朝鮮

    【正男】北朝鮮国籍容疑者4人公表=マレーシア警察―金正男氏事件

    1 名前:豆次郎 ★:2017/02/19(日) 17:03:18.86 ID:CAP_USER9.net

     マレーシア警察は19日、金正男氏暗殺事件で、北朝鮮国籍の容疑者4人を公表し、行方を追っていることを明らかにした。

     4人は事件当日、マレーシアを出国したという。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170219-00000049-jij-asia


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487491398
    続きを読む

    【正男】主犯格とみられる北朝鮮籍の男を逮捕。「『いたずら動画』に参加して欲しい」と呼びかける

    1 名前:記憶たどり。 ★:2017/02/18(土) 07:48:57.25 ID:CAP_USER9.net

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170218-00000014-jij-asia

    北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が
    マレーシアで暗殺された事件で、マレーシア警察当局は17日夜、
    北朝鮮の旅券を持つ男(47)をクアラルンプール市内で新たに逮捕した。

    警察は男の身元などを特定するとともに、暗殺を主導した主犯格の
    可能性があるとみて捜査を進めている。マレーシアの中国語紙が
    一斉に伝えた。

    警察は、実行犯として逮捕した女2人と、4人の男が事件に関与したと
    みて行方を追ってきており、残る3人の身柄確保を急ぐ。暗殺事件で
    逮捕者は4人目。

    中国報(電子版)によると、男は以前からマレーシアにたびたび入国していた。
    星洲日報(同)によれば、警察当局は17日、事件に関与したとみられる
    4人の男を特定、全国の警察に指名手配し、写真を配布した。同紙
    は4人の写真を掲載した。

    一方、中国報は、工作員とみられる「謎の男」が、勧誘活動を約3カ月前から
    行い、暗殺の準備を進めていたと報じた。

    ベトナム旅券を持った女、ドアン・ティ・フォン容疑者(28)は約3カ月前、
    マレーシアでこの男と知り合った。男は女の信頼を得ようと、彼女の
    故郷であるベトナムや韓国に一緒に出掛けた。その後、男4人と女を
    引き合わせた。男とインドネシア人の女、シティ・アイシャ容疑者(25)は
    1カ月ほど前に知り合った。

    容疑者同士が知り合いになったのは最近で、男が「いたずら動画」の撮影に
    参加してほしいと依頼した時だという。アイシャ容疑者は参加費として
    100ドル(約1万1200円)をもらったとされる。

    女2人は13日、クアラルンプール国際空港にいた金正男氏を急襲、
    死に至らせた。ただ中国報によれば、2人は特務工作員ではなく、金正男氏の
    暗殺を画策した組織に雇われ、「殺人に利用された」とみられる。 


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487371737
    続きを読む

    【外交】安倍首相「絶対に口外できない話ばかりだった」極秘交渉…議題は中国、北朝鮮、韓国、米中電話会談

    1 名前:みやび ★:2017/02/16(木) 18:03:23.73 ID:CAP_USER9.net

    「経済・通商問題の軋轢をできるだけ回避し、トランプ氏との個人的信頼関係を構築する」
     安倍首相はこうした明確な目標を立ててワシントンに乗り込み、所期の目的をほぼ達成した。

    今回の首脳会談だが、日程上、不可思議な点がある。肝心の首脳会談が40分しか設定されておらず、
    すぐに共同記者会見が行われ、共同声明も発表された。主要部分が、初日の開始から1時間半程度で終了したのだ。

     実は、本当に重要な「真の首脳会談」はフロリダでひそかに設定されていたことが、関係者取材で明らかになった。

     ゴルフ中は、他のメンバーもいたため難しい話は出なかったが、
    「別荘からゴルフ場」「ゴルフ場から別のゴルフ場」「さらにゴルフ場から別荘」と3度にわたる移動は、
    トランプ氏の専用車に安倍首相と通訳だけが同乗した。

     関係者の話を総合すると、トランプ氏は車中でも経済の話は持ち出さず、もっぱら世界情勢について集中して議論したという。
    議題の中心は、中国、北朝鮮、韓国といった東アジア情勢だった。

     トランプ氏は、安倍首相との首脳会談前日、中国の習近平国家主席と、米中首脳電話会談を行った。

    トランプ氏は東・南シナ海や、サイバー、為替操作といった問題について、習氏の発言を開示しながら、安倍首相に見解を求めたとみられる。

     確かに、当初は一緒にゴルフをするはずだった夫人の日程が変更になり、両首脳の「2人きりの時間」については、異例の厳戒態勢が敷かれたのである。
     安倍首相は車中での会談について、「絶対に口外できない話ばかりだった」と周囲に漏らしている。

    この車中会談こそが、今回の「真の首脳会談」だったと指摘されるゆえんである。山口敬之

    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170215/plt1702151130004-n2.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170215/plt1702151130004-n3.htm

    関連スレ
    対日貿易赤字・北方領土交渉に「米理解」と安倍首相 在日米軍駐留経費については「(首脳会談で)全く言及がなかった」
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1486992139/
    安倍首相「中国への対応は今世紀最大のテーマだとトランプ氏に伝えた」
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1487213157/
    安倍首相「日米首脳会談について、関心を寄せる複数の国から私に会談のオファーがある」
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1487151123/
    安倍首相「他国が2人はあの場で何を話したのだろうと思う。これは外交的に資産となる」
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1487129381/

    トランプ大統領「米軍を受け入れてくださり、日本に感謝している」
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1486790913/
    北朝鮮ミサイル発射 安倍首相「断じて容認できない」トランプ大統領「アメリカは日本と100%ともにあります」
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1486882141/
    アメリカの核による日本防衛や尖閣諸島が日米安保条約の適用対象であると、初めて日米首脳会談の文書に明記
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1486981032/
    安倍首相「オバマ氏の時は口頭で言及したが、声明には入らなかった。今後はいちいち再確認する必要がなくなった」尖閣防衛義務
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1487044855/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487235803
    続きを読む

    【国際】まもなく米軍の特殊部隊が北朝鮮に攻め込むとの情報

    1 名前:野良ハムスター ★:2017/02/15(水) 13:20:24.10 ID:CAP_USER9.net

    正男暗殺、ミサイル威嚇に倍返し トランプが始める3月“血の報復”

    “晴れ舞台”への挑発を、トランプ大統領は絶対に許さない。北朝鮮が日米首脳会談に合わせて新型の戦略弾道ミサイル「北極星2号」を発射。さらに金正恩の異母兄にあたる金正男が暗殺された。完全に狂った暴走をエスカレートさせている金正恩に米国はどうでるのか。まもなく米軍の特殊部隊が北朝鮮に攻め込むという情報が流れている。

    北極星2号は朝鮮半島北西部から日本海に向けて発射された。このミサイルが日米韓への脅威になっているのには理由がある。従来の液体燃料ではなく、固体燃料を使った新型だからだ。軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏が言う。

    「これまでの液体燃料エンジンはミサイルを格納庫から移動させ、1時間ほどかけて燃料を入れて撃つ方式で、発射までに時間がかかりました。その間に米軍は軍事衛星や偵察機で捕捉し、攻撃もできます。ところが固体燃料エンジンはあらかじめミサイルに燃料を入れて移動し、発射ボタンを押すだけ。10~20分で発射できるのです。米軍が空から破壊できない可能性が高まりました」

    「北極星2号」の飛行距離は500キロだったが、新型中距離ミサイル「ムスダン」(射程2500~4000キロ)を改良したものとみられている。米国の準州であるグアムも射程に入る計算だ。

    黒井氏によると、北朝鮮ではミサイル開発チームが複数存在し、互いに成果を競い合っている。そのため目覚ましいスピードで技術が進歩し、近い将来、ワシントンなど米国の東海岸全域を射程に収める高精度のICBM(大陸間弾道ミサイル)が完成する可能性もあるという。発射時間が短縮されたうえに、長足の進歩であることが日米韓の脅威となっているのだ。

    ■マンガのような「先制攻撃論」が現実に

    こうした状況の中、「金正恩の首が危うくなってきた」と言うのは、拓殖大客員研究員で元韓国国防省北朝鮮情報分析官の高永喆氏だ。

    「オバマ政権は北が挑発しても我慢して無視してきましたが、トランプ大統領はそうはいかない。なにしろ周囲は共和党のタカ派ばかりですからね。私は数日前、韓国の情報筋から、この3月に米軍が北に攻撃を仕掛けるとの情報を得ました。核や通常兵器による空爆ではなく、デルタフォースのような特殊部隊が金正恩の首を取る作戦というのです。北を庇護している中国も黙認するという。正恩の首さえ取れば北は心理的に参ってしまい、ミサイルで反撃できないでしょう。今回のミサイル実験で特殊部隊出動の確実性が一気に高まりました」

    もし特殊作戦が発令されなくても正恩の命運が尽きる可能性は高い。

    「米韓は2年前から北が核ミサイルを準備するのを前提に演習を展開しています。以前は38度線での戦闘を想定していましたが、いまは北の核基地を空爆する作戦。同時に特殊部隊の破壊工作によって核ミサイルを無力化します。これまでマンガのように語られていた北への先制攻撃がトランプ政権誕生で現実となってきた。トランプが“俺が本気を出せば北朝鮮をつぶせる”と息巻き、大統領補佐官のマイケル・フリンがOKを出せば、すぐに出撃するでしょう」(黒井文太郎氏)

    今月16日は亡き父、金正日の誕生日。北朝鮮はまたミサイルをぶっ放すとみられているが、こうした状況下で正恩にその度胸があるのか。けだし見ものである。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/199509/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487132424
    続きを読む

    【国際】「金正男氏、北朝鮮に暗殺された」 韓国テレビが報道 マレーシアで女2人に毒針を刺された

    1 名前:野良ハムスター ★:2017/02/14(火) 20:18:45.04 ID:CAP_USER9.net

    北朝鮮の金正恩党委員長の異母兄弟である金正男氏が暗殺されたと、韓国の全国紙・朝鮮日報系のケーブルテレビ・TV朝鮮が14日、複数の韓国政府関係者の話として「金正男氏がマレーシアで北朝鮮によって毒殺されたと見られる」と報じた。

    同テレビによると、金正男氏は13日の午前9時に、クアラルンプール空港から2人の女性に毒針を刺されて殺されたという。女性2人は、犯行直後タクシーに乗って逃走したとのこと。

    また、金正男氏が毒殺されたという情報は、韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行(首相)にも報告されたとのことだ。

    http://dailynk.jp/archives/83233


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1487071125
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box