朝日

    【朝日新聞】「ハイル、タノ(田野万歳)!」ファシズム体験、まひしていく学生たち 服従する快感…大学の体験学習に参加してみた

    1 名前:すらいむ ★:2018/08/16(木) 18:21:05.21 ID:CAP_USER9.net

    「総踊り」(※企画です)
    ――――――――――――
    ファシズム体験、まひしていく学生たち 服従する快感
    杉原里美

     なぜ人は、大勢の仲間がいると、過激な言動ができてしまうのだろう。
     いじめ、ヘイトスピーチ、ネット上の私刑……。
     戦時中は、隣人同士でお互いの言動を監視し合っていた。
     不寛容な空気が、今の日本にも漂っていないか。
     その正体に少しでも近づきたいと思い、ある大学の体験学習に参加してみた。

     「ハイル、タノ(田野万歳)!」、タッタッ。「ハイル、タノ!」、タッ、タッ……。
     学生たちと一緒に、かつてのナチスドイツ式の敬礼をしながら、笛の音に合わせて教室の床を踏みならす。「共同体の力」を体感するための行進だという。

     6月、甲南大学(神戸市)で2週にわたって行われた「ファシズムの体験学習」。
     田野大輔教授(歴史社会学)の特別授業だ。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    朝日新聞DIGITAL 2018年8月16日18時02分
    https://www.asahi.com/articles/ASL884J6RL88UTIL01B.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534411265
    続きを読む

    【麻生財務相】昭和のサマータイム廃止は「朝日新聞の責任」、麻生氏「記者が飲みに行きにくくなるから。それが事実だろ」

    1 名前:ばーど ★:2018/08/15(水) 16:21:35.54 ID:CAP_USER9.net

    ※総踊りスレです


     麻生太郎財務相は15日の閣議後会見で、昭和23年に導入された夏の時間を繰り上げるサマータイム(夏時間)が4年間で終わった理由について、「(終わったのは)朝日新聞の責任だぞ」とまくし立てる場面があった。

     朝日新聞の記者が、政府・与党が平成32(2020)年の東京五輪・パラリンピックの酷暑対策として、サマータイムの導入を検討していることについて質問。すると麻生氏は「確か俺の記憶だけど、違ってたらごめん」と付け加えた上で、「(当時の朝日新聞はサマータイム導入を)あおって書いたんだ。だけど良くないから止めた方がよいって(報道した)」と朝日記者に対して恨み節を炸裂(さくれつ)させた。

     さらに「(止めるべきと)書いた最大の理由は、新聞記者が明るい最中だと夜に飲みに行きにくいから。それが事実だろ?」などと問い詰め記者を狼狽(ろうばい)させていた。

     また、政府・与党が東京五輪・パラリンピック期間中のサマータイムの導入を検討していることについては、「北緯40度以上の国では多分、日本以外はみんな(サマータイムを)やっていると記憶している」と説明。その上で「熱中症で死者が出るなどの可能性を避けるため、早めに導入するのはひとつの選択肢としては正しいと思う」との見解を示した。

    2018.8.15 12:31
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/politics/news/180815/plt1808150025-n1.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534317695
    続きを読む

    【朝日新聞】天皇陛下に「はぴばー!」SNS時代、変わる敬愛の形「これはこれで新しい敬愛、尊敬の形だと思う」(23歳女性)

    1 名前:すらいむ ★:2018/08/09(木) 17:44:10.95 ID:CAP_USER9.net

    天皇陛下に「はぴばー!」 SNS時代、変わる敬愛の形

     2014年5月。ツイッターに投稿された1枚の写真が話題になった。
     栃木県小山駅構内を歩く天皇、皇后両陛下が笑顔を向けている。
     女子高校生がスマートフォンで撮影した写真だが、次々にリツイート(転載)され、「スマホで撮影するとは失礼極まりない」「ネットに軽々しくアップするべきではない」などと批判的なコメントが殺到。
     「炎上」状態になり、高校生のツイッターアカウントは閉鎖に追い込まれた。

     それから4年余。皇室の方々にスマホやカメラを向けられる光景は変わらず各地で見られ、写真がネット上に投稿されても批判があがることはまれになった。

     「はぴばー!」。
     12月の天皇陛下の誕生日前後には、ツイッターに10代20代の若い世代によるお祝いの投稿があふれる。
     陛下の写真を模様や絵文字などでコラージュした画像もある。
     こうした投稿には不謹慎だとの見方もあるが、「今の陛下は身近な雰囲気。ツイートも許されるのかなって」(18歳女性)、「これはこれで新しい敬愛、尊敬の形だと思う」(23歳女性)――。若者たちは皇室への関心をそれぞれの形で表現しているようだ。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    朝日新聞DIGITAL 2018年8月9日17時21分
    https://www.asahi.com/articles/ASL7G4R4DL7GUTIL00W.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1533804250
    続きを読む

    【朝日新聞】野田聖子氏、閣僚給与ヌプヌプ返納へ…情報公開請求の漏出で引責

    1 名前:プティフランスパン ★:2018/08/07(火) 07:00:00.00 ID:CAP_USER9.net

    2018年8月7日3時0分 朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL8674ZQL86UTFK018.html?iref=sp_new_news_list_n
    https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180806004720_comm.jpg


     野田聖子総務相の事務所による金融庁への説明要求に関し、朝日新聞が同庁に情報公開請求した内容を野田氏が第三者に漏らした問題で、野田氏は閣僚給与を自主返納する意向を固めた。この問題に対する自らの責任の取り方として、近く発表する。野田氏周辺が明らかにした。

     閣僚の年間給与は2929万円で、行財政改革のため一律2割減らしている。議員歳費の返納は公職選挙法が禁じる寄付行為にあたり、2172万円の議員歳費を除いた約170万円が返納の対象となる。野田氏は先月27日の閣議後会見で、自らの責任について「しかるべき措置を検討している」と説明していた。

     朝日新聞は5月2日、野田氏の事務所が違法性を指摘されている会社の関係者を同席させ、金融庁担当者に説明させた際の面会記録の開示を同庁に求めた。同庁職員は開示決定前の5月23日に総務省に出向き、同省職員に請求内容などが書かれた開示決定通知書などを手渡し、請求者が朝日新聞の記者だと口頭で伝えた。こうした内容は、同日中に野田氏にも伝えられた。野田氏は5月下旬に複数メディアとの懇親会で、朝日新聞が自らの事務所をめぐって開示請求していることを漏らした。

    ※ お問い合わせのヌプヌプ=イロモノ擬音語について
    http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/editorialplus/1531614925/22


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1533592800
    続きを読む

    【サ市慰安婦像】松井知事「こういうことになったのは朝日新聞のせい。朝日新聞がサ市へ行って、撤去してこなアカンのちゃうの?」

    1 名前:ばーど ★:2018/08/03(金) 15:28:04.56 ID:CAP_USER9.net

    ※たまたまスレです

    サンフランシスコ市慰安婦像について

    松井知事
    「事実誤認なので、断固抗議する必要がある。だいたいこういうことになったのは朝日新聞のせい。朝日新聞がサンフランシスコへ行って、責任持って撤去してこなアカンのちゃうの?」

    囲み取材 動画
    https://twitter.com/news_ewsn/status/1024513983020249088

    2018-08-02
    https://snjpn.net/archives/61236
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1533277684
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box