』
    精神的苦痛は計り知れないと思います。ただ、実際の投稿内容をみますと、メルパルク側があまり深刻に捉えていないようなコメントもあります。
    そこで、返金や損害賠償などの請求ができるのかについて考えてみましょう」

    まず、基本的な考え方はどうなっているのか。

    「結婚式や披露宴というイベントは、特定の日時に履行しなければ契約をした目的を達することができない場合に当たりますので、イベントが
    開かれなかったということであれば、催告なしに解除できます(民法542条)。契約を解除することによって、代金の返還を受けることができます(民法545条2項)。

    ただ、内容はともかく、開催されていれば、一部履行の提供を受けていることになりますので、原状回復義務(民法545条1項本文)との関係で、
    全額の返金とはならないかもしれません。その場合でも、損害賠償請求はできます(民法545条3項)」

    ●全額の返金は難しくても、損害賠償が認められる可能性

    今回の件について考えるとどうなるのか。

    「投稿内容によれば、結婚式や披露宴当日に一応何かしらの履行がされているようですので、全額返金は難しいでしょう。ただ、投稿内容が事実であれば、
    明らかに履行内容が不完全ですので、債務の本旨に従った履行があったとはいえません。よって、メルパルク側に対し、不完全履行という債務不履行責任
    (民法415条)を追及することとなります。

    また、メルパルク側には明らかな落ち度(重過失といってもよいと思います)があるといえますので、不法行為責任(民法709条、710条)を
    追及することもできます(いわゆる請求権競合説、判例・通説)。

    また、今回の件では、『精神的な被害を受けた』として損害賠償請求をすることも考えられます。

    5 名前:記憶たどり。 ★:2019/07/13(土) 14:33:11.67 ID:VV6L2twg9.net

    関連スレ

    【炎上】「一生に一度の結婚式を台無しにされた」口コミで炎上のメルパルクが謝罪声明。「誠心誠意対応を進めている」★22
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1562967638/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1562995915
    続きを読む

    【速報】アシアナ航空が燃料投棄して羽田空港に緊急着陸 24日1時

    1 名前:みつを ★:2019/06/24(月) 01:18:36.13 ID:76qND4jo9.net

    【速報】アシアナ航空が燃料投棄して羽田空港に緊急着陸 24日1時

    ■ SKY NEWS 速報 ■

    アシアナ航空 OZ204便(ソウル・仁川→ロサンゼルス)のエアバスA350-900 HL7578が、燃料投棄のち、1:05頃に東京国際空港(羽田空港)のC滑走路に緊急着陸しました。

    2019/06/24

    https://twitter.com/airline_trainfo/status/1142826194854748165?s=21
    (deleted an unsolicited ad)


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1561306716
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box