沖縄

    【オール沖縄】翁長知事の後継候補「意外な名前も挙がってる。ズバリ鳩山元首相です」本土ではルーピー扱いでも沖縄では人気

    1 名前:おでん ★:2018/08/12(日) 20:41:48.45 ID:CAP_USER9.net

    「オール沖縄」にとって、絶対に負けられない戦いだ。後継は誰になるのか。
     沖縄県の翁長知事がすい臓がんで8日に急逝し、11月に予定されていた知事選が前倒し。9月23日投開票になりそうだ。

     自民党は、佐喜真淳宜野湾市長を擁立する方針を固めているが、翁長氏は自分が2期目も出馬するつもりで、
    後継者を指名しないまま亡くなってしまった。県政与党は急いで翁長氏の後任候補を決めなければならない。
    13日の告別式後に人選を本格化させるという。

     謝花喜一郎副知事や糸数慶子参院議員らの名前が挙がる中、本命とみられるのが城間幹子那覇市長だ。
    「もともと那覇市長だった翁長氏が後継に擁立したのが城間氏で、翁長県政の後継者として正当性がある。
    10月21日の那覇市長選で2期目を狙う予定でしたが、辞職すれば知事選とのダブルになり、相乗効果が得られそうです。
    弔い選挙という意味で、翁長樹子夫人を推す声もあります」(沖縄県政関係者)

    ■鳩山由紀夫元首相の名前も

    「オール沖縄」が革新から保守まで幅広い支持を集めたのは、自民党県連会長も務めた翁長氏であればこそだった。
    後継者も、この枠組みを維持できるかが焦点。もちろん、辺野古の新基地建設阻止など翁長氏の遺志を引き継ぐことが最低条件だ。

    「後継候補には意外な名前も挙がっている。ズバリ鳩山由紀夫元首相です。本土ではルーピー扱いでも、
    初めて『基地を県外に』と言ってくれた首相だったため、沖縄では人気があるのです。

    国政引退後も沖縄と基地問題に取り組み、翁長知事とも親交が厚かった。9日夜は1人で弔問に訪れていました。
    自民党の保守本流の系譜だから『オール沖縄』にぴったりです。
    また、“超大穴”として、自由党の山本太郎共同代表に打診してはどうかという意見もあるようですが、
    こちらは沖縄の保守が乗れないでしょうね」(地元メディア記者)

    沖縄出身歌手の安室奈美恵もHPで
    「沖縄の事を考え、沖縄の為に尽くしてこられた翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ、
    これからも多くの人に愛される沖縄であることを願っております」と追悼コメントを発表。
    県庁や合同庁舎に設置された追悼記帳所にも多くの人が訪れるなど、
    地元では知事選で「オール沖縄」を支えるムードが高まっている。あとは後継候補次第だ。

    https://news.nifty.com/article/domestic/government/12136-070897/

    関連スレ
    【北京で講演】鳩山氏が安倍総理を痛烈批判「世界から失笑を…」「右手で握手しながら左手でげんこつを握れば真の友情は生まれない」★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1534057514/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534074108
    続きを読む

    【哀悼の意】死去した翁長知事 安倍首相「沖縄の発展に尽くされた貢献に敬意を表したい」

    1 名前:おでん ★:2018/08/09(木) 15:53:37.69 ID:CAP_USER9.net

     安倍晋三首相は9日、長崎市で記者会見し、8日に死去した沖縄県の翁長雄志知事について
    「沖縄の発展に尽くされた貢献に敬意を表したい」と述べ、哀悼の意を表明した。
    その上で、沖縄県の基地負担軽減と経済振興に全力を挙げる方針を強調した。

    これに先立ち、菅義偉官房長官も会見で「突然の訃報に大変驚いており、謹んでお悔やみ申し上げたい」と述べた。
    米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設に関しては、
    「日米同盟の抑止力の維持、普天間飛行場の危険除去を考えたときに唯一の解決策ということに変わりない」と強調。

    政府が17日に予定している移設埋め立て海域への土砂投入については具体的な言及を避けた。
     翁長氏は普天間飛行場の県内移設に強く反対し、安倍政権と対立してきた。
    沖縄県は、埋め立て承認の撤回に向けた手続きとして、防衛省沖縄防衛局から弁明を聞く「聴聞」を9日午後に行う予定だ。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080900552&g=pol


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1533797617
    続きを読む

    【中国メディア】沖縄県知事、翁長雄志氏が死去 中国でも速報で報道 「安倍政権に立ち向かった地方のトップ」と紹介

    1 名前:ばーど ★:2018/08/09(木) 08:54:40.31 ID:CAP_USER9.net

    ※たまたまスレです

    沖縄県知事の翁長雄志氏の死去が、中国でも衝撃をもって伝えられた
    ある中国メディアは「安倍政権に立ち向かった地方のトップ」と紹介
    別の記事では福建省福州市から「栄誉市民」の称号を贈られたことにも触れた

    2018年8月8日、沖縄県知事の翁長雄志氏が死去したことが、中国でも衝撃をもって伝えられた。

    翁長氏はすい臓がんのため、入院先の病院で亡くなったという。67歳だった。中国メディアの環球網は沖縄タイムスの報道を引用する形で訃報を伝え、翁長氏について「安倍政権に立ち向かった地方のトップ」と紹介した。また、別の記事では翁長知事が中国福建省福州市から「栄誉市民」の称号を贈られていたことにも触れている。

    中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では「ご冥福を」「どうぞ安らかに」といったコメント共に、哀悼を表すロウソクの絵文字が投稿されている。(翻訳・編集/北田)

    2018年8月8日 21時20分
    Record China
    http://news.livedoor.com/article/detail/15132173/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1533772480
    続きを読む

    【沖縄】翁長知事死去 来月沖縄知事選へ、辺野古再び争点

    1 名前:ばーど ★:2018/08/09(木) 08:16:06.48 ID:CAP_USER9.net

    ※たまたまスレです

    八日死去した沖縄県の翁長雄志知事は、名護市辺野古(へのこ)での新基地建設を巡り、安倍政権と対立を続けてきた。翁長氏は四年前の知事就任後、新基地反対を求める沖縄のリーダーを務めてきたが、道半ばで死去。安倍政権は今後も工事を進める構えで、九月に前倒しされる見通しの知事選はこの問題が再び争点となる。

    政府高官は八日夜、翁長氏死去に伴う知事選をにらみ、今月中旬にも計画する辺野古沿岸部への土砂投入などの工事日程に関し「いろいろ考えなければいけない」と語った。

    翁長氏は就任以来、自らの権限を行使して新基地建設を止めようとし、政権側は既成事実化を狙った。

    安倍晋三首相は二〇一二年十二月に政権に復帰。約二年後の一四年十一月に、新基地建設反対を公約に掲げた翁長氏が初当選した。翁長氏は一五年十月に、前知事の埋め立て承認を取り消した。安倍政権が埋め立ての本体工事を始めたのは、その直後だった。同年十一月からは、双方が工事阻止と続行を目指し、訴訟を繰り広げた。

    一六年十二月に承認取り消しを巡り県の敗訴が確定すると、政権側は工事を加速。一七年四月に埋め立て予定地の護岸工事に着手した。県は工事差し止めを求めて再提訴。今年三月に訴えが却下されるまでの間も、政権側は護岸工事を進めた。翁長氏は先月二十七日に、埋め立て承認撤回に向け、手続きを始める意向を示した。

    六月二十三日に開かれた沖縄全戦没者追悼式。がんの手術から退院した翁長氏は、演壇から首相を見詰め「民意を顧みず、工事が進められている」と語りかけた。だが、代わって登壇した首相は、基地負担軽減への「決意」を語りながらも、新基地建設には触れなかった。翁長氏は先月二十七日の記者会見で「今後もあらゆる手法を駆使し、新基地は造らせない」と訴えたが、それから十日あまりの八日、公約実現への思いを県民に託したまま他界した。 (篠ケ瀬祐司)

    2018年8月9日 朝刊
    東京新聞
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201808/CK2018080902000163.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1533770166
    続きを読む

    【沖縄県知事選】翁長氏死去、「弔い合戦」の色合いが濃くなる可能性 知事選へ与野党動き加速

    1 名前:餡子先生 ★:2018/08/08(水) 21:29:19.08 ID:CAP_USER9.net

     翁長氏の死去を受けて、中央政界でも哀悼の意を示す声が相次いだ。自民党の細田博之元幹事長は記者団に「急なことですが、ご冥福をお祈りします。お悔やみを申し上げます」。

    共産党の小池晃書記局長は「翁長知事は命がけで、辺野古に新基地を作らせないということをやってこられた。その遺志を受け継いで戦い抜くことで、翁長氏の無念の思いに応えたい」と朝日新聞の取材に語った。

     沖縄県知事選はもともと翁長氏の任期満了に伴い11月18日に行われる予定だったが、死去に伴い前倒しされる。与野党は選挙に向けた動きを加速させる。

     政府・与党側は佐喜真(さきま)淳(あつし)宜野湾市長を擁立する方針で、自民党はすでに選挙対策本部職員を沖縄入りさせている。
    党関係者は「現地の態勢を整えるスピードをアップさせる」と語った。

    ただ、知事選は移設計画に反対の旗振り役だった翁長氏の「弔い合戦」の色合いが濃くなる可能性があり、官邸幹部は「無党派層の票の流れが読めない」と語り、行方は不透明だとみる。

    2018年8月8日20時59分:朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL886KSNL88UTFK00R.html?iref=sptop_8_02


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1533731359
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box