社会

    【社会】中国人が日本の医療にタダ乗り!制度の盲点を突く…1円も払わないケースも 日本人患者にしわ寄せ

    1 名前:(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/05/24(水) 18:33:21.11 ID:CAP_USER9.net

    中国人による“爆買い”が一段落付く一方で、昨今、日本で検診や病気の治療を行う「医療ツーリズム」が活気づいている。
    しかし、制度の盲点を突き、日本の医療制度に“タダ乗り”している中国人も急増しているという。そ
    の実態を取材した(ダイヤモンド・オンライン副編集長 田島靖久)

    「中国からの患者が押し寄せ、とにかく大変。言葉が通じず、
    しかも『はるばる来たのだから先に見ろ』などとわがままを言う人も多く、日本人の患者にしわ寄せが及んでいる。
    しかし、日本人へのしわ寄せはそれだけではない…」

    こう語る医師が所属するがん専門の大手病院には、ここ数年、中国人のがん患者が大挙して訪れている。
    中国では承認されていないクスリの投与を望む患者や、最先端の治療を受けたいという患者が多いためだ。

    中国でも、がんは死因の上位を占める国民病。
    中国の研究チームが米国がん協会発行の学術誌に発表した報告書によれば、
    2009~11年に収集された全人口の6.5%にあたるデータに基づいて推計した結果、
    中国全土における浸潤性がんの2015年の新規診断例は429万2000例に上るとみられている。

    つまり、がんの新規診断は毎日1万2000例近くに上り、7500人が日々命を落としている計算だ。
    それだけの病気となった中国のがん患者たちにとって、日本の医療レベルは高く信頼性も高いため、
    検診や治療を望む人たちが殺到しているというわけだ。

    ところが、である。こうした中国人たちの中に、“招かれざる客”が多数紛れているというのだ。

    先の医師は匿名を条件に語る。
    「がんの治療費、なかでも最先端治療の費用は高く、中国人でも超富裕層しか受けられないはず。
    しかし、ここ数年、そうでもない一般の患者が急増している」

    経営・管理ビザで入国し健保に加入して「3割負担」

    たとえば、悪性黒色腫と非小細胞肺がん、腎細胞がんなどに適応する薬として承認された「オプジーボ」。
    病状やステージなどにもよるが、薬代だけで1日当たり3万9099円はかかる。
    年間で見てみると、体重40キログラムの人の場合約1144万円、60キログラムの人で約1792万円かかる計算だ。
    そのライバル薬としてMSDが発売、悪性黒色腫と非小細胞肺がんなどに適応するとして承認された「キイトルーダ」でも、
    年間1427万円はかかるとされている。しかも、あくまでこれらの薬は症状を悪化させない意味合いが強く、
    長期間にわたって投与する必要があるのだから、その費用はかなりの金額に上る。
     
    もちろん、がんの種類や症状によって治療法や薬は異なり、
    すべての患者がこれだけの費用を負担しているわけではないが、いずれにしても治療費は高額だ。
    では、こうした費用を、なぜ一般の中国人が負担することができるのか。そこにはあるカラクリがある。

    中国でがんと診断され、2ヵ月前に夫と一緒に来日、がんの専門病院で治療を受けている40代の女性は明かす。
    「渡航費、滞在費、治療にかかる費用など、合わせて300万円程度でいいと業者に誘われ、日本にやってきた」

    関係者によれば、この女性が日本で治療を受けた場合、実際にかかる費用は一般的に見て1000万円程度だとみられる。
    それが3分の1程度の負担に収まっているのは、来日する際の「ビザ」に理由があるのだ。

    通常、日本で病気を治療する際には、「医療滞在ビザ」で入国する。しかし、この女性の場合、「経営・管理ビザ」で入国していた。


    この関係者によれば、「がんや肝炎など高額治療の患者を集めて斡旋、ツアーを組む業者までわんさかいる。
    もちろん、日本の行政書士などとグルになってやっている」という。
    入国制度の盲点を突き、中国人が日本の健康保険を使って高額ながん治療を行っているというわけで、前出の医師が語るように「日本人にしわ寄せが及んでいる」形だ。

    生活保護を受給し1円も払わないケースも

    続きはソース先で
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170524-00129137-diamond-bus_all


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495618401
    続きを読む

    【社会】煎餅に金属片、女児けが 亀田製菓公表せず

    1 名前:たんぽぽ ★:2017/05/24(水) 11:36:39.67 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00000019-khks-soci
    河北新報 5/24(水) 11:33配信

     亀田製菓(新潟市)の煎餅を食べた大崎市の小学2年の女児(7)が、混入していた金属片で口の中を切るけがをしていたことが23日、分かった。金属片は機械の洗浄に使う金ブラシの一部という。同社は女児側に謝罪したが、被害は拡大しないと判断し、商品全体の回収や公表を見送った。

     金属片が混入していたのは同社の「ソフトサラダ」。女児が4月3日に仙台市の友人方で出された煎餅を食べたところ、針金状の金属片が歯茎に刺さった。母親は直後に同社の相談窓口に連絡。社員が同日、謝罪に訪れ、商品と金属片を回収した。

     同社によると、回収した商品は水原工場(新潟県阿賀野市)の製造。金属片は長さ12.3ミリ、太さ0.3ミリで、給水配管内の異物を取り除く「ストレーナー」という部品を洗浄する金ブラシの一部だった。今後はストレーナーの洗浄をやめ、交換するという。

     女児の父親(41)は取材に「小さい子が飲み込んだら大変だ。他にも混入の可能性があり、非公表の判断はおかしい」と話した。

     同社の広報担当者は「けがをした女児と家族には大変申し訳ない。被害の報告が他にはなく、公表を見送った。品質管理の向上に努めたい」と説明した。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495593399
    続きを読む

    【社会】「ウィッス!5万円ちょーだい!」江戸川区でチャラ男3人衆が朝からカツアゲ

    1 名前:記憶たどり。 ★:2017/05/24(水) 12:31:42.77 ID:CAP_USER9.net

    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20299.html

    今月21日早朝、東京・江戸川区で登校途中の女子生徒が、自動車で接近してきた
    三人組の男から呼び止められ、「5万円ちょーだい」などと脅されたとして110番通報があった。

    警視庁小松川警察署によると、21日午前5時半ごろ、江戸川区松島3丁目の路上で、
    部活動で早朝登校していた女子生徒が、前から近づいてきた白いセダンに道路脇に幅寄せられ、
    身動きできなくなったところ、「ウィッスー!5万円ちょーだい」などと囃し立てられた。

    恐ろしくなった女生徒は、そんな大金は持っていないなどと言いながら、急いでその場から
    逃れたという。警察が東京都の迷惑防止条例などの容疑で男たちの行方を追っている。

    3人組は、金色のエンブレムがついた白のセダンに乗っていて、いずれも20代前半に見えた。
    運転席から声をかけた男は髪が短く、サイドをツーブロックに刈り上げていたという。

    現場は、JR「新小岩駅」近くの住宅街。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495596702
    続きを読む

    【社会保障】かかりつけ医以外の受診 「抑制へ定額負担を」 諮問会議

    1 名前:ばーど ★:2017/05/24(水) 09:34:32.66 ID:CAP_USER9.net

    政府は23日、経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)を開き、社会保障改革を議論した。民間議員は、費用対効果をもとに、
    医薬品の価格を決める新組織の設立や、かかりつけ医以外をランダムに受診した場合の定額負担の導入を提言した。

    代替のない高額医薬品ほど自己負担を減らす仕組みの検討も求めた。受診や薬の利用にメリハリをつけて医療費を抑える。

    塩崎恭久厚生労働相は、薬価の抑制につながる後発医薬品の普及率を、現在の60%台半ばから2020年9月までに80%に引き上げる方針を表明した。
    従来は「18年度から20年度末までのなるべく早い時期に80%以上にする」としていたが、時期を明確にした。

    民間議員はかかりつけ医の普及に向けて、まず大きな病院を紹介状を持たずに受診した時の定額負担の対象拡大を検討すべきだとした。
    その上で、かかりつけ医以外を受診した場合の定額負担の導入につなげたい考えだ。日本では外来受診時の負担が軽いことが医療費膨張につながっている。

    薬価の算定方法も見直す。民間議員は、費用対効果をふまえて薬価を算定する日本版「医療技術評価機構」の設置を提言した。
    新たな組織は、生存年数や生活の質のほか、再発率の高さなども総合的に勘案して薬の値段を決めることを目指す。

    フランスを例にして、薬の種類によって自己負担割合を変えることも提言した。
    薬の種類で負担割合が変わらないことが、過剰投与につながっているとして、使用や開発にメリハリをつける。

    23日の諮問会議では、6月に閣議決定する経済財政運営の基本方針「骨太の方針」の骨子案も示した。
    働き方改革と人材投資を軸に、成長と分配の好循環を目指す。消費の活性化や経済・財政一体改革の推進を盛り込んだ。

    配信 2017/5/24 1:00
    日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO16770710U7A520C1PP8000/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495586072
    続きを読む

    【トランプ】社会保障費、大幅カット=歳出400兆円削減-トランプ政権初の予算教書

    1 名前:みつを ★:2017/05/24(水) 06:08:01.40 ID:CAP_USER9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3129331?act=all

    【5月24日 時事通信社】トランプ米政権は23日、初めてとなる2018会計年度(17年10月~18年9月)予算教書を議会に提出した。国防費増額やメキシコ国境の壁費用を盛り込み、安全保障を重視する姿勢を鮮明にした。社会保障費の大幅カットで、歳出を今後10年で計3兆5600億ドル(約400兆円)削減し、財政赤字を解消する。

     予算教書は「偉大なアメリカのための新たな基盤」と表題を付け、持続的な経済成長と財政健全化を目指した。3月に公表した裁量的経費(政策経費)の歳出に、社会保障費などを反映させた予算の全体像となる。ただ、試算が楽観的との見方が根強く、トランプ大統領が意気込む政策の実現は難しそうだ。

     社会保障費が膨らみ続けてきたことを踏まえ、メディケイド(低所得者向け公的医療保険)や生活保護の費用を10年間に計8900億ドル削減。医療保険制度改革(オバマケア)の見直しなど、社会的弱者にしわ寄せがいく恐れのある歳出抑制策が多い。

     一方で、18年度の国防関連費を前年比10%増(540億ドル)、公約に掲げたメキシコ国境の壁建設費に16億ドルを提案した。インフラ投資は10年間で2000億ドルを盛り込み、民間分と合わせて計1兆ドルを実現する計画。

     税制改革では、法人税率を15%に下げ、個人所得税率も7区分から10%、25%、35%の3区分に簡素化。減税で実質GDP(国内総生産)伸び率は18年の2.5%から20年末以降3.0%に加速する見通しを示した。(c)時事通信社

    2017/05/24 01:09(米国)


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495573681
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box