朝鮮

    【押し付け合い】北朝鮮使用エンジンは「ロシア向け」 ウクライナ発表…ロシアは反論

    1 名前:和三盆 ★:2017/08/16(水) 06:42:40.15 ID:CAP_USER9.net

    【8月16日 AFP】ウクライナ国立宇宙機関(SSAU)は15日、北朝鮮のミサイル開発で使用されたとみられるエンジンについて、ウクライナの工場で製造されたものだったと認めた上で、その目的はロシアに供給する宇宙ロケットへの搭載のみだったと発表した。


     英シンクタンク「国際戦略研究所(IISS)」は14日に発表した報告書で、北朝鮮がこのところ長距離ミサイルの開発で急速な進歩を遂げた理由は、旧ソ連構成国のウクライナの工場で製造された「RD250(RD-250)」ロケットエンジンを改良して使用したことにあるとみられると指摘していた。

     同研究所によると、これらのエンジンはロシアまたはウクライナの兵器庫の従業員が不正に密売し、犯罪組織によって北朝鮮に密輸された可能性があり、その時期は1991年のソ連崩壊と現在のウクライナ危機の間だったとみられる。

     SSAUのユーリー・ラドチェンコ(Yuriy Radchenko)会長代行は記者会見で、RD250エンジンは2001年までウクライナのユジマシ(Yuzhmash)で製造され、ロシアに供給されたロケット「ツィクロン2(Cyclone-2)」と「ツィクロン3(Cyclone-3)」に搭載されていたと説明。

     問題のエンジンとロケットはいずれも「ロシア向けにユジマシで製造された」もので、ロケットの総数は233機に上り、宇宙への打ち上げに使用されたという。

     同氏はウクライナ側が把握している情報として、ロシアは現在ツィクロンロケットを7~20機所有しており、同国はRD250エンジンとその設計図を「誰にでも意のままに供給できる」と指摘。さらに、同エンジンの使用に必要なロケット燃料の製造技術を所有しているのは、ロシアと中国だけだとの見解を示した。

     これに対しロシアのドミトリー・ロゴジン(Dmitry Rogozin)副首相は、北朝鮮が同型のエンジンを模造するには、ウクライナの専門家の支援や、エンジンやその設計図の不正入手が不可欠だとの見方を示している。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3139304
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/8/d/-/img_8d783de3095221fb038b7d2b0559486c218834.jpg



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502833360
    続きを読む

    【敗戦記念日】国民意識も変わってきた。中国、北朝鮮を敵視する排外主義が横行し、ネットや雑誌では「反日」「売国奴」などの罵詈雑言

    1 名前:和三盆 ★:2017/08/15(火) 18:59:40.93 ID:CAP_USER9.net

    2017年8月15日 07:10
    長い戦争がようやく終わりを告げ、平穏な暮らしが戻ってきた。人々が平和の尊さを実感したのは、戦時下の生活の制約から解放され、日常を取り戻した時であった。

     作家の永井荷風は終戦の日から3日後、日記にこう書いている。「朝おも湯を啜(すす)り昼と夕とには粥に野菜を煮込みたるものを口にするのみ。されど今は空襲警報をきかざる事を以て最大の幸福となす」(『断腸亭日乗』)

     戦後、生活雑誌「暮しの手帖」を創刊した花森安治は著書『一戔五厘の旗』で「夜になると 電灯のスイッチをひねる」「ねるときには ねまきに着かえて眠る」「戦争のないことは すばらしかった」とつづった。

     きょう8月15日は終戦の日。72年という戦後の歳月は日本の社会を大きく変えた。戦後生まれの人が2014年に総人口の8割を初めて超えた。身を以て戦争のリアルさを語ることのできる人が周りからいなくなっていく。

     戦争体験者が急速に減っていく中で、「平和」や「民主主義」という言葉が戦後初期に持っていたインパクトや喚起力を失いつつあるのではないか。

     「ねるときには ねまきに着かえて眠る」ような当たり前のことに幸福感を覚えるのは、それができなかった戦争の時代を生きていたからだ。

     それだけではない。戦後72年たって、戦争ができる社会への編成替えが急速に進み、戦争を起こさせない社会的な力が弱まっているのである。

    ■    ■

     政府与党は、数の力に物を言わせ、特定秘密保護法、安全保障関連法、「共謀罪」法を強行的に成立させた。いずれも日本の社会の在り方を根本的に変える法制である。

     米朝が戦端を開いた場合には日本は集団的自衛権を行使するため自動的に戦争に巻き込まれる可能性が高い。

     国民意識も変わってきた。中国、北朝鮮を敵視する排外主義が横行し、ネットや雑誌では「反日」「売国奴」などの罵詈(ばり)雑言が飛び交う。国民の分断が進み、ささくれだった空気が漂っている。

     「平和」「民主主義」「人権」という言葉を聞いただけで、アレルギー反応を起こし、忌避するような動きが広がりつつあるのも気掛かりだ。

     国会は肥大化する行政権に対し、チェックする役割を果たしているとはいえない。三権分立が機能不全に陥ると、戦争を止める力が弱まる。

    続きはURL先でどうぞ
    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/128080


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502791180
    続きを読む

    【北朝鮮】北の核、米に容認論も…「抑止力で対応可能」

    1 名前:孤高の旅人 ★:2017/08/15(火) 14:05:12.39 ID:CAP_USER9.net

    北の核、米に容認論も…「抑止力で対応可能」
    2017年08月15日 09時27分
    http://www.yomiuri.co.jp/world/20170815-OYT1T50038.html

     【ワシントン=小川聡】核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への対応をめぐり、米国内で、北朝鮮の核兵器保有を容認するかどうかの議論が盛んになってきた。

     軍事措置も排除しない厳しい姿勢で核保有を阻止したいトランプ政権に対し、現実のものとなりつつある北朝鮮の核保有を容認しつつ、抑止力でその使用を防ぐことに期待する声が上がっている。
     「歴史的に見て、我々は北朝鮮の核兵器に耐えることができる。冷戦期に数千に及ぶソ連の核兵器という、より大きな脅威に耐えたように」
     「核なき世界」を唱えていたオバマ前政権で国家安全保障担当大統領補佐官を務めたスーザン・ライス氏は、ニューヨーク・タイムズ紙への寄稿でこう訴えた。北朝鮮の核保有はやむを得ないとの立場だ。ライス氏はそのうえで、「米国や同盟国に対する核兵器の使用は、北朝鮮の崩壊につながると明確にしておくことにより、伝統的な抑止力をあてにすることができる」と主張した。
    (ここまで399文字 / 残り578文字)


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502773512
    続きを読む

    【北朝鮮】北朝鮮がグアムへのミサイル発射計画を中止、米紙報道

    1 名前:ばーど ★:2017/08/15(火) 09:59:51.96 ID:CAP_USER9.net

    2017 年 8 月 15 日 09:13 JST 更新

    【ソウル】北朝鮮の国営メディアは15日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が米領グアムへのミサイル攻撃を見合わせると決めたと報じた。ただ、「米国が極めて危険で無謀な行為を続けるならば」、金氏は考えを変える可能性があるとくぎを刺した。

    先週は、北朝鮮とドナルド・トランプ米大統領との間で脅迫の応酬が見られたことで米朝間の緊張が高まっていたが、今回の報道を受け緊張は和らぐ可能性がある。


    ウォールストリートジャーナル
    http://jp.wsj.com/articles/SB12459435050661554049504583331003779198738

    他ソース
    トレイダース・ウェブ
    http://www.traderswebfx.jp/news/default.aspx?newscode=623025&dispmode=list&page=1


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502758791
    続きを読む

    【韓国国防相】「北朝鮮 ミサイル発射の可能性低い」 米韓軍のハイレベル対話

    1 名前:ばーど ★:2017/08/14(月) 18:51:26.94 ID:CAP_USER9.net

    北朝鮮がグアム島周辺に向けて弾道ミサイルを発射する計画を検討していると発表していることについて、韓国のソン・ヨンム(宋永武)国防相は、実際に発射に踏み切る可能性は非常に低いとアメリカとともに見ていることを明らかにしましたが、その根拠への言及は避けました。

    韓国のソン・ヨンム国防相は14日、韓国の国会で開かれた国防委員会に出席しました。

    ソン国防相は、北朝鮮がグアム島周辺に向けて弾道ミサイルを発射する計画を検討していると発表していることについて、北朝鮮が保有する弾道ミサイルの射程から技術的には可能だという見方を示しました。しかし北朝鮮が実際に発射に踏み切るかどうかをただした議員の質問に対しては「可能性は非常に低い」と述べました。

    ただ、そのように見ている根拠については「米韓の軍のハイレベル対話でそのような話をしている」とだけ述べ、詳しい言及は避けました。

    また韓国国防省は14日、今月21日から韓国で始まるアメリカとの合同軍事演習を契機に北朝鮮の核・ミサイルへの対応訓練を強化するとともに、アメリカの最新の迎撃ミサイルシステム、THAADについて、残る4基を急ぎ年内に配備することを明らかにし、米韓の軍事的な連携を強化する姿勢を示しました。

    配信 8月14日 18時41分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170814/k10011099631000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502704286
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box