沖縄

    「逮捕した4人の国籍はいずれも韓国だ」 警察庁官房審議官 沖縄における米軍基地反対運動について国会で発言

    1 名前:腐乱死体の場合 ★:2017/03/22(水) 00:58:53.37 ID:CAP_USER9.net

    「逮捕者のうち4人は韓国籍」と警察庁 沖縄の米軍基地反対運動

    産経新聞 3/22(水) 0:24配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170322-00000502-san-soci

     警察庁の白川靖浩官房審議官は21日の参院沖縄北方特別委員会で、
    沖縄県での米軍基地反対運動に関連して平成27年以降に沖縄県警が威力業務妨害などの容疑で41人を逮捕し、
    このうち4人が韓国籍だったと明らかにした。「逮捕した4人の国籍はいずれも韓国だ」と述べた。自民党の山田宏氏の質問に答えた。

     米軍基地反対運動をめぐっては、東村などの米軍北部訓練場や名護市辺野古の
    米軍キャンプ・シュワブ周辺での抗議活動参加者による威力業務妨害事件が相次いで発生している。

     9日の参院内閣委員会では、警察庁の松本光弘警備局長が
    「反対運動を行っている者の一部には極左暴力集団も確認されていると承知している」と指摘し、
    反対運動に過激派が関与している実態を明らかにしていた。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490111933
    続きを読む

    【社会】「働きたいけどすぐには無理」…沖縄・引きこもり相談「40代以上」33%

    1 名前:nita ★:2017/03/21(火) 11:12:45.74 ID:CAP_USER9.net

     昨年10月に開所した県の「ひきこもり専門支援センター」に、1月末までに相談が寄せられた引きこもり当事者98人のうち、40代以上が32人で、全体の3分の1を占めることが分かった。引きこもり期間が長引き40~50代になると、高齢の親も病気や介護の対象になり、子を支えられなくなる「共倒れ」が懸念され、全国的に深刻な状況が報告されている。同センターは「沖縄でも高年齢化が進んでいる恐れがある」とし、今後の推移を注視する。(社会部・島袋晋作)

     同センターは昨年10月4日、南風原町の県立総合精神保健福祉センター(宮川治所長)内で業務を開始。1月末までの約4カ月間に家族や本人、関係機関などから電話や来所などで延べ387件の相談があった。

     家族からは主に「どう対応すればいいか」「働いてほしい」「将来への不安」などの相談があり、本人からは「引きこもりから脱却したい」「働きたいけどすぐには無理」「将来への不安」などの声があった。

     引きこもり当事者98人を年代別にみると、30代が最多の25人。次いで40代、10代がそれぞれ19人だった。「40代以上」は32人に上り、全体の約33%を占めた。

     性別は男性が67人で全体の約7割。引きこもり歴を把握できた66人のうち、「1年以上5年未満」が最多の29人だった。「5年以上」の長期引きこもりは28人で、「5~10年未満」5人、「10~15年未満」13人、「15~20年未満」6人、「20年以上」4人だった。

     引きこもり期間が長引き40~50代になっても、親の年金などで暮らせる場合もあるが、親が病気や介護の対象となったり、亡くなったりすると生活が成り立たなくなる恐れがある。

     引きこもりは、期間が長引くほど社会参加が難しくなるとされ、同センターは「早めに気軽に相談してほしい」と呼び掛けている。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    2017年3月21日 07:53
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/89424
    http://www.okinawatimes.co.jp/mwimgs/e/1/-/img_e1c839e29220db9292fecfe6c7631817400743.jpg



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490062365
    続きを読む

    【沖縄】脅迫され島外へ避難、常勤医が不在に 北大東島の診療所

    1 名前:のっぺらー ★:2017/03/18(土) 17:17:44.74 ID:CAP_USER9.net

    沖縄県北大東村(人口約600人)の県立北大東診療所の常勤医師が
    2月上旬から1カ月以上、不在となっていることが17日までに分かった。
    常勤の女性医師が村内で男に脅迫される事件が起き、村外へ避難したのが理由。

    診療所は現在、本島の県立病院からの代診派遣でやりくりしているが、県病院事業局の伊江朝次局長は
    「やる気のある医師がこんな形で島を離れざるを得なかったことを、もっと重く受け止めてほしい」と村に要望する。
    村は役場や駐在所と連携した医師の安全確保策などに取り組むとし、常勤配置を求めている。

    那覇署によると事件は2月7日夜に発生。
    男が酒気帯び状態で運転する車が対向車線に進入し、医師の乗る車と正面衝突した。
    男は「通報したらどうなるか分かるよな」などと医師を脅し、後に脅迫の疑いで逮捕された。
    「示談にしたかった」と供述したが、医師は事件翌日に村外へ避難し、その後に離任が決定した。

    現在は県立南部医療センター・こども医療センターや中部病院の医師らが数日ずつ代診を務めている。
    航空機の手配や医師確保が間に合わない日があり、患者の経過を継続して診られないなどの影響も出ている。

    病院事業局は事件後、村が村民に対し、常勤医師不在の理由について十分な情報を提供せず、危機感が薄いことなどを指摘。
    後任を4月から配置する方向で調整中だが「赴任後の安全が担保できなければ、延期もあり得る」とする。

    宮城光正村長は
    「事件は診療時間外の発生。県警が捜査していることもあり、村としても対応が難しい面があった」と説明する。

    事業局には「島の医療を守る連絡会議(仮称)」を立ち上げて医師住宅への防犯カメラ設置を含めた安全確保策を講じ、
    村議会で飲酒運転撲滅決議を提案することなどを提示。

    村長は
    「関係機関との調整が必要な部分もある。
     常勤医師がいてこそ住民の安心が得られるので、県や地域と連携しながら再発防止に取り組みたい」と語った。

    以下ソース:沖縄タイムス 2017年3月18日 16:50
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/89168


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489825064
    続きを読む

    【沖縄】未成年に小麦粉販売自粛 「メリケン粉投げ、卒業しよう」 沖縄 那覇

    1 名前:環境破壊ちゃんφ ★:2017/03/10(金) 10:31:04.33 ID:CAP_USER9.net

    メリケン粉投げ、卒業しよう 未成年者に販売自粛も 那覇
    琉球新報 3/10(金) 8:30配信

    11日は沖縄県内の公立中学校の卒業式。県内の中学校では、30年以上前から、
    卒業式に小麦粉などを投げて大騒ぎする「メリケン粉投げ」が見られる。那覇市内では、
    中学校区周辺の店舗が未成年への小麦粉販売を自粛するなどして、
    地域ぐるみで“悪しき伝統”の抑止に努める。

    メリケン粉投げは、卒業生が後輩などから強制的に集めた資金で大量の小麦粉を購入し、
    卒業式でばらまいて祝う行為。30年以上前から県内の各中学校単位で行われてきた。

    那覇市内のスーパーでは店舗の入り口や小麦粉売り場に「中学校の卒業式まで
    未成年者への小麦粉販売を自粛します」との貼り紙が貼られた。
    周辺の中学校からの依頼に基づき、3月上旬から貼られている。
    スーパーの責任者は「食べ物を粗末にしてほしくない」と話した。

    琉球新報社

    http://ryukyushimpo.jp/archives/002/201703/14999124edc989695afef7750a91fec5.jpg

    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-458257.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489109464
    続きを読む

    午前10時 ノーヘル 酒気帯び 女子中学生 逮捕 沖縄

    1 名前:水星虫 ★:2017/03/05(日) 21:44:18.40 ID:CAP_USER9.net

    酒気帯びか中学3年女子を逮捕

    http://www.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5094465271.html?t=1488717596000
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    5日午前、那覇市で中学3年の女子生徒が酒を飲んでオートバイを運転したとして、
    酒気帯び運転の疑いで逮捕されました。

    逮捕されたのは本島南部の中学校に通う15歳の中学3年の女子生徒です。
    警察によりますと、この女子生徒は5日午前10時ごろ、那覇市若狭の路上で
    酒を飲んでオートバイを運転したとして、酒気帯び運転の疑いがもたれています。

    「ヘルメットをつけずに走っている」との通報を受けて、警察がオートバイを運転していた
    女子生徒を調べたところ、息から基準を超えるアルコールが検出され、
    その場で逮捕したということです。

    調べに対して女子生徒は、ほとんど何も話していないということで、警察が詳しいいきさつを調べています。

    03月05日 18時48分


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1488717858
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box