朝日

    【朝日新聞】安倍内閣の支持率52%、前回調査から5%上昇 自民37、民進8、公明党5、共産党5 世論調査

    1 名前:(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/06/06(火) 09:22:37.56 ID:CAP_USER9.net

    世論調査―質問と回答〈6月3、4日実施〉

    ◆あなたは、安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。

     支持する52

     支持しない40

     その他・答えない8

    ◆あなたは、今、どの政党を支持していますか。政党名でお答えください。

     自民党37(37)

     民進党8(6)

     公明党5(3)

     共産党5(5)

     日本維新の会1(1)

     自由党0(0)

     社民党0(1)

     日本のこころ0(0)

     都民ファーストの会3(2)

     その他の政党1(1)

     支持する政党はない31(33)

     答えない・分からない9(11)

    http://www.asahi.com/articles/ASK65760NK65UZPS004.html

    2017年5月25日23時32分
    内閣支持率は47%(5月定例調査48%)、不支持率は31%(同29%)だった。
    http://www.asahi.com/articles/ASK5T5FDJK5TUZPS007.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496708557
    続きを読む

    【LGBTQ】多様な性、東京五輪で発信 組織委で研修、企業に基準要求 リオでは選手50人以上がカミングアウト(朝日新聞)

    1 名前:赤ぺこ ★:2017/05/24(水) 09:48:27.46 ID:CAP_USER9.net

     五輪・パラリンピックは性的指向を含め、いかなる差別も禁じた五輪憲章の根本原則に沿い、多様性を認め合うことを基本理念の一つに掲げる。3年後に迫った東京大会でも、大会組織委員会はまずは自らの組織内のLGBTなど性的少数者への意識を高めようと動き始めた。17日は国際的な記念日「多様な性にYESの日」。自分と違った人を除外しない――。明確なメッセージを五輪を契機に発信する。
     「カミングアウトしやすい雰囲気づくりには、どうすればいいのでしょうか」
     4月中旬、組織委の役員会議室。性的少数者への理解を深める幹部向けの研修会で、局長の一人がLGBT当事者である講師に質問した。2014年のリオデジャネイロ五輪では金メダリストを含む50人以上の選手がカミングアウトしたといい、講師は「その姿は人と違うことで苦しむ子どもの希望となった。(日本でも)立場のある人が理解を深め、当事者の存在を前提に物事を進めていくだけで雰囲気づくりになる」と答えた。
     東京大会では、開催に必要な物品・サービスの調達基準や運用方法などを定めた「調達コード」に、LGBTなどを含めた「社会的少数者の権利尊重」の項目を記載。これにより調達先の企業は組織委が定める基準に沿う必要があり、同性婚にも適用される人事制度を整備する企業が増えるのでは、と期待を寄せる。
     もちろん大会本番でのトイレやホテルでの配慮なども欠かせない。組織委の吉村美貴子人事部長は「五輪は日本が本当の多様性を知り、経験するきっかけになる。LGBTについて理解ある人たちの人的レガシーも育みたい」と話す。
     LGBT理解への機運が高まる…

    続きはソースで
    http://www.asahi.com/sp/articles/ASK596T4BK59UTQP038.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495586907
    続きを読む

    【ファクトチェック】異なる文脈でコメント引用、印象操作 朝日新聞陳謝 新作歌舞伎の記事で関係者「絶望感味わった」

    1 名前:(^ェ^) ★:2017/05/21(日) 07:41:34.22 ID:CAP_USER9.net

    https://news.yahoo.co.jp/byline/yanaihitofumi/20170520-00071159/

    【ファクトチェック】朝日新聞は5月15日付朝刊で「新作歌舞伎 さらに進化」と題した記事を掲載した。この中で「歌舞伎大向弥生会」幹事の堀越一寿さんが、新作歌舞伎に疑問の声をもつ人としてコメントが引用されていたが、将来への期待を込めた意図と異なる文脈で配置されたとして抗議。同社が堀越さん本人におわびしていたことがわかった。同社は訂正は見送り、「今後の紙面づくりに生かしていく」としている。

    記事は、新作歌舞伎に現代劇の作家や映画監督など異ジャンルの書き手が進出し、流行を取り入れて多様化していること紹介したうえで、2人の識者のコメントを掲載。「歌舞伎うたう理由が必要」との見出しの下、「新作歌舞伎に疑問の声も」という書き出しに続けて、堀越さんのコメントが引用されていた。

    ■「歌舞伎うたう理由が必要」

    新作歌舞伎に疑問の声も。公演で屋号の掛け声をかける「歌舞伎大向弥生会」の堀越一寿幹事(47)は「演出が行き過ぎて現代劇と変わらなくなったり、イベント的になったりする恐れもある。鍛錬した歌舞伎俳優の魅力を生かした作品であってほしい」と話す。

    出典:朝日新聞2017年5月15日付朝刊「新作歌舞伎、さらに進化 映画監督らが挑戦 マンガ・絵本が原作」
    この記事を一般読者が読んだ場合、堀越さんはこれまで行われてきた新作歌舞伎に疑問を抱いている人物であるとの印象を与えた可能性が高い。しかし、実際は、堀越さんはこれまでの新作歌舞伎の作品について肯定的なコメントしかしていなかった。引用されたのは新作歌舞伎への疑問ではなく、今後の期待について語った言葉だった。

    堀越さんはブログで、電話取材に答えた際の文脈とは異なる形で発言を使用されたと抗議。取材経緯を詳細に明らかにした(ブログは複数回修正されている)。

    それによると、堀越さんは記者の電話取材で、これまでの新作歌舞伎の作品について「どれも面白く、また役者の個性を活かしてうまく書けている」などと高く評価し、否定的なコメントはしていなかったという。今後の期待や心配について聞かれた際には「これまでの新作では大丈夫だったと思うが、万が一あまりに演出主導になったり、イベント的になってしまうと歌舞伎でやる意味が薄れてしまうと思う。歌舞伎役者の身体性は大きな魅力なので、ぜひ鍛錬を積んできた歌舞伎役者の魅力を活かす作品を作っていってほしい」とコメント。その後、記者から最後のコメントを使いたいと確認メールがあり、了承したという。

    記事掲載直後、堀越さんは担当記者にメールで遺憾の意を伝えたが返事がなく、読者センターに抗議の連絡を入れた。すると、同社の文化くらし報道部デスクより連絡があり、堀越さんの意図と異なる文脈でコメントを配置したことについておわびの言葉があったという。

    日本報道検証機構は朝日新聞社に対し、堀越さんのブログで明らかにした経緯について事実認識に齟齬はないか、新作歌舞伎に疑問を抱く立場からコメントしたとの誤った印象を与える記事構成になっていた点について訂正などの対応をとるか、質問した。18日、同社広報部は堀越さんにおわびした経緯などを認める内容のコメントを出した。

    朝日新聞社広報部のコメント

    新作歌舞伎について、記者は堀越一寿さんに電話で取材し、コメント部分をご確認いただいた上で記事に盛り込みました。

    新作歌舞伎が活況を呈していることには、評価の一方、様々な見方もあることを踏まえ、堀越さんにご意見を伺い、今後に向けた有識者のコメントとして記事の中で使わせていただいた次第です。

    しかしながら、5月15日付朝刊に掲載後、堀越さんから本社お客様オフィスに、自分の意図とは異なるコメントの使われ方をしているとのご指摘をいただきました。

    同日、堀越さんには担当デスクから電話をかけ、ご不快な思いをさせたことをおわび申し上げるとともに、いただいたご指摘は今後の紙面づくりにいかしてまいりますとお伝えいたしました。

    朝日新聞のコメントを受け、堀越さんは当機構に以下のコメントを寄せた。

    「今回の件につきましては、多くの皆さまにご支援、応援の声を頂きありがとうございました。記者の方が私の意図を理解できなかったとは到底思えず、確認の際にも記者さんの意図をご説明いただけなかった点は今もって残念に思います。どうか、今後の取材におかれましてはこうした行きちがいのない紙面づくりをして頂きたいと希望します。」

    以下ソース


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495320094
    続きを読む

    【朝日世論調査】「共謀罪」法案、今国会成立「不要」64% 「必要」18% 

    1 名前:ばーど ★:2017/05/16(火) 17:48:12.87 ID:CAP_USER9.net

    朝日新聞社は13、14日の全国世論調査(電話)で、安倍晋三首相が自ら憲法改正を提案したことについて質問した。
    2020年に新しい憲法を施行したいと述べたことについては、回答の多い順に「時期にはこだわるべきではない」52%▽「改正する必要はない」26%▽「2020年の施行をめざすべきだ」13%となった。
    9条に自衛隊の存在の明記を追加する必要については、「必要がある」41%、「必要はない」44%と拮抗(きっこう)した。

    安倍首相が自民党総裁として、改憲をいま提案したことには、「評価しない」47%、「評価する」35%。安倍首相に一番力を入れてほしい政策を一つ選んでもらうと、
    最多は「社会保障」で29%、「景気・雇用」22%、「外交・安全保障」18%、「教育」13%などと続き、「憲法改正」は5%だった。

    内閣支持率は48%(前回4月調査は50%)、不支持率は29%(同30%)。

    ■「共謀罪」法案、今国会成立「不要」64%

    朝日新聞社の13、14日の全国世論調査(電話)では、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法を改正する法案についても尋ねた。
    この法案を今国会で成立させる「必要がある」は18%にとどまり、「必要はない」の64%が大きく上回った。
    法案そのものへの「賛成」「反対」はいずれも38%と割れた。前回4月調査では「賛成」35%、「反対」33%だった。

    今国会成立の必要性については、内閣支持層でも「必要はない」56%が、「必要がある」の26%を上回った。
    法案に「賛成」とした人でも、今国会で法案を成立させる「必要はない」46%が、「必要がある」の40%をやや上回った。

    法案の内容については「よく知っている」2%▽「ある程度知っている」35%▽「あまり知らない」47%▽「全く知らない」16%。「よく」と「ある程度」を合わせた「知っている」層では、
    法案に「賛成」44%に対し、「反対」49%がやや上回った。「あまり」と「全く」を合わせた「知らない」層では、法案に「賛成」は35%、「反対」は32%だった。

    配信 2017年5月16日00時37分

    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK5H4PPDK5HUZPS002.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494924492
    続きを読む

    【朝日新聞】米軍基地の集中「差別だ」54% 沖縄県民調査

    1 名前:コピペ魔神 ★:2017/05/12(金) 09:12:11.30 ID:CAP_USER9.net

    沖縄の日本復帰から15日で45年となるのを前に、朝日新聞社は沖縄タイムス社、琉球朝日放送と合同で電話による沖縄県民世論調査をした。
    米軍基地が集中していることは「本土による沖縄への差別だ」という意見について、54%が「その通りだ」と答え、「そうは思わない」の38%を上回った。

    「その通りだ」は年齢が上がるにつれて増える傾向にあり、60代以上では7割を超えたが、18~29歳では「そうは思わない」が大きく上回った。
    自民支持層では「その通りだ」39%に対し、「そうは思わない」が49%だった。

    今回、調査対象を18歳以上に広げたため単純比較はできないが、2013年12月の調査の同趣旨の質問では「その通りだ」は49%、12年4月調査では50%だった。
    県内で最も重要だと思う課題については、「基地問題」を選んだ人が33%で最も多く、「教育・福祉などの充実」(28%)、「経済振興」(19%)を上回った。

    沖縄が日本に復帰してよかったと思うかとの問いには、82%が「よかった」と答え、「よくなかった」は5%にとどまった。
    調査は4月22~23日に実施。沖縄県内の有権者が対象で、896人から有効回答を得た。
    回答の一部は4月25日付朝刊に掲載した。

    http://i.imgur.com/nEl2tNW.jpg

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-00000129-asahi-pol


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494547931
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box