社会

    【社会】スポーツくじ「BIG」で1等7億7万7千円が3口誕生

    1 名前:(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/11/20(月) 13:04:40.75 ID:CAP_USER9.net

    19日、日本スポーツ振興センターは第971回BIG(ビッグ)の結果を発表。
    臨時特別回として開催された同回で、1等7億7万7千円が3口誕生したことを発表した。

    日本スポーツ振興センターによると、第971回BIGは約19億1000万円の売上を記録。
    「今後も多くのお客様にくじを楽しんでいただけるような商品や販売方法等の工夫により売上向上を目指し、
    その収益による効率的・効果的な助成を実施することで、
    日本のスポーツ振興に貢献してまいります」とコメントしている。

    次回第972回に向けて、約1億4000万円のキャリーオーバーが発生している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00671023-soccerk-socc


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511150680
    続きを読む

    【社会】「愛称だけで岡山空港とわかる」が条件 岡山県が空港の愛称募集 来年3月開港30周年…採用者には3万円の

    1 名前:きびだんご@ハンバーグタイカレー ★:2017/11/19(日) 20:21:20.93 ID:CAP_USER9.net

    http://www.sankei.com/smp/west/news/171119/wst1711190029-s1.html
     外国人旅行者の利用などが順調に伸びている岡山空港(岡山市北区)について、岡山県などは、来年3月に開港30周年を迎えるのに合わせ、より親しみが感じられる愛称を募集している。12月22日まで。

     愛称のみで岡山空港だとわかることが条件。県内外問わず、だれでも応募できるが、1人1回のみ。自作で未発表に限られる。

     同空港は、昭和63年3月11日に開港。現在国内3路線(東京、沖縄、札幌線)と国際4路線(ソウル、上海、香港、台北線)が就航。利用者数は平成18年の約160万人がピークで、以降、減少傾向に。

     昨年度は、香港と台北線が就航したことなどから、8年ぶりに140万人を超え、前年度より約6万人多い144万人だった。

     県航空企画推進課は「30周年を機に、国内外に改めて認知してもらい、さらに親しんでもらえるような愛称をつけてほしい」と呼びかけている。

     応募は、岡山空港30周年ホームページか県庁と同空港にある専用はがきで。

     同空港愛称選定委員会が選定し、来年3月10日に開催される記念式典で発表される。採用者1人には3万円分の旅行券が贈られる。同名複数応募の場合は抽選になる。問い合わせは同空港30周年事務局

    http://www.sankei.com/images/news/171119/wst1711190029-p1.jpg



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511090480
    続きを読む

    【社会】「ジジイ死ねよ!」店内で老人を蹴った女の子 取り押さえると、真相が明らかに

    1 名前:らむちゃん ★:2017/11/19(日) 16:39:20.09 ID:CAP_USER9.net

    grape2017年11月18日 12時21分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13912207/

    先日、スーパーで買い物をしていた、主婦のゆうたろう(@yuutaro02)さん。

    店の中を歩いていたところ、驚くべき光景を目にしました。

    「ジジイ死ねよ!!」

    そう叫びながら、近くにいた女の子が、おじいさんに回し蹴りをしたというのです。

    蹴りを食らい、その場に倒れるおじいさん。騒ぎを聞き、3人の店員が駆け付けました。男性店員が女の子を床に抑え込み、女性店員はおじいさんを助け起こしたそうです。

    きっと多くの人が「突然、女の子か老人に暴力をふるった」と思うであろう、この状況。

    しかし、近くにいたゆたろうさんはすべて見ていたのです。おじいさんが、女の子のお尻を触っていたところを。
    http://news.livedoor.com/article/image_detail/13912207/?img_id=15570795

    女の子が取り押さえられたのを見て、ちょうどその瞬間に通りすがったゆうたろうさんは、急ぎ店員に「この人がお尻を触っていたのを見ました」と説明。

    ゆうたろうさんの証言によって真相を知った店員たちは、誤って取り押さえてしまったことについて、女の子に何度も謝っていたといいます。

    また、警察が来た時も「俺が抑えたから、もしどこか痛かったら傷害にしてください」と女の子に告げていたそうです。

    投稿に対し、「自分の身を守ろうとした女の子は立派だ」「当然の報いですね」「証言したあなたの勇気も素晴らしい!」といったコメントが寄せられています。

    (全文は配信先で読んでください)


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511077160
    続きを読む

    【社会】腹割かれたサケ無残 記録的な不漁背景に北海道のイクラ大量盗難 正月の食卓直撃か

    1 名前:ハンバーグタイカレー ★:2017/11/17(金) 15:43:24.78 ID:CAP_USER9.net

    http://www.sankei.com/smp/premium/news/171117/prm1711170005-s1.html
     孵化(ふか)場などのサケの腹を割き、筋子やイクラとして高値が付く卵だけを盗む事件が、北海道で相次いでいる。秋サケの数が記録的に減り、イクラの価格が高騰していることが背景にある。イクラの供給量の減少も心配だが、正月の食卓やすしネタ、弁当にも欠かせないサケがあまりにも無残。誰がこんなむごいことをしているのだろうか-。

    北海道岩内(いわない)町で盗難が起きたのは、10月24日のことだ。遡上(そじょう)してきたサケの雄雌の選別作業のために孵化(ふか)場にいた職員が、魚道そばの草むらに大量のサケが遺棄されているのを見つけた。

     腹は割かれ、卵が抜き取られていた。その数、179匹(雌173匹、雄6匹)で、被害額は魚卵にして計87キロ(約69万円相当=発生当時の価格)にのぼった。

     「資源として育て、放流しているものを盗むなんて…」。岩内町の岩内さけますふ化場で、岩内郡漁協総務課の小倉辰徳係長は大きなため息をついた。

      玄人の仕業か

     背景には、秋サケの漁獲量が過去約30年で最低を記録し、市場価格が上昇していることがある。

     函館市大船町の孵化施設でも10月25日朝、職員がいけすの近くの川にサケ96匹が捨てられているのを見つけた。持ち去られた卵は77キロ(約61万円相当)に上る。いずれも、職員不在の間に何者かが侵入したとみられる。

     上ノ国町の上ノ国(かみのくに)孵化場では10月27日、雌ザケ18匹と雄ザケ6匹が盗まれていた。6カ所ある蓄養池のうち、サケがいた一つの池の水が抜かれ、池を監視するカメラ1台が壊されていた。卵だけで被害額は17~18キロ分(12万~13万円相当)に上るという。

     岩内町の盗難より前にも、八雲(やくも)町で10月9日、遊楽部川の捕獲場でサケ25匹の卵20キロ分(約16万円相当)が盗まれていたことが分かっている。

     どの事件も、職員の不在時を狙って犯行が起きている。

     記者が訪れた岩内孵化場は、一般道から数百メートル離れた場所にあり、案内板もない。地元の人ですら、「そんなところに孵化場があったの」という所だ。

     案内をしてくれた漁協の小倉さんによると、「取材に来た記者が、『もうすぐ着く』と連絡してきてから迷って1時間かかったこともあった」という。

     職員が毎日、魚道が詰まらないように見回りするが、選別作業時を除いて職員は不在。事件後、夜間照明を新たに設置し、建物や池を常時、照らすようにした。車が入る道には門と障害物を設け、道警にもパトロールの強化を要請した。

     岩内孵化場の犯行は、夜間に漁道に忍び込み、網ですくい上げるか、かぎなどで引っかけて上げたとみられる。雄も遡上する中で、雌を狙う必要があるが、雄雌は顔つきで選別することから、「素人の犯行ではない」とみられている。実際、岩内孵化場では雌が“効率よく”捕獲されている。

    続きはURL先で

    腹を割けられた鮭
    http://www.sankei.com/images/news/171117/prm1711170005-p4.jpg

    イクラの卸売価格
    http://www.sankei.com/images/news/171117/prm1711170005-p2.jpg

    被害状況
    http://www.sankei.com/images/news/171117/prm1711170005-p1.jpg



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510901004
    続きを読む

    【社会】ガソリンスタンドで前の客が忘れた釣銭を盗んだ県職員を懲戒免職。過去にも酒気帯び運転等で2回の懲戒処分。和歌山県

    1 名前:記憶たどり。 ★:2017/11/17(金) 09:48:18.38 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171117-00000511-san-soci

    和歌山県は16日、セルフ式ガソリンスタンド(GS)で前の客が取り忘れた釣り銭を
    盗んだとして窃盗容疑で湯浅署に逮捕された人事課の男性副主査(34)を15日付で
    懲戒免職処分にしたと発表した。男性は過去に2回も懲戒処分を受けており、
    「本当に情けない。迷惑をかけ、申し訳ない」と話しているという。

    県監察査察課によると、男性は、9月2日午後0時半ごろ、湯浅町湯浅のGSで釣り銭の
    取り出し口に残っていた現金8千円を盗み、10月30日に湯浅署が窃盗容疑で逮捕。
    同署は翌日釈放して任意で捜査を進め、11月10日に同容疑で和歌山地検に書類送検した。

    男性は21年に道交法違反(酒気帯び運転)容疑で県警に摘発され、停職6カ月の懲戒処分。
    さらに、インターネット上のフェイスブックに「和歌山県の水は危ない。浄水器が必要」と
    書き込んだり、会員登録をしていた浄水器販売会社の製品を宣伝して報酬を受け取ったりした
    として、26年に再び停職3カ月の懲戒処分を受けていた。

    同課は「県民の信頼を著しく失墜する行為。職員は自身の行動が与える影響を認識してほしい」
    とコメントした。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510879698
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box