朝日

    【Twitter】朝日新聞記者「安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す、安倍政権御用ジャーナリスト大賞を発表…」炎上へ

    1 名前:岩海苔ジョニー ★:2017/07/30(日) 10:24:05.82 ID:CAP_USER9.net

     朝日新聞文化くらし報道部の記者のツイッターに「安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す、安倍政権御用ジャーナリスト大賞を発表」などと書かれた投稿があり、ツイッターが炎上、記者は「ネットメディアの記事の1つとして紹介しただけ。私の意見ではない」などと追記する騒ぎがあった。

     投稿は7月28日。「安倍サマのためならデマも平気で垂れ流す、安倍政権御用ジャーナリスト大賞を発表!2017年もコイツらには要注意」と投稿された。

     このツイートに対し、批判が殺到。数例を列記すると「失礼ながら、品位の欠片も無い文章ですね。流石、朝日クオリティ」「皆さん読んであげてください。これが朝日新聞記者サマのお言葉です。いくら私人・捏造新聞社とは言え、少なからず社会に影響力のある記者。まさに反日左翼御用達 朝日クオリティ」「さすが朝日新聞記者、レベルが低すぎますね。自分らと意見が違うだけで政権の犬扱いして本当にバカみたい」「おまえたちの方がデマばっかり吹聴してるじゃん。珊瑚とか慰安婦とか」などと過激なツイートが殺到した。

     これに慌てたのか当該記者は「ネットメディアの記事の一つとして紹介しただけです。わたくしの意見という意味ではありません。『コイツらには要注意』などの言葉は元のサイトの言葉がそのまま載ってしましました。失礼しました」「大変失礼いたしました。わたくしの文章ではありません。リテラのサイト内のツイッターで紹介するボタンを押したら、リテラの見出しがそのままわたくしのつぶやきのように載ってしまいました」「失礼いたしました。ウェブメディアの一つとして紹介するつもりが、リテラの見出しがそのままわたくしのつぶやきのようになってしまいました。多様な意見の共存は何より重要だと考えております」とツイッターに立て続けに投稿。自分の意見ではなく、インターネットメディア、リテラのの記事の表題を示したものだと説明した。

     実際、リテラはそのような記事を掲載しており、記者が見出しを引用したようだったが、「リツイート」との表示がなかったため、朝日記者のつぶやきと誤解されたようだ。

     だが、「炎上」は収まらず、「おまえらが普段言ってる責任取れよ!」「おまえらみたいなのを何て言うか分かるか?マ ス ゴ ミってゆーんだよ!」「見苦しい奴だな」「謝っても批判される気分はどう?」「なるほど。さすが朝日記者。常に責任回避を考えているのですね」などと辛辣なコメントで今もあふれている。

    全文はURL先でどうぞ
    www.sankei.com/smp/politics/news/170730/plt1707300004-s1.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501377845
    続きを読む

    【加計問題】 もはや「前川証言ありき」の朝日新聞、 元愛媛県知事の発言をまた無視

    1 名前:キリストの復活は近い ★:2017/07/29(土) 19:50:09.58 ID:CAP_USER9.net

    24、25の両日に行われた衆参両院予算委員会の閉会中審査では、学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設問題で
    「加計ありき」を主張する前川喜平前文部科学事務次官の証言を崩す発言が参考人らから相次いだ。それでも、朝日新聞などは大きく扱わなかった。

    もはや報道の多くは「前川証言ありき」の様相を呈している。

     前川氏は24日の衆院予算委で、平成28年9月に和泉洋人首相補佐官との面会の際に、
    和泉氏から「首相は自分の口から言えないから、代わって私が言う」と獣医学部新設を進めるよう指示されたと改めて主張した。
    前川氏はこの“指示”を「加計ありき」の根拠としているが、和泉氏は「加計学園には一切触れていない」と否定した。

     朝日新聞は25日付朝刊1面トップで「首相側近『記憶ない』連発」と報じた。
    和泉氏については「記憶にない」と繰り返したことを強調、前川氏については自身の記憶と記録に基づいて和泉氏との面会のやりとりを「詳しく語った」と表現し、
    和泉氏と前川氏の違いを際立たせた。

     25日の参院予算委では、旧文部省OBで、愛媛県今治市への獣医学部誘致を推進していた加戸守行前同県知事が
    「(前川氏は)テレビの取材で虚構の話をした」と述べ、
    「想像を事実のように話している。精神構造を疑う」と厳しく批判した。加戸氏の発言に対して前川氏は慌てたような対応を見せたが、朝日は詳報も含めて完全に無視した。

     26日付朝刊の朝日などは、安倍晋三首相が加計学園の学部新設計画を国家戦略特区の申請が認められた今年1月20日に初めて知ったことを取り上げた。
    首相と学園の加計孝太郎理事長が友人関係で、ゴルフや食事を重ねていると詳報し、毎日新聞は「不自然答弁さらに」と報じた。

     朝日は25日付朝刊の記事「加計疑惑 証拠なき否定」で「『加計ありき』をうかがわせる文書や証言を否定するような証拠が示されたわけではなく」と書いた。
    「加計ありき」を「うかがわせた」前川氏の言動こそ信憑性が高いと決めてかかったような書き方だった。(今仲信博)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000078-san-pol

    関連スレ

    【テレビ】"消された知事発言" メディアの「報道しない自由」「切り取り」「偏向報道」をどう見抜くか★3
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500730733/
    【マスコミ】報道しない自由の壁 「沖縄の真実を伝える会」の我那覇さんの主張の報道は極少数、信頼が揺らぐ既存メディア - 共同通信★2
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1499852955/ ' target='_blank'>http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1499852955/
    【ニュース報道】長谷川幸洋氏「今ネットではメディアに対する監視が行われつつある」 
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1500686676/

    【加計】加戸氏「取材があっても都合の良いことはカットされて私の申し上げたいことを取り上げたメディアは少ない。あのYouTubeが全て」
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1499696322/
    【加計学園】前愛媛県知事の加戸守行氏「『加計ありき』と言うが…12年前から声をかけてくれたのは加計学園だけ」
    http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1499708533/
    【規制改革】前愛媛県知事が前川喜平氏に反論 「強烈な岩盤に穴が開けられ、ゆがめられた行政がただされた」
    http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1499676206/
    【加計学園問題】加戸守行・前愛媛県知事「民主党政権があと2年続いていたら設置実現していた」 前川前次官は「則を超えた」
    http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1497479669

    【加計学園】今治市議会「一番困惑しているのは、獣医学部を目指している学生、今治市民だ」「公正な認可を」
    http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1498567453/
    【社会】「公務員獣医師不足」の本質議論されず 畜産関係者「実情を知って」と現場からは切実な訴え★5..
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1498103086/
    【マスコミ】報道しない自由の壁「沖縄の真実を伝える会」の我那覇さんの主張の報道は極少数、信頼が揺らぐ既存メディア - 共同通信★2.
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1499852955/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501325409
    続きを読む

    【マスコミ】朝日新聞が丸川大臣の発言を捏造 「稲田は極右」の印象操作を後でこっそり改ざん

    1 名前:(^ェ^) ★:2017/07/29(土) 09:12:14.78 ID:CAP_USER9.net

    http://ksl-live.com/blog10180

    http://ksl-live.com/wp-content/uploads/2017/07/c68f37b321c699148b14459a1af1fdaa.jpg


    朝日新聞のウェブ版が28日に報じた丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック大臣の定例記者会見の内容が、記者による捏造であることが判明した。
    朝日新聞は、稲田大臣辞任に関する丸川大臣の発言として「大変残念です。女性政治家として申し上げますと、大変ファンが多い、(ファンからの)信仰心が多い方だと身近で拝見していて感じていました。」と報じたが、実際には「信仰心が多い方」とは発言しておらず「ファンと言うより信奉者」と、女性閣僚に対するファンと言う言葉が適切ではないという意味で信奉者と言い換えている。そもそも「信仰心」などと聞き間違えるような、宗教めいた話の流れでは無かった。おそらく神道にネガティブな印象を持つ記者が、稲田支持者を神道と結び付ける印象操作をしたものと思われる。

    また、朝日新聞は公開後に記事をこっそり書き換え、何もなかったように逃亡中であるが、証拠のスクショと会見書き起こしを貼っておく。

    朝日新聞記者の捏造と改竄

    朝日新聞は現在、記事を改ざんし知らぬふりをしている。
    最初にアップされた捏造記事が以下、
    ※キャッシュより復元
    http://ksl-live.com/wp-content/uploads/2017/07/8392751ffba7cdbff45e4f184cce0a49.jpg


    現在の記事は、タイトルと本文の「信仰心」が「信奉者」に改竄されている。
    訂正時間などは記載されていない。
    http://ksl-live.com/wp-content/uploads/2017/07/017c4bd1b6bea4239c9d815f0fb35667.jpg


    これらは明らかに捏造であり、神道と稲田大臣を結び付け、朝日新聞の言うところの「極右」の印象を読者に与える目的と思われる。
    複数の質問をつなぎ合わせている

    改ざん後の朝日新聞の記事も、事実と異なる部分がある。発言録として掲載しながら、実は複数の質問にそれぞれ別に答えた発言をつなぎ合わせている。
    既に会見動画はyoutubeにアップされているので、朝日新聞の記事と比較するため書き起こしを行った。稲田大臣に関する質問は計三回行われ、そのうち1番目の「残念です」と3番目の発言をつなぎ合わせて、例の捏造文を作成していることが判明した。

    朝日記事本文

    中略

    1.稲田大臣辞任について
    大変残念です。私の立場からはこれ以上のコメントは差し控えさせていただきます。

    2・辞任のタイミング、首相の任命責任は?
    タイミングについて何か私が申しあげる事ではなく、これはあの、稲田大臣がご自身でお決めになったことだと思いますから、私は何とも申し上げようがございません。なぜここに至ったかということについて、私もよくわからない点がありますので、その点はあの、今後の内閣の取り組みなり、またあの、もっと幅広く行政政治全体を見渡した中で、しっかり解明されるべきことだと思います。

    3.質問不明(女性閣僚云々?)
    あの、閣僚としてというより、女性政治家としてということで申し上げますと、大変ファンの多い、またあの、ファンと言うより信奉者、と言った方が正解かも知れませんが、多い方だというのは、あの身近に拝見していて感じるところでありましたので、そうした皆様方の信頼にこれからも答える努力をきっと、なさっていくのだろうと、まあ私は個人的に思っております。

    これが朝日新聞記者にかかると、こう料理される。

    「大変残念です。女性政治家として申し上げますと、大変ファンが多い、(ファンからの)信仰心が多い方だと身近で拝見していて感じていました。」

    あたかも丸川大臣が、稲田支持者と神道を結び付け、神道を重んずる層の為だけに働くという趣旨の発言をしたかのように捏造している。

    謝らなくていいから廃刊してください。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501287134
    続きを読む

    【朝日新聞が誤報】「国籍選択は努力規定」は誤報 朝日、解説記事を訂正

    1 名前:サーバル ★:2017/07/28(金) 08:18:00.99 ID:CAP_USER9.net

    「国籍選択は努力規定」は誤報 朝日、解説記事を訂正
    日本報道検証機構, 2017年7月27日

    国籍法についての基本的な事実誤認

    朝日新聞は7月19日付朝刊で「重国籍 なにが問題?解消手続きは?」と題して、民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題に関連した解説記事を掲載した。その中で、「日本の国籍法は、努力規定として、22歳までにいずれかの国籍を選択するよう求める」と記していたが、国籍法は「いずれかの国籍を選択しなければならない」と定めており(14条)、国籍選択は努力規定になっていない。努力規定になっているのは国籍選択手続きをとった後の外国の国籍離脱(16条)。日本報道検証機構が朝日新聞社に指摘していたところ、同紙は27日付朝刊で「努力規定」としたのは誤りだったとして訂正した。
    Yahoo!ニュースに配信されていた記事も「努力規定」の記述や図表が削除されたが、訂正は明記していなかった。

    http://gohoo.org/17072701/

    2 名前:サーバル ★:2017/07/28(金) 08:18:28.75 ID:CAP_USER9.net

    国籍法は、重国籍者に22歳までの国籍選択義務を課しており、この義務を果たすためには外国籍の離脱(14条2項前段)または日本国籍の選択宣言(14条2項後段)のいずれかによらなければならない。具体的には、外国で国籍離脱の手続きをとった場合は、それを証明する書面を添付して外国国籍喪失届(戸籍法106条)を出し、外国籍の離脱の手続きをとっていない場合は日本国籍選択・外国籍放棄の宣言届(戸籍法104条の2)を出すことになる。いずれも届出がなされた場合は戸籍に記載される。
    国籍選択宣言をすれば、国籍法上の義務は果たしたことになるが、残された外国籍の離脱にも努めなければならないとされている。ただ、国籍離脱が容易に認められない国もあることから、この手続きは努力規定にとどまっている。
    国籍法は、法務大臣は国籍選択をしていない者に対して催告を行うことができ、催告から1ヶ月以内に国籍選択をしなければ日本国籍を失うとの規定もある(15条)。しかし、実際に法務大臣がこの催告を行った例はないとされている。また、国籍法上、国籍選択の義務を果たさなかった場合の罰則規定もない(関連記事=「蓮舫氏告発」 時効成立の疑い 大々的に報じた産経新聞の責任)。
    蓮舫氏は、「二重国籍」疑惑が生じた昨年9月当初、17歳で日本国籍を取得した際にあわせて外国籍放棄の宣言もしたと説明していたが(産経新聞への回答)、実際は国籍選択・外国籍放棄の宣言届出をしておらず、昨年10月7日に届け出をしていたことが明らかになった。
    朝日新聞社広報部は、当機構の質問に対し「記事は国籍法について、重国籍を持つ人がとりもなおさず日本国籍を失ってしまうという不安を抱かないよう運用面を含めて大枠を解説する趣旨でこのような記述をしましたが、条文を説明するところで『努力規定』としたのは不適切でした」と回答した。
    重国籍、なにが問題?解消手続きは? 民進・蓮舫代表、戸籍情報開示
     民進党の蓮舫代表が戸籍情報を開示した重国籍問題。日本政府は重国籍を認めていないが、国際化の進展で珍しいことではなくなった。何が問題で、手続きはどうなっているのか。
     父母のどちらかが外国人である場合や、米国など出生地によって、ほぼ自動的に外国籍が与えられるケースがある。法務省は正確な人数を把握していないが、改正国籍法が施行された1985~2014年度に生まれた日本国籍のある人のうち、二重国籍を持つ可能性がある人は約83万人いたとされる。
     日本の国籍法は、努力規定として、22歳までにいずれかの国籍を選択するよう求める。解消には、(1)外国籍を離脱する(2)日本国籍選択と外国籍放棄の宣言をする――ことが必要だ。蓮舫氏は49歳だった昨年、日本国籍の選択を宣言。金田勝年法相は22歳以降について「国籍法上の義務に違反していた」と述べた。…(以下、略)…

    朝日新聞2017年7月19日付朝刊
    国籍法
    (国籍の選択)
    第十四条 外国の国籍を有する日本国民は、外国及び日本の国籍を有することとなつた時が二十歳に達する以前であるときは二十二歳に達するまでに、その時が二十歳に達した後であるときはその時から二年以内に、いずれかの国籍を選択しなければならない。
    2 日本の国籍の選択は、外国の国籍を離脱することによるほかは、戸籍法の定めるところにより、日本の国籍を選択し、かつ、外国の国籍を放棄する旨の宣言(以下「選択の宣言」という。)をすることによつてする。

    第十六条 選択の宣言をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない。
    * 国籍の選択について (法務省)

    朝日新聞2017年7月24日付朝刊34面
    * (初稿:2017年7月27日 11:57)

    7 名前:サーバル ★:2017/07/28(金) 08:19:26.26 ID:CAP_USER9.net

    http://gohoo.org/wp-content/uploads/2017/07/170724_a_34_c.jpg



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501197480
    続きを読む

    【朝日新聞】「内閣改造しても駄目だ」 大型地方選連敗、自民に危機感

    1 名前:ニライカナイφ ★:2017/07/24(月) 08:04:33.70 ID:CAP_USER9.net

    加計学園問題が安倍晋三首相を直撃し、内閣支持率が急落するなかで迎えた23日の仙台市長選。
    自民党にとっては東京都議選に続く大型地方選挙での連敗だけに、党内には危機感が広がった。

    写真:仙台市長選、野党共闘候補が自公系破る 郡氏が初当選
    http://i.imgur.com/fPri5UP.png


    ある党幹部は「支持率は下がる。選挙には勝てない。トップを代えなくちゃ次の衆院選は戦えない」、中堅議員は「強引な政権運営のつけが出ている。内閣改造しても駄目だ」と手詰まり感を口にした。
    参院幹部は「経済で結果を出し、疑問は丁寧に説明していくしかない」と語った。

    足元で党を支える地方議員も政権に厳しいまなざしを向ける。
    与党候補陣営の中心だった自民の赤間次彦・仙台市議は記者団に「無党派層を取り込めなかったばかりか、自民支持層もまとめられなかった。安倍政権へのお灸(きゅう)だ」と話した。
    公明党の斉藤鉄夫選挙対策委員長は記者団に「逆風は感じた。国政への批判もあった」と指摘した。

    一方、民進党衆院議員から転じた郡和子氏を支援した野党。
    地元選出の民進の安住淳代表代行は記者団に「安倍政権への信任投票的な意味合いを帯びた。そこに野党共闘がうまくかみあった」と強調。
    共産党の小池晃書記局長は朝日新聞の取材に「野党と市民の共闘が、安倍政権への怒りの受け皿になった」と語った。

    http://www.asahi.com/articles/ASK7R6HHPK7RUTFK009.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500851073
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box