社会

    【社会】若者のファッション離れ…百貨店の衣料品部門が不振

    1 名前:シャチ ★:2017/02/20(月) 11:16:18.65 ID:CAP_USER9.net

    衣料品が売れない状況が続いている。低迷の理由として「若い消費者のファッション離れ」が指摘されている。

     日本百貨店協会が発表した2016年の全国百貨店売上高は、15年比2・9%減(既存店ベース)の5兆9780億円だった。
    6兆円を割り込むのは1980年(5兆7225億円)以来36年ぶりである。

     売り上げ構成比で3割を占める衣料品の不振が目立つ。婦人服(6・3%減)、紳士服(5・3%減)、子供服(3・9%減)は共に前年割れ。

     目立ったファッションの流行がなく、低価格のカジュアル衣料の活用したおしゃれが若者に浸透している。

     通販サイトや交流サイトで買い物をする人も増え、百貨店は流行発信源になりにくくなっている。
    現状アパレル業界は売り上げを左右する要素が多く、世相の流行にも大きく影響される分野である。
    年によって全く違う流行へ対応する必要がある業界なので、企業の施策ひとつで売り上げに大きく影響する。

     近年、おしゃれの傾向が大きく変わりつつある。それは「ファストファッション」の台頭が原因である。
    低価格で流行に合わせた商品を量産するファストファッションが、アパレル業界のバランスを大きく変える要因となっている。

     ファストファッションの強みはシンプルゆえにどの年齢層でも着ることができるという点である。
    ユニクロでおなじみのファーストリテイリングには、若い人からお年寄りの方まで幅広い客が来店しており、
    業界で圧倒的な売り上げをみせている。

     アパレルのオンラインショッピングサイト、「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営する「スタートトゥディ」は
    「世界中をかっこよく、世界中に笑顔を」という企業理念のもとに、衣料品不況が叫ばれる中、
    2016年3月期の売上高544億2200万円(前期比32・1%増)の業績を上げている。

     日本のアパレル小売市場規模は約9兆3500億円(繊研新聞推計)と言われている。

     既存企業では長年競争し成功した体験を持つ多くの「業界人」は想定外のライバルの出現や消費者の
    おしゃれ意識の変化に対しての対応が遅く、時代の変化に取り残されていることが、アパレル産業の大きな課題である。

    ニュースイッチ 2/19(日) 16:14配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00010009-newswitch-bus_all


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487556978
    続きを読む

    【社会】運行中のバス内で女が別の乗客に暴行?ネットに動画 北海道

    1 名前:(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/02/20(月) 10:33:51.07 ID:CAP_USER9.net

    JR北海道バス(札幌市)の路線バス運行中に、
    乗客の女が別の乗客に暴行を加えていたとみられることが19日、同社への取材で分かった。

    その様子を撮影した動画がインターネット上に投稿されており、
    北海道警は暴行事件の可能性があるとみて経緯を確認している。

    同社によると、18日午後6時ごろ、札幌市内を運行中、女が怒鳴りながら座っている若い男性に近づき、
    髪を引っ張るなどしたとみられる。
    運転手は営業所に報告した。動画では「ふざけんなよ」などとののしりながら、暴行している。

    手稲署も動画について把握しており、発生場所や日時の特定を進めるとしている。

    http://www.sankei.com/affairs/news/170219/afr1702190022-n1.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487554431
    続きを読む

    【社会】急増する外国人留学生、約4割が「親しい日本人はいない」 地域に溶け込めず…「さびしい」の声も 福岡

    1 名前:(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/02/20(月) 07:45:25.19 ID:CAP_USER9.net

    西日本新聞は、急増する外国人留学生に福岡市内で街頭アンケートをし、ネパールやベトナム人などの留学生34人が回答した。
    アジアの玄関口・福岡に進学や就職の夢を抱いて来た若者たちが、母国よりはるかに物価が高い日本で苦学し、
    生活費や学費を稼ぐために入管難民法の就労制限(週28時間以内)を超えてでもアルバイトに追われている事実や、
    約4割の学生が「親しい日本人はいない」と答えるなど地域に溶け込めていない実態が浮き彫りになった。

    調査は、日本語学校が多い西鉄大橋駅(南区)とJR吉塚駅(博多区)周辺で実施。
    本紙のインターンシップ企画「記者講座」に参加した日本人大学生ら14人が、同世代の留学生に生活上の困り事や必要な支援などを尋ねた。

    回答者の国籍は多い順にネパール、ベトナム、中国、スリランカ、バングラデシュ-だった。

    「日本は礼儀正しく良い国と思って来た。勉強し、就職したいがバイト代だけでは生活費を賄えず、留学生から借金することもある。
    28時間以上働けるルールになるといいが…」(スリランカ人男性27歳)、「アルバイトをし過ぎて体調を崩したが、
    28時間を守っていたら学費を払えない」(ネパール人男性22歳)など、7割を超す学生が就労制限の見直しを求めた。

    「28時間以上働いている。(通帳に記録が残って不法就労が発覚しないよう)手渡しで給料をもらっている。
    怒られたり厳しくされたりしても、もっと働きたい」(ネパール人男性29歳)と明かす学生もいた。

    一方、約2割は就労制限の見直しは不要と回答。
    「稼ぎたいけど、勉強するために日本に来ている」(ネパール人男性25歳)、
    「母国から送金してもらっている」(ネパール人男性23歳)などを理由に挙げた。

    留学生たちは学校とバイト先を往復する日々で、
    親しい日本人がいたとしても「コンビニや弁当工場などアルバイト先の仕事仲間」という回答がほとんど。

    「さびしい。母国に帰りたい」(ネパール人男性21歳)、「日本人の友人をつくりたいけどいない。
    バイト先に日本人従業員はいるが、会話はあまりない」(ネパール人男性25歳)、
    「福岡はネパール人に優しいと聞いて来たが、学校とバイトの往復で忙しい。日本人のサティ(ネパール語で「友人」)がほしい。
    一緒にサッカーがしたい」(ネパール人男性21歳)という声もあった。

    調査をした日本の女子大生の一人は「政府は留学生を30万人にする計画を進める以上、彼らの生活や就職までサポートを
    する必要があるはずだ」と言い、別の一人も「安い労働力として搾取されてないか疑問に思った」と話した。


    【ワードBOX】外国人留学生30万人計画
    「日本を世界に開かれた国とする」ための政府のグローバル戦略の一環で、
    2020年をめどに全大学生数の10%に当たる30万人の留学生受け入れを目指している。
    08年に福田康夫政権(当時)が提唱し、日本への留学の円滑化や受け入れ環境づくりなどを表明。
    ネパールやベトナムなど途上国からの私費留学生が増えており、
    法務省の統計では、外国人留学生は16年6月末現在で全国25万7739人(11年比約1・4倍)、九州7県2万3713人(同約1・2倍)。

    =2017/02/19付 西日本新聞朝刊=
    http://www.nishinippon.co.jp/feature/new_immigration_age/article/309084


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487544325
    続きを読む

    【社会】講演会「“ニュース女子”の真実」開催 辛淑玉さんに公開質問・討論を申し入れ

    1 名前:動物園 ★:2017/02/19(日) 22:51:00.80 ID:CAP_USER9.net

    沖縄タイムス?2/19(日) 19:00配信

     「東京MXテレビ“ニュース女子”の真実」緊急講演会(主催・琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会)が18日、宜野湾市内で開かれ、約200人が参加した。

     講演会には、同会代表の我那覇真子さんや杉田水脈氏(日本の心を大切にする党)、ボギー手登根さん、東村高江に住む依田啓示さんらが登壇。放送倫理・番組向上機構(BPO)に人権侵害を申し立てた「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉(シンスゴ)さんに対し、13日付で公開質問と公開討論の申し入れを行ったと報告した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00084906-okinawat-oki


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487512260
    続きを読む

    【社会】面倒くさい人々=「意識高い系」がわかる4つのキーワード…「スクールカースト」と「土地」にヒントあり

    1 名前:彈 ★:2017/02/19(日) 06:43:50.56 ID:CAP_USER9.net

    「意識高い系」に注目し、執筆は長年の構想であったという著者・古谷経衡さん。
    http://bunshun.jp/mwimgs/a/7/-/img_a7696a019b8ba6443ad3f543cd4583bf171553.jpg


    「意識高い系」という言葉が頻繁に聞かれるようになったが。

    「意識高い系」とは何か

    「意識高い系」とは自意識の怪物である。自らの評価が実力に比して不当に高く、またその姿を他者に見せびらかしたい欲望を持った人々の一群を指す。SNS全盛時代の今、この「見せびらかし」の行為が溢れている。イイ男、できる女アピール。きらびやかな人脈をアピール。社会や政治問題へ関心が高いことのアピール。アピールアピールアピール、そう、「意識高い系」の本質は他者への自己宣伝なのだ。

    なぜこのような「見せびらかし」が横行するのかといえば、それは単なる自慢ではなく他者からの承認に飢えているからだ。ではなぜ「意識高い系」は他者からの承認に飢えるのか。人はだれしも「認められたい」と思うものだが、ことさらその感情が熾烈な彼らの心理とはいったいどこから来るのか。本書はその核心に迫るものだ。

    本当の強者はその優秀さが自明であるがゆえに、他者に承認を求めたりはしない。本当の強者ではなく、それまで承認に乏しかったからこそ、彼らは社会人になって(あるいは大学生以降)、ことさら他者に対して承認を求めるのである。そういう意味で「意識高い系」はエリートになれなかった中途半端な人々である。

    「スクールカースト」と「土地」にヒントあり

    本書の目的は、彼ら「意識高い系」と呼ばれる人々を揶揄したりバカにしたりするものではない。頭脳労働に従事している割合が高く、学歴や社会的地位も「そこそこ」に有している彼らが、燃え狂ったように「他者」に承認を求める、その根本原因はどこにあるのか、を探求していくことに主眼を置いている。そしてその解を、「土地」と「スクールカースト」という二つのキーワードから紐解いていく。この二者は密接不可分であり、そして青春時代の厳然たる「スクールカースト」の宿痾を大人になっても持ち越した存在こそが「意識高い系」の持つ心の歪みの正体である

    「なぜ彼らは『面倒くさい』のか?」がこの本の帯に大きく掲載されている。読者諸兄も、職場や学校やSNS上で「面倒くさい人」つまり「意識高い系」に出会うことがままあるであろう。これまで「意識高い系」は、ネット上でも現実空間でも、批判と嘲笑の対象にされ、その文脈の中で消費されるだけの存在であった。しかし彼らは、生まれ育った「土地」の中で形成される「スクールカースト」で良い思いを出来なかった現代社会における最大の被害者であり、よって彼らを批判と嘲笑の中にだけ落とし込むことは、この問題の解決から最も遠いことと言わなければならない。

    中途半端こそが「意識高い系」である

    かくいう私も、本書で縷々述べる通り暗い青春時代を送った。いやしかし一方で、エリートにもなれず、かといって不良にもなり切れない中途半端な存在であった。この中途半端の存在こそ”意識高い系”であり、であるがゆえに強烈なコンプレックスの炎は、出身地のスクールカースト上位者=「リア充」から離れることに成功した大学生や社会人になって以降、さらに益々燃え上がるのである。その心のメカニズムを分析することは、まさに私自身を内省する心の旅と同期するもので、書いていて筆が折れそうになるほどつらい部分もあった。

    しかし、自己と対面することなく、ひたすら自己の虚飾をひけらかすことで生まれたのが「意識高い系」とするならば、私は私自身の同族の問題として彼らの心の闇を描かなければならないと思ったのである。「意識高い系」とは私にとって他者の問題ではなく、同族の問題でもある。だから彼らの薄暗い陰惨な心の歪みがよくわかるし、と同時に適切な是正も必要であろうと思う。

    黙殺せず、理解すること

    これまで「意識高い系」を批判・揶揄する論考はあったが、その成立を分析するものは少なかった。「意識高い系」を類別しても、そもそもなぜ「意識高い系」が発生するのかの分析はあまりなされてこなかった。本書は彼らの異常ともいえる承認欲求がどこから発生するのか、どのように肥大していくのかを、若者の政治参加、ノマド、愛国女子、キラキラ女子など、世間を騒がせた「事件」とその主役たちの例も出して徹底的に分析を試みている。

    あなたの身の回りにいる「意識高い系」を、「面倒くさい人」と唾棄し、黙殺するのは得策ではない。「意識高い系」が生み出される背景には、戦後日本社会の根本によこたわる「土地」と「スクールカースト」という二つの「拭い難い」構造的格差が存在するからだ。本書が「意識高い系」への理解と共生の一助になれば幸いである。

    http://bunshun.jp/articles/-/1373


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487454230
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box