朝日

    【元韓国統一部長官】「何度も謝ってるのに韓国は許してくれないという不満が日本にあるのを知っている。しかし...」朝日インタビュー

    1 名前:ばーど ★:2019/02/11(月) 15:28:24.59 ID:Qs7+gNn89.net

    盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時に統一部長官を務めた李在禎(イ・ジェジョン)京畿道(キョンギド)教育監が朝日新聞の韓日関係に関するインタビューに応じた。

    11日の朝日新聞の報道によると、李在禎元長官はインタビューで「韓日関係悪化の原因は、いまだに過去の植民地支配という歴史問題が根本的に解決されていないから」とし「日本では徴用者問題も慰安婦問題も協定で解決されたとの意見が強いが、今も多くの被害者は心に傷を負い、癒やされていない」と述べた。

    続いて「何度も謝っているのに韓国は許してくれないという不満が日本にあるのを知っている」とし「しかし韓国の国民は、慰安婦問題や歴史教科書の問題で日本国内から出てくる言動を見る度に、心から謝っているわけではないと感じてしまう」と話した。

    李元長官は今年の韓日関係について「韓半島(朝鮮半島)での独立運動開始から100年を迎える今年、韓国人は過去のつらい記憶を思い出すだろう」とし「そういう時期なので、韓日関係はもっと悪くなるだろう」という見方を示した。しかし「次世代を担う韓日の若い人たちに期待している」とし「独立運動から100年、日本では元号が変わる今年、難しいとは思うが、真の友好関係に向けた新たな出発の年になればうれしい」と語った。

    2019年02月11日11時28分
    [中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/076/250076.html?servcode=A00&sectcode=A10
    https://japanese.joins.com/upload/images/2019/02/20190211112808-1.jpg



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1549866504
    続きを読む

    【直葬】葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に〈週刊朝日〉

    1 名前:孤高の旅人 ★:2019/02/11(月) 12:35:10.40 ID:q1ECvAVo9.net

    葬式はなくなる? 通夜なし、式なしの「直葬」選ぶ時代に〈週刊朝日〉
    2/11(月) 8:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190208-00000014-sasahi-life

    「こういう弔いの形もありなんだなと思いました」

     東京都在住の田中一也さん(仮名・59歳)。おととし、11歳年上のいとこをがんで亡くした際に、通夜や葬儀・告別式をしない“お別れ”を経験した。あっさりした性格だったいとこは生前から、「死んだときは、一切何もしなくていい」と意思表示していた。

     都内の病院で田中さんや家族がいとこをみとった翌日、遺体は病院からいとこが住んでいた千葉市の火葬場へ直行。田中さんを含む近親者7人が火葬場に集まり、火葬を終えた後、近くの葬祭会館で軽く食事をして解散した。ものの1時間半で全てが終わった。

     九州出身の田中さんにとって葬儀といえば、通夜から多くの親戚や知人が集まって、1泊2日で行うイメージ。だからいとこの弔い方には驚いたという。

    「読経も戒名もなし。すしは“竹”。ビール中瓶1本でお別れだった。その後、出勤できたぐらいあっさりとしていた」

     一抹の寂しさはあったものの、いとこの闘病生活は1年強におよび、心の準備はできていた。近親者でみとったので、故人と向き合えたという感覚もあった。

    「これぐらいシンプルでいいのかもしれない。(通夜、葬儀・告別式をやる一般的な)葬儀で若い僧侶の説法に感動することもないし、通夜の食事もおいしいわけではないし。僕が死んだときも直葬にしてもらおうかと思うこともあります」(田中さん)

     形式的な儀式を極力省いた葬儀のかたち「直葬」がいま、都市部を中心に増えている。直葬とは、故人が亡くなった後、安置所か自宅に遺体を運んで安置し、その後、直接火葬場に移し、荼毘に付すという方法。近親者のみで行う。会葬者を呼んで通夜や告別式を営み、それから火葬する一般的な葬式に比べて、お金もかからない。

    「ここ15年ほどで“葬儀はシンプルにしたい”という明確なポリシーを持った人が増加傾向にあります」

     こう話すのは、終活や葬式の相談・施行などを行う「葬儀を考えるNPO東京」代表の高橋進さんだ。かつて直葬は、故人が身寄りのない人や困窮者の場合に、自治体が葬儀費用を賄って行われる方法だった。

    以下はソース元で


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1549856110
    続きを読む

    【朝日新聞】安倍首相、虐待で死亡した女児の名前を間違う

    1 名前:ばーど ★:2019/02/09(土) 17:47:16.02 ID:Jwbn0WYJ9.net

     安倍晋三首相は8日、千葉県の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅で死亡した事件を受けた児童虐待防止対策に関する関係閣僚会議でのあいさつの中で、女児の名前を「ゆあさん」と誤った。

     首相は「今回、ゆあさんからは必死の思いでSOSの声が発せられていました」などと述べた。政府は昨年7月、東京都の船戸結愛…残り:31文字/全文:181文字

    2019年2月9日05時00分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/DA3S13886122.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1549702036
    続きを読む

    【しんぶん】朝日は“高級な背広”、産経は“和服”……日本の「6大新聞」その傾向と対策

    1 名前:記憶たどり。 ★:2019/02/05(火) 09:56:14.62 ID:nuhFKYMA9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190205-00010270-bunshun-soci

    先日、「印刷する前の新聞紙がネット通販で人気」というニュースを知って妙に感心した。
    新聞は読まないけど新聞「紙」なら欲しい人が増えていると。「引っ越しの荷造り用」とか
    「ペット飼育の中敷き」等に便利という。この方々は新聞を12紙購読している私なんて信じられないだろう。

    そんな私が最近よく聞かれるのは「なぜ新聞を読むのか?」。販売店の方からも社員に話してほしいと言われる。
    新聞の将来に不安を感じている人が少なくないことを感じるが、私は「ネットニュースが主流になればなるほど
    新聞はますます重要になる」と答えている。

    ここ数年「フェイクニュース」が問題だ。誰かを有利・不利にするためのものもあれば、単に悪意から発生するものもある。
    何が真実かややこしい時代、「この情報は誰が発信しているのか」を皆が気にするようになった。でもいちいち発信元を確認するのはけっこう面倒くさい。

    だったら「今こそ新聞を利用すれば?」と私は言っている。私たちの代わりにプロが情報を精査しているのだから、それを利用すればいい。

    新聞は「最も新鮮なメディア」?

    新聞社からネットメディアへ転職した方と話したら「記者を育成するためのトレーニング(実地経験を通じた人材育成)のノウハウやシステムは、
    やはりまだ圧倒的に新聞社が優れていると痛感した」と言っていた。取材記者をたくさん揃えていて、かつ取材のノウハウをきちんと体系的に
    体得できる組織は、まだ新聞社以外にはあり得ない、とも。

    それを聞いて私は確信したのだ。古いメディアだと軽視されるほど、新聞を利用する人には「おいしい」のだと。最も新鮮なメディアと言えるかもしれない。

    でも新聞は小難しい。学生なら授業などで社説や天声人語的なコラムを読めと言われるだろうが、若い人にとっては正直面白くないはず。
    私も学生の頃はそうだった。しかしあるときふと思った。新聞のあの偉そうな雰囲気を逆手に取って「擬人化」してしまえばいいのでは? と。

    朝日新聞は“プライド高めのおじさん”

    社説の面白さは、お笑いで言ったら大御所の師匠が若手に対していちいち小言を言う場面に似ている。「また師匠がブツブツ言っているよ」と思うようにしたら、
    社説を楽しめるようになってきた。すると各社のキャラも見えてきた。私は各紙をさらに擬人化してみることにした。

    『朝日新聞』は“高級な背広を着たプライド高めのおじさん”

    『産経新聞』は“いつも小言を言っている和服のおじさん”

    『毎日新聞』は“書生肌のおじさん”

    『日本経済新聞』は“現実主義のビジネス一筋おじさん”

    『東京新聞』は“問題意識が高い下町のおじさん”

    『読売新聞』はずばり“ナベツネ”

    これは拙著『芸人式新聞の読み方』(2017年)で発表したのだが、そのあと仕事でお会いした各社の記者が嬉しそうに「当たってますね」と喜んでくれた(社によっては小声でした)。

    新聞の「1塁側」と「3塁側」

    そして今あらためて私が提案しているのは、新聞を野球場で喩える「見方」だ。

    安倍政権という野球場では、1塁側(ホーム)にいるのが、読売・産経だ。政権と親和性が高い、もしくは政権を支持している新聞。
    対して、3塁側(ビジター)が朝日・毎日・東京だ。政権に距離を置いている、もしくは批評的である新聞。

    たとえば森友学園問題をいち早く報じたのは朝日新聞であった。それを受けて毎日新聞や東京新聞が連日報じ、国会で話題になったときに、
    読売新聞と産経新聞がやっと報じ始めた。どの新聞が1塁側なのか、3塁側なのかを考えながら読むと、立ち位置が分かりやすく面白い。

    朝日や毎日や東京新聞は政権に目を光らせている。そもそもジャーナリズムとはそういうものだが、読売や産経もきちんと役に立っている。
    現政権が何を考えているかを知るには便利だからだ。読売には政権情報や首相周辺の言葉がよく載っている。政権の動向や気分を知りたい人には
    むしろ必読なのである。これも新聞の有効な使い分けだ。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1549328174
    続きを読む

    新聞5紙の中で朝日新聞だけが新井浩文容疑者の本名報道せず…ネット「報道しない自由w」「NHKや毎日でさえ本名で報道してるのに」

    1 名前:ニライカナイφ ★:2019/02/02(土) 22:59:28.72 ID:rRFDh6SH9.net

    ◆ 新聞5紙の中で朝日新聞だけが新井浩文容疑者の本名を報道せず
     ~ネットの反応「出た!報道しない自由! ふざけんな」「ジャーナリスト風集団だからな」

    読売
    俳優・新井浩文(本名・朴慶培、韓国籍)容疑者(40)
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20190201-OYT1T50345/

    産経
    俳優の新井浩文(本名・朴慶培(パク・キョンベ))容疑者(40)
    https://www.sankei.com/affairs/news/190202/afr1902020013-n1.html

    毎日
    俳優の新井浩文(本名・朴慶培)容疑者(40)
    https://mainichi.jp/articles/20190201/k00/00m/040/168000c

    日経
    俳優の新井浩文(本名・朴慶培)容疑者(40)を強制性交容疑で逮捕した。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40783700R00C19A2CC1000/

    朝日
    俳優の新井浩文容疑者(40)
    https://www.asahi.com/articles/ASM223FZNM22UCVL001.html?iref=pc_ss_date

       ◇

    ▽ネットの反応

    名無し
    朝日とTBSが本名を隠したのは予想通りだったが
    NHKが本名報道しまくったのは意外すぎたぜ

    名無し
    出た!報道しない自由! ふざけんな

    名無し
    事実の一部を隠して意図的に誤解を生む様に印象操作する記事も広義の「フェイクニュース」だよな。
    さすがフェイクニュースの総本山w

    名無し
    本名、国籍の両方を報道しないアカヒは問題外だが、国籍を報道していない他社もジャーナリズム失格だ
    合格なのは国籍・本名の両方を報道している読売だけ

    名無し
    毎日でさえ本名で報道してるのに、なんだよ

    名無し
    中国籍はよく報道されるし、中国人も文句いわないのにw

    名無し
    あらゆる逮捕者の本名は絶対に載せない、というのならわかるが

    名無し
    アサヒになに期待してんだ?

    名無し
    ジャーナリスト風集団だからな

    アノニマスポスト 2019.02.02
    https://anonymous-post.mobi/archives/3443


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1549115968
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box