社会

    【東京・三鷹】早稲田大社会科学部教授(59)が中央道ではねられ死亡 事故で車外に出た直後 トラックの運転手(50を逮捕

    1 名前:みつを ★:2018/01/22(月) 09:13:56.97 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180122/k10011296891000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    1月22日 9時01分
    22日未明、東京・三鷹市の中央自動車道で、事故を起こして高速道路上で停車していた早稲田大学の男性教授が、車の外に出た直後に後ろから走ってきたトラックにはねられて死亡しました。

    22日午前0時10分ごろ、三鷹市新川の中央自動車道の上り線で、中央分離帯に衝突する事故を起こした男性が、事故処理のため車の外に出て左側の車線に立ち入ったところ、後ろから走ってきたトラックにはねられました。

    トラックにはねられた男性は、東京・中野区の早稲田大学社会科学部教授の西原博史さん(59)で、病院に運ばれましたが全身を強く打って死亡しました。

    警視庁はトラックを運転していた会社員の高原充宏容疑者(50)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

    調べに対して、高原容疑者は「右側の車線に停車していた車に気をとられてしまい、男性に気付かずはねてしまった」と供述しているということです。

    西原さんは憲法や教育法学を専門としていて、平成18年に教育基本法の改正案が国会で審議された際には、中央公聴会で改正に反対する意見を述べていました。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516580036
    続きを読む

    【社会】奇怪な呼称問題 「石川五右衛門・元死刑囚」と呼ぶべきか

    1 名前:泥ン ★:2018/01/22(月) 22:13:36.80 ID:CAP_USER9.net

    菊地直子”元信徒”とはこれいかに?
    http://parts.news-postseven.com/picture/2018/01/kikuchi_naoko.jpg


     ニュースのなかで、人の呼称をどうするか。「さん」づけなのか、呼び捨てなのか、身分をあらわす何かをつけるのか。評論家の呉智英氏が、現代の良識に照らし合わせてつけられた、報道のしかたによる奇妙な呼称について考察する。

     * * *

     昨年十二月、気になる報道が続けて二つあった。気になったのは報道された事実ではなく、報道のしかたである。何でもない記述に現代の良識の亀裂が感じられる。

     まず、十二月十九日の朝日新聞夕刊。「犯行時に少年 死刑執行」と見出しして、同日死刑執行された二人のうちの一人、関光彦死刑囚は、事件当時少年だったと報じている。記事の末尾には「おことわり」が付き「死刑が執行されたことを受け、実名での報道に切り替えます」「2004年、事件当時は少年でも、死刑が確定する場合」「実名で報道する方針」にした、とある。「社会復帰の可能性」がなくなったからだという。

     この実名・匿名措置は、記事にもあるように少年法の趣旨に沿ったものだ。少年法への賛否は措くとして、現実に少年法がある以上、これは妥当だろう。私が気になったのは、そこではない。記事中に何度も出てくる「関光彦死刑囚」という「呼称」のことだ。

     通常、名前の下に付く一種の接尾辞は「敬称」と言う。さん、君、殿などだ。役職や肩書でこれに代えることもある。教授、部長、議員などだ。こうした敬称を付けないのは失礼だ、さらには人権侵害だ、という奇怪な風潮が広まり、何でもかんでも敬称を付けるようになった。ついには死刑囚にまで敬称を付けなければならなくなり、だからといって犯罪者を敬う称もおかしいので「呼称」と言う便法が発案された。

     しかし、「関光彦」と呼び捨てにされるのと、「関光彦死刑囚」と呼称を付けられるのと、当人にとってどちらが嫌だろう。まことに不可解な人権尊重である。

     この記事には、関光彦死刑囚以前の例として「永山則夫・元死刑囚」が言及されている。いわゆる「連続射殺魔事件」の犯人で二十一年前に死刑執行されている。しかし、永山が「永山則夫・元死刑囚」なら、幸徳秋水は「幸徳秋水・元死刑囚」ではないのか。高橋お伝は「高橋お伝・元死刑囚」なのか。石川五右衛門は「石川五右衛門・元死刑囚」なのか。人権侵害は処刑後何年経ったら許されるのか。国会で決まったのか。

     と思っていたら、それから旬日を出ずして、十二月二十七日の朝日新聞夕刊に「菊地直子元信徒 無罪確定へ」との記事が出た。

     菊地直子元信徒とは、オウム真理教による爆発事件で爆薬原料を運んだとして殺人未遂幇助などに問われた人物である。これについて、テロに使われるとの認識がなかったとして、無罪判決が出た。

     判決内容への賛否は、ここでもさて措き、「菊地直子元信徒」と言う呼称が奇妙である。さん付けにも抵抗があるし、呼び捨てにもできないし、オウム信徒ではなくなったことを強調してこの呼称にしたのだろう。

     それなら、背教者ユリアヌスは「ユリアヌス元信徒」としなくていいのだろうか。国会ではなく、ローマ法皇庁の見解を尋ねてみたいところである。

    ●くれ・ともふさ/1946年生まれ。日本マンガ学会前会長。著書に『バカにつける薬』『つぎはぎ仏教入門』など多数。

    NEWSポストセブン 2018.01.22 16:00
    http://www.news-postseven.com/archives/20180122_645695.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516626816
    続きを読む

    【社会】2025年の万博誘致、フランスが立候補辞退か...日本は大阪が立候補

    1 名前:ハンバーグタイカレー ★:2018/01/21(日) 15:23:26.12 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180121-00000013-mbsnewsv-soci

     2025年の万博誘致を巡り、大阪の最大のライバルとされるフランス・パリが立候補を取り下げる可能性があることがわかりました。

     現地の新聞によりますと、フランスのエドワール・フィリップ首相は、「2025年の万博立候補を取り下げることを決めた」とする書簡を誘致を進める国の組織の代表に送ったということです。書簡の中で首相はフランスの万博計画に対し、財政上のリスクや民間投資の不足などの問題点を挙げ、「将来に財政負担をかけることは認められない」と指摘しているということです。フランスは2025年の万博にパリ郊外のサクレー地区を候補地にしていて、誘致を目指す大阪にとって最大のライバルとされています。

     立候補を取り下げた場合、残る候補地は日本のほかロシアとアゼルバイジャンの3か国となります。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516515806
    続きを読む

    【社会】評論家の西部邁さん死亡 自殺か 現場に遺書

    1 名前:ハンバーグタイカレー ★:2018/01/21(日) 19:12:31.27 ID:CAP_USER9.net

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20180121/k10011296571000.html

    21日朝、評論家の西部邁さん(78)が、東京都内の多摩川で意識不明の状態で見つかり、搬送先の病院で死亡しました。警視庁は、現場の状況から西部さんが自殺したと見て調べています。

    21日午前6時40分ごろ、東京・大田区田園調布の多摩川で評論家の西部邁さんの長男から、「父親が川に飛び込んだ」と警察に通報が入りました。警察官が川から西部さんを引き上げましたが、意識不明の状態となっていて搬送先の病院で死亡しました。現場には遺書が残されていたということで、警視庁は西部さんが川に飛び込んで自殺したと見て調べています。

    西部さんは北海道出身で、東京大学在学中に日米安全保障条約の改定をめぐる「60年安保闘争」で、学生運動の指導的な役割を担いました。東京大学の教授を辞職したあとは、保守派の論客として辛口の評論で活躍し、民放番組の「朝まで生テレビ」など多くのテレビ番組に出演し、大衆社会への批判を軸にした評論活動を展開しました。

    また、執筆活動にも盛んに取り組み、自伝的エッセーを集めた著書「サンチョ・キホーテの旅」で、平成22年に芸術選奨の文部科学大臣賞に選ばれています。

    保守派の論客として辛口評論で活躍

    西部邁さんは北海道出身で、東京大学在学中に日米安全保障条約の改定をめぐる「60年安保闘争」で、学生運動の指導的な役割を担いました。昭和61年に東京大学教養学部の教授に就任しますが、昭和63年にみずから辞職し、その後、保守派の論客として辛口の評論で活躍します。

    西部さんは民放番組の「朝まで生テレビ」や、みずからの名前がついた「西部邁ゼミナール」など多くのテレビ番組に出演したほか、雑誌や新聞などでも大衆社会への批判を軸にした評論活動を展開しました。

    また、執筆活動にも盛んに取り組み、自伝的エッセーを集めた著書「サンチョ・キホーテの旅」で、平成22年に芸術選奨の文部科学大臣賞に選ばれています。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516529551
    続きを読む

    【社会】Jアラート訓練「中止を」藤沢市民が市に要請「外敵をつくりだし、市民に戦争やむなしとの感情を抱かせることにつながる」

    1 名前:ハンバーグタイカレー ★:2018/01/20(土) 16:45:52.79 ID:CAP_USER9.net

    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6269119

     31日に県内全33市町村で予定されている「全国瞬時警報システム」(Jアラート)発動を想定した国民保護サイレン再生訓練について、藤沢市の市民グループが19日、同市に対して訓練の中止などを求める要請書を提出した。

     提出したのは「藤沢市のJアラート訓練に抗議する藤沢市民の会」(樋浦敬子代表)。「いたずらに恐怖心をあおる放送、合理的に説明できない行動への協力要請。音声再生に加えて避難行動についても協力を求める市の訓練に強く反対する」と中止を求めている。

     Jアラートは緊急情報を市民に伝達するためのシステム。情報には国民保護と自然災害に関する情報の2種類があり、今回は国民保護に関する警報のサイレン音再生を予定するが、放送方法や避難行動訓練実施の有無は各自治体に委ねられている。

     藤沢市は昨年11月に同訓練への参加を決定し、市内の保育園、幼稚園、市立小中学校、防災関連団体など約550施設・団体に対して、訓練周知の文書を配布した。防災行政無線と防災ラジオでサイレン音を放送するとし、「弾道ミサイル落下時の行動についてご協力をお願いします」と避難行動訓練への協力を求めている。

     これに対し、樋浦代表は「訓練の根拠が乏しく、情報も不十分な中で訓練をすれば、市民や子どもたちは混乱する」と指摘。訓練の想定が弾道ミサイル落下に絞られている点についても「外敵をつくりだし、市民に戦争やむなしとの感情を抱かせることにつながる」と強調した。

     市危機管理課は「要請書を精査した上で近日中に文書で回答する」としている。

    https://amd.c.yimg.jp/amd/20180120-00023323-kana-000-1-view.jpg


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1516434352
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box