沖縄

    【沖縄】伊良部大橋から転落して死亡した男性(32、プロポーズ成功直後だった…宮古島市

    1 名前:かばほ~るφ ★:2017/09/04(月) 16:31:50.36 ID:CAP_USER9.net

    プロポーズ成功直後…男性が橋から転落死
    2017年9月4日 15:12

    4日未明、沖縄県宮古島市の伊良部大橋で男性が誤って海に転落し、死亡した。
    男性は橋の上で交際中の女性にプロポーズした直後だった。

    警察によると、4日午前0時ごろ、沖縄県の宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋の中央付近から、
    市内に住む介護士の32歳の男性が約30メートル下の海に転落した。
    海上保安部のダイバーらが海中を捜索し、7時間後、深さ約18メートルの海底に沈んでいた
    男性を発見して引き揚げたが、死亡が確認された。

    男性は3日夜、橋の上に車を止め、同僚の女性にプロポーズして、承諾の返事をもらった後、
    ふざけて橋の欄干を乗り越えて外側の縁に立ち、足を滑らせたという。また男性は酒を飲んだ後だったという。

    2015年に開通した伊良部大橋は、全長3540メートルの無料で渡れる橋としては国内最長で、
    観光スポットとしても人気を集めている。

    日テレNEWS24
    http://www.news24.jp/articles/2017/09/04/07371604.html
    http://www.news24.jp/images/photo/2017/09/04/20170904-151720-1-0006_l.jpg



    関連スレ
    【沖縄】伊良部大橋から男性(32)が転落 
    高さは約30メートル ふざけて橋の欄干超え足滑らせたか? 宮古島市
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1504475670/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504510310
    続きを読む

    【沖縄】「もう雨乞いしか…」 干ばつ続く沖縄の島 いなご被害も発生

    1 名前:ばーど ★:2017/09/01(金) 17:30:22.96 ID:CAP_USER9.net

     まとまった雨よ降ってくれ-。7月から続く少雨と高温で、沖縄県伊江村は約2カ月間、干ばつ状態が続いている。農作物への影響も深刻で、特にサトウキビは大きな打撃を受けている。村は31日、関係者を集めた緊急会議を開催。畑などに水をまくかん水を強化することを確認したが、関係者は「このままだと神頼み(雨乞い)しかない」と頭を抱える。

     ■過去に80日の干ばつ

     伊江村は、1日40ミリ以上の雨を「まとまった雨」としている。村の調べでは、7月1日から8月31日までの62日間で、40ミリを超えた日は一度もなく、10ミリ以上の日も5回しかない。干ばつにより、いなご被害も発生している。

     村は、7月中旬からかん水車を出すなど対策をとってきた。31日の会議でも「70日間が大きな勝負」と、9月上旬に集中的なかん水と農家への啓発を強化していくという。

     JAおきなわ伊江支店の内間和宏支店長によると、村では2013年にも80日間の干ばつがあった。「今まで70、80日ぐらいには雨が降っている。何とかしのげば」と話すものの、「どこまで耐えられるか。降らなければ神頼みしかない」と表情は浮かない。

     ■サトウキビ収穫減

     同村農林水産課の金城成(なする)さん(34)は、今の状態では収穫量が1千トンほど減少すると試算。「サトウキビは島のなくてはならない作物。これまではお手上げだったが、今は地下ダムもあり、ため池の水もある」と村を挙げた取り組みに期待する。

     サトウキビ生産組合の知念和幸組合長(60)は「かん水だけでは厳しい。雨が降らないと仕事が前に進まない」と頭を悩ませる。雨が降らないと植え付けもできないとし、「ぽつぽつ雨は降るがこれだけではどうしようもない。いつまで続くのか」と恵みの雨を望んだ。

    干ばつで茶色く変色したサトウキビ畑に放水する作業員=31日、伊江村
    http://oki.ismcdn.jp/mwimgs/1/2/-/img_1232b36a4dc8a8917576843bb0c6da1447007.jpg


    配信2017年9月1日 09:33
    沖縄タイムス
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/136080


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504254622
    続きを読む

    【沖縄】女性教諭が小1児童に暴言「脳みそ使えよ」 石垣市内の小学校

    1 名前:のっぺらー ★:2017/08/24(木) 09:28:19.58 ID:CAP_USER9.net

    沖縄県石垣市内の小学校で1年生担任の女性教諭が
    「赤ちゃん」「脳みそ使えよ」などと複数の児童に暴言を発していたことが23日、分かった。
    教室でけがをしたという児童からは「先生に無理やり引きずられた」などと体罰を疑わせるような証言もあり、
    一部保護者が法務局に訴える動きもある。

    校長は取材に対し暴言の事実は認め、
    「子どもたちの尊厳を傷つけ、恐怖心を与える言葉。児童や保護者の苦しみを考えると大変申し訳ない」と謝罪した。
    24日に保護者説明会を開く。

    市教委によると6月末、
    保護者から給食時間内に完食できなかった児童が教室外に立たされて食べさせられたと相談があったほか、
    7月以降も電話や手紙で「子どもが担任のことで悩んでいる」などとの訴えが複数寄せられていた。

    暴言は、学校に行きたがらない児童がいるのを不審に思った保護者が
    ボイスレコーダーで教室内のやりとりを録音したことで発覚。
    トイレに行きたいと申し出た児童に「漏れる? じゃあ漏らすー? …幼稚園生!」などと
    強い口調で責める声も記録されている。

    市教委の担当者は
    「入学したばかりの1年生はまだ発達段階で、畏縮させるような言葉は不適切。
     全小中学校で発達段階に即した丁寧な指導対応をするよう呼び掛けたい」と話した。

    以下ソース:沖縄タイムス 2017年8月24日 05:00
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/132021


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503534499
    続きを読む

    【SAPIO】沖縄が日本から独立する可能性は十分にありえる

    1 名前:ニライカナイφ ★:2017/08/12(土) 09:05:35.75 ID:CAP_USER9.net

    1990年代は、生々しい戦争の記憶を持つ世代がまだ多く存命していた。
    だからこそ、唯一の陸上戦を強いられた沖縄の苦しみにも思いが至り、本土もそれに向き合えた最後の時代だった。
    思想史研究家の片山杜秀氏と、元外交官・作家の佐藤優氏が、1990年代を振り返りながら、沖縄の問題に向き合った。

    片山:終戦から50年が過ぎた1995年9月、沖縄米兵少女暴行事件(※1)で、戦後の日米関係のひずみが浮き彫りになりました。

    【※1/1995年9月4日、米兵3人が12歳の女子小学生を拉致、暴行した事件。
    沖縄県警に身柄引き渡しを求められた米軍は日米地位協定を理由に拒否した】

    当時はまだ本土の人たちは、防衛の最前線として大きな犠牲を強いた沖縄に対する負い目を共有していた。
    終戦時20歳だった人は70歳。30歳なら80歳。生々しい記憶が刻まれていました。
    しかし、その後は急激に世代交代が進む。記憶がどんどん薄らいで今日に至っているように感じます。

    佐藤:沖縄と本土の関係の変化は、昨年4月に起きた米軍の軍属による強姦殺人事件(※2)を振り返ると分かりやすい。
    1995年の暴行事件とは、本土での世論のハネ方がまったく違った。
    強姦殺人という凶悪事件なのに本土の反応はとても冷ややかでした。

    【※2/2016年4月28日、うるま市で20歳の女性が元米海兵隊員で軍属の男に殺害された。5月19日、殺人や強姦致死などの罪で男を逮捕】

    片山:それだけ本土と沖縄の距離は離れてしまったと言えますね。

    しかしそんな状況で、沖縄を繋ぎ止めようと今上天皇は沖縄と向き合い続けてきました。

    佐藤:私は今上天皇と皇后が琉歌を詠んでいることに注目しているんです。

    琉歌の基本形は、本土の短歌や俳句の定型である五七調や新体の七五調とは違う八・八・八・六。
    今上天皇はリズムが異なる琉歌を一生懸命に学び、沖縄について必死に勉強している。
    そうしないと沖縄が理解できない。

    片山:言語学者の服部四郎は日本語を本土の日本語と南方の日本語に分けていたと思います。

    後者は琉球語でしょう。
    方言ではなく同系の対等な日本語同士なのですね。
    つまり対等の兄弟と見なくてはいけない。

    ところが明治以後、本土は沖縄を帝国主義的に植民地のように扱った。
    単に辺境の遅れた地域と見ていた。
    しかし、やがて南方進出が叫ばれ、「大東亜共栄圏」のイメージへと発展する過程で、沖縄は地政学的な重要拠点と位置づけられ直していった。
    そのクライマックスが沖縄戦です。
    この歴史を記憶していれば今のように本土は振る舞えないでしょう。
    ひたすらひずみを引き受けさせてきた不遇の兄か弟が沖縄なのですから。
    でも、歴史は忘却される一方のようで。

    佐藤:基地を巡る状況も大きく変わっています。

    安倍政権は辺野古の海に土砂を投入すれば、沖縄は抵抗を諦めると考えている。
    一方の沖縄では、いまは我慢して100年後に基地を壊して原状回復してやるというくらいの気持ちで抵抗を続けている。
    沖縄出身の芥川賞作家・大城立裕さんが「辺野古遠望」という小説で、抵抗することは我慢することなんだ、と書いている。
    そんな思いが沖縄の人たちに内在する分離独立気運につながっています。

    片山:しかし安倍政権にその連鎖は見えていない。短期的な結果を求めるから中長期的な視野が持てない。

    佐藤:そうなんです。

    今後、沖縄が日本から独立する可能性は十分にありえるでしょう。
    私は平成という時代がそのプロセスになると見ているんです。

    http://www.news-postseven.com/archives/20170811_601538.html?PAGE=1#container


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502496335
    続きを読む

    【沖縄】中国人観光客は料金10倍 レンタル業者が看板、批判で撤去 中国人観光客はマナーが悪い、数年間我慢してきた…と業者

    1 名前:trick ★:2017/08/03(木) 09:12:17.89 ID:CAP_USER9.net

    中国人観光客は料金10倍 レンタル業者が看板、批判で撤去 (琉球新報) - Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170803-00000009-ryu-oki
    8/3(木) 7:30配信

     沖縄県宮古島市のビーチで、レジャー用品の貸し出し業者がパラソルセットの料金を中国人は10倍高くするとの看板を設置していたことが2日、分かった。看板を見た人から市に「差別ではないか」などと苦情が寄せられていた。業者は取材に対し「中国人観光客が1人用の椅子に5人座り、壊れたことがある。単に椅子が壊れるから貸したくないだけ。差別ではない」と話した。その上で「今後は対応を考える」として看板を撤去した。


     日本人向けの看板にはレンタル料金は2千円と記されている。一方、撤去された看板には「中国人のみ2万円」と書かれていた。

     業者は14年前から店を営業している。看板は7月中旬から設置した。業者は「中国人観光客はマナーが悪い。数年間我慢してきたが、今年は貸したくないから値段を10倍にした」と話した。

     海浜は海岸法に基づき、県が管理している。市内各地の海浜ではマリンレジャー業者の出店が相次ぎ、市にはトラブルが多数報告されている。このため市は県に対し営業の許可制度を設けることを要請。県は海浜の管理を市へ移管する方針だ。

     宮古島観光協会は「観光産業が伸びつつある中、こういった看板があると観光地としてのイメージが悪くなる。県と市は速やかに協議し条例を作って、管理をきちんとしてほしい」と話した。

     沖縄人権協会は「沖縄全体で観光誘客に取り組む中、非常に残念な対応だ。人権問題以前におもてなしの心に欠ける。地域でマナーを学ぶ機会を設けるのも手だ」とコメントした。

     北海道小樽市では2002年に、入浴施設で外国人を理由に入浴を拒否されたのは人種差別撤廃条約違反だとして、道内在住の外国人らが入浴施設を運営する会社と小樽市に損害賠償を求める訴訟があった。札幌地裁は会社側に300万円の支払いを命じる判決を出した事例がある。

    琉球新報社


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501719137
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box