中国

    【検閲と学問】天安門事件・民族問題など論文300点を接続遮断 英国ケンブリッジ大、中国当局の意向に沿う 海外に及ぶ言論統制

    1 名前:紅あずま ★:2017/08/20(日) 23:47:09.03 ID:CAP_USER9.net

    天安門事件など論文300点 接続遮断
    毎日新聞:2017年8月20日 23時28分
    http://mainichi.jp/articles/20170821/k00/00m/030/118000c

     【上海・林哲平】英国のケンブリッジ大出版局は18日、ウェブサイトに掲載されている天安門事件など中国関連の論文300点について、中国からの接続を遮断したことを明らかにした。
    出版局は中国当局からの要求に従ったとしており、敏感な内容の論文が国内で広まるのを警戒する中国の意向に沿った格好だ。
    研究者からは中国の言論統制が海外にまで及んできたことに懸念が強まっている。


     出版局がサイト上で発表した声明などによると、遮断されたのは中国研究の有力学術誌「チャイナ・クオータリー」に掲載された論文や書評の一部。
    テーマは天安門事件のほか、チベットといった民族問題、台湾問題などで、1960年代から今年にかけての論文などが掲載された。

     中国国外からサイトに接続し「天安門」と打ち込んで検索すると50件が該当するが、中国国内からは5件しかヒットしない。
    北京外国語大学の展江教授は米紙ニューヨーク・タイムズに対し、「検閲が学問の領域まで及ぶのは前代未聞。中国人の研究はさらに難しくなる」と話した。

     英メディアによると、接続遮断を要求したのは中国でメディアを監督する国家新聞出版広電総局。
    ケンブリッジ大側は声明で要求の事実を認め、他の出版物が中国国内で利用し続けられるための措置だと説明。
    要求に従わなければ、中国での業務全般に悪影響が出ると警告されたことを示唆した。

     英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)によると、ケンブリッジ大出版局は子ども向け英語教材の販売が好調で、過去5年連続で前年比2桁の成長を遂げているという。
    問題の背景に、拡大を続ける中国市場に対する出版社側の配慮を指摘する声もある。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503240429
    続きを読む

    【米国】バノン首席戦略官 「米中は経済戦争中、このままでは中国が覇権を握るだろう」「北朝鮮は余興にすぎない」

    1 名前:ばーど ★:2017/08/18(金) 20:47:03.68 ID:CAP_USER9.net

    アメリカ・トランプ政権のバノン首席戦略官は、メディアが16日に掲載したインタビューで、「アメリカは中国と経済戦争の最中で、北朝鮮問題は余興にすぎない」と述べた。

    バノン首席戦略官は「アメリカは中国と経済戦争の最中だ。このままでは25年から30年後に中国が覇権を握るだろう」と、貿易不均衡をめぐって持論を展開し、中国に対し強硬姿勢を示した。

    また、北朝鮮問題については「余興にすぎない」とした上で、「軍事的な解決策はない」と、トランプ政権の方針との食い違いを見せた。

    一方、中国外務省の報道官は17日、「貿易戦争に未来はなく、互いの利益にもならない」と述べ、不快感を示した。

    配信2017年8月18日 12:55
    日テレニュース
    http://www.news24.jp/articles/2017/08/18/10370113.html

    関連スレ
    【アメリカ】首席戦略官バノン氏、米中は「経済戦争のただ中」 政権内の対立も認める
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502948410/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503056823
    続きを読む

    【国際】中国国旗を持った台湾人の男、台湾総統府前で憲兵を斬りつける 博物館から盗んだ日本刀で

    1 名前:すらいむ ★:2017/08/18(金) 17:24:30.20 ID:CAP_USER9.net

    台湾総統府前で憲兵を斬りつける、博物館から盗んだ日本刀で

    【8月18日 AFP】台湾・台北(Taipei)の中心部にある総統府の前で18日、中国国旗を持った台湾人の男が日本刀で憲兵を斬りつけた。
     当局が明らかにした。

     警察がAFPに語ったところによると、その場で逮捕された男は自らの政治信条を表明するために犯行に及んだと述べており、また刀は付近の歴史博物館から盗んだという。

     匿名を希望して取材に応じた警官は、男がハンマーで博物館の展示ケースを叩き割り、日本刀を持ち出したと説明。
     「男のバックパックから中国国旗が発見された。男は総統府に行くことで自分の政治的立場を表明したかったと語っている」と話した。

     逮捕された男は現在、取り調べを受けている。
     その一方、首に切り傷を負った憲兵は病院に搬送されたが、容体は安定しているという。

     台湾と中国の関係は、「台湾は一つの中国の一部である」という中国政府の立場に反発する蔡英文(Tsai Ing-wen)総統が昨年就任して以来、悪化している。

    AFPBB News 2017年08月18日 17:16 発信地:台北/台湾
    http://www.afpbb.com/articles/-/3139660


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503044670
    続きを読む

    【卑劣な人体実験】NHK「731部隊」ドキュメントに反響 中国外務省が異例の論評「同部隊の犯した凶悪犯罪を完全に復元」

    1 名前:噴子准将 ★:2017/08/17(木) 20:28:12.79 ID:CAP_USER9.net

    2017/8/17 19:52:J-CAST
    https://www.j-cast.com/2017/08/17306123.html?p=all

    旧満州(中国東北部)で細菌兵器の開発を進めていたとされる旧日本軍の「731部隊」(関東軍防疫給水部)をめぐるNHKのドキュメンタリーが反響を広げている。

    番組では、戦後に731部隊のメンバーを旧ソ連が裁いた軍事裁判の様子を収めたテープを発掘。中国人の囚人に細菌を感染させたり、わざと凍傷を負わせたりする人体実験の様子が語られた。中国外務省は番組について「日本の洞察力のある人々の勇気を賞賛する」と異例の論評をした。

    「ハバロフスク裁判の音声記録」を公開

    番組は「731部隊の真実 ~エリート医学者と人体実験~」と題して8月13日に放送され、17日未明に再放送された。
    番組は、ロシア国立音声記録アーカイブで発掘された1949年の軍事裁判「ハバロフスク裁判」の約22時間にわたる音声記録や、731部隊に「少年兵」として属していた人のインタビュー、京都大学などに残されていた資料などで構成。
    人体実験の実態や、軍からの多額の研究費の見返りに、東大や京大が多くの医師を731部隊に送り込んで人体実験を進めていたことを指摘した。
    中略
    当時の憲兵や衛生兵が、人体実験の様子を次のように証言する音声が流された。
    「中国人、それから満人(満州人)を約50名あまり人体実験に使用しました。砂糖水を作って、砂糖水の中にチフス菌を入れて、そしてそれを強制的に飲ませて細菌に感染をさせて、そしてその人体実験によって亡くなった人は12~13名だと記憶しています」
    「人体実験を自分で見たのは1940年の、確か12月ごろだったと思います。まず、その研究室に入りますと、長い椅子に5名の中国人の囚人が腰をかけております。それで、その中国人の手を見ますと、
    3人は手の指が全部黒くなって落ちておりました。残りの2人は指がやはり黒くなって、ただ骨だけが残っておりました(中略)凍傷実験の結果、こういうことになったということを聞きました」
    中国外務省「一連の史実は動かしがたいものであり、否定できない」

    番組に対して、中国政府は異例の反応を見せた。中国外務省の華春瑩副報道局長は8月15日の定例会見で、記者から番組について
    「日本の731部隊が罪を認める20時間を超える録音を掘り起こし、中国侵略戦争で同部隊の犯した凶悪犯罪を完全に復元した」
    などとコメントを求められ、次のように番組を称賛。歴史問題の「正しい理解と深い反省」を改めて求めた。
    「第2次世界大戦中、日本の侵略軍は中国人に対して極悪の細菌戦を発動し、残酷で非人道的な人体実験を行い、反人類的な極悪犯罪を行った。一連の史実は動かしがたいものであり、否定できない。
    この時期の歴史を正しく認識することでのみ、日本は歴史の重荷を下ろすことができるようになる。我々は歴史の真相を暴く日本の洞察力のある人々の勇気を賞賛する。
    日本側が国内外の正義の声に注意深く耳を傾け、日本軍国主義の侵略の歴史を正しく理解し、深く反省して、中国などアジア被害諸国の国民感情を真剣に尊重することを希望する」
    中国外務省「一連の史実は動かしがたいものであり、否定できない」

    番組に対して、中国政府は異例の反応を見せた。中国外務省の華春瑩副報道局長は8月15日の定例会見で、記者から番組について
    「日本の731部隊が罪を認める20時間を超える録音を掘り起こし、中国侵略戦争で同部隊の犯した凶悪犯罪を完全に復元した」
    などとコメントを求められ、次のように番組を称賛。歴史問題の「正しい理解と深い反省」を改めて求めた。
    「第2次世界大戦中、日本の侵略軍は中国人に対して極悪の細菌戦を発動し、残酷で非人道的な人体実験を行い、反人類的な極悪犯罪を行った。
    一連の史実は動かしがたいものであり、否定できない。この時期の歴史を正しく認識することでのみ、日本は歴史の重荷を下ろすことができるようになる。我々は歴史の真相を暴く日本の洞察力のある人々の勇気を賞賛する。
    日本側が国内外の正義の声に注意深く耳を傾け、日本軍国主義の侵略の歴史を正しく理解し、深く反省して、中国などアジア被害諸国の国民感情を真剣に尊重することを希望する」

    中国共産党の機関紙、人民日報も8月16日付の紙面で、「歴史から学んで初めて未来を獲得できる」と題するコラムを掲載した。コラムでは、番組終了後、日本の視聴者からも
    「本当に恐ろしい。人間がすることとは思えない」
    「これが事実ならば、私たち日本人はこういったことを繰り返してはならない」

    (以下略、全文は配信先で確認を)


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502969292
    続きを読む

    【国際】フランス人パン職人、期限切れ小麦粉使用の疑いで中国で拘束中=有罪になれば最大15年の禁固刑

    1 名前:イセモル ★:2017/08/17(木) 18:38:23.14 ID:CAP_USER9.net

    【8月17日 AFP】中国で、フランス人のパン職人が使用期限切れの小麦粉を使用していた疑いで逮捕され、3月から当局に拘束されたままになっていることが分かった。釈放を求める署名運動を開始した家族が16日、明らかにした。

    ローラン・フォルタン(Laurent Fortin)さん(48)は、フランス人事業家が経営するベーカリーチェーン「ファリーヌ(Farine)」の上海(Shanghai)店に昨年末から勤務していたが、保健当局による強制捜査で店と倉庫から期限切れの小麦粉が見つかったとして、中国人店員6人と共に逮捕されたという。

    経営者のフランク・ペコル(Franck Pecol)氏は当時、中国国内におらず、現在はフランスにいるとみられる。

    フォルタンさんの家族は、署名サイト「チェンジ・ドット・オーグ(Change.org)」で「ローランの即時解放とフランス政府の介入を求める」請願を開始した。AFPの取材に応じた兄弟のダビッド(David Fortin)さんによれば、逮捕された直後のフォルタンさんはベッドも椅子もない厳しい環境で身柄を拘束されていたという。

    有罪になれば最大15年の禁錮刑が言い渡される恐れがある。ローランさんの母親は、仏紙パリ・ノルマンディー(Paris Normandie)に「あの子は会社の従業員の一人でしかないのに」と訴えている。


    *****
    引用ここまで。全文は下記よりお願いします
    http://www.afpbb.com/articles/-/3139512?act=all


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502962703
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box