鬼畜

    【社会】慶大生集団レイプ事件 流出した鬼畜ハメ撮り映像一部始終

    1 名前:砂漠のマスカレード ★:2016/11/04(金) 16:17:19.40 ID:CAP_USER9.net

    慶応大学の広告学研究会(以下・広研)の男子学生らによる“集団レイプ事件”が波紋を呼んでいる。
    その内容はあまりに鬼畜で、信じられないことに集団陵辱シーンをスマホで撮影し、実況中継もしていたというのだ。
    「問題の動画は広研メンバーのほか、広研OB、マスコミ取材者も見た者がいる。
    こういった動画はネット上にアップされ、拡散するのが常だが、現時点では未確認。
    ただし、事件に関わったとされるメンバーの顔と名前はすでに出回っている」(夕刊紙記者)

    そもそも、この事件発覚につながったのは10月4日に発表された「ミス慶応コンテスト」の中止だった。
    「『ミス慶応』と言えば、元フジの中野美奈子、元TBSの青木裕子、テレ朝の竹内由恵アナ、日テレの鈴江奈々アナなど、過去に人気女子アナを輩出し“女子アナの登竜門”とされる有名イベント。
    社会に衝撃が走ったのはもちろん、毎年イベントを注目している女子アナマニアや、女子アナ志望の慶応の女子学生も落胆していたようです」(芸能ライター)

    当初、大学側は中止理由を「複数の未成年の飲酒」と説明し、イベントの主催団体である広研の解散を命じた。
    しかし、その後、「ミス慶応」中止のウラに集団レイプ事件があるとの報道が相次ぐ事態に。
    被害届はすでに受理され、神奈川県警は本格的に捜査に乗り出している。
    さて、これまでの報道などから判明した事件の概要を時系列で追ってみよう。

    9月2日、被害者の女子学生Aさん(当時18)は広研メンバーに誘われ、神奈川県葉山町の“合宿所”に呼び出された。
    Aさんには8月から事件当日まで、LINEで「アトカタの手伝いぐらい来て」「さすがに今回は来て」と何度も連絡が入っていた。
    広研が夏に葉山で営業する海の家の後片付け(アトカタ)が表向きの理由だが、実際はAさんをレイプするための集まりだったのだ。
    「Aさんが広研に関わったのは、入学時の新歓コンパ1回のみ。しかし、このとき広研メンバーにLINEのIDを教えてしまっていた。
    これまで何度もサークル活動に誘われていたAさんは、仕方なく葉山に向かったようなのです」(前出・夕刊紙記者)

    合宿所にAさんが到着したのは18時半頃。夕食後、19時半頃から2階の部屋で飲み会が始まった。
    このとき合宿所にいた男子学生は、Aさんを執拗に呼び出した主犯格の2年生Xに、1年生のYとZ。
    ほかに2年生と1年生の計5人だった。Aさんはあとで別の女子学生が合流すると思っていたが、来ることはなかった。
    「彼らは“Aが飲むゲーム”と称し、『3秒で飲め!』などと命令してテキーラを何杯も飲ませたという。
    Aさんがもう飲めないと拒否すると、ショットグラスを無理やり口にもっていったそうです」(同)

    http://wjn.jp/article/detail/0338051/
    掲載日時 2016年11月01日 18時00分
     

    3 名前:砂漠のマスカレード ★:2016/11/04(金) 16:18:22.61 ID:CAP_USER9.net

    20時半頃、広研の湘南藤沢キャンパス代表を務めるWが合宿所に到着。トランプを持ってくるように言われたAさんが1階に下り、ちょうど到着したWとともに2階に向かうと、部屋の雰囲気は一変していた。
    Aさんは5人が何かコソコソと相談するのに気づいたが、あとから来たWはすぐに一階に下りてしまう。
    「危険を感じたAさんは1階に降りようとしたが、『酔っているから危ない』と連れ戻され、メンバーの1人がAさんを押し倒し、服を脱がせようとした。
    Aさんは、脱がされるのが嫌で力いっぱい抵抗していましたが、途中で意識を失い、気づいたときには下着まで脱がされていた」(同)

    その後、1人が手足を押さえ、2人に性交させられた。このとき、写真動画を撮影され、最後に小便を顔にかけられたという。
    「実際に暴行したのはYとZ。さらにXはその様子をスマホで撮影し、知人の慶大生にテレビ電話で実況中継までしていた。
    残り2人は傍観していたようです。
    Aさんの上にYが覆いかぶさり、ZがAさんの顔に性器を押し付けていた写真や、裸で仰向けになり目をつぶって横たわるAさんの傍らで、
    YとZが得意満面のポーズを取っている写真の存在が一部で報じられている」(同)

    この動画を見た広研OBの証言によると「AVみたいな感じだった」という。
    「AVの3P場面では、両手で一本ずつ男性器を握らせたり、1人が口に性器を咥えさせ、同時にもう1人が後背位で挿入して腰を動かすなどのシーンが必ず展開する。
    被害者女性に放尿までやった男たちだけに、喜々としてAVの真似事をしていたはずです」(同)

    翌朝、Aさんは合宿所を脱出して電車に乗ったが、気分が悪くなって駅の救護室に駆け込み、救急車で病院に搬送。駆けつけた母親に一部始終を打ち明け、事件が発覚した。
    事件後、加害者グループは「合意のうえの性行為だった」と周囲に吹聴し、捜査当局にも“合意”をアピールするために動画を証拠提出しているという。
    「酩酊したAさんが無抵抗だからといって“合意”の証拠にはならない。
    捜査当局は集団強姦致傷罪など、複数の容疑で立件を目指している」(全国紙社会部記者)

    逮捕は時間の問題か。しかし何より、ネット上への動画拡散が危惧されるところだ。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1478243839
    続きを読む

    【社会】「やめて!」泣いている女子学生の肛門を割り箸でつつき、陰部にドライヤー当てる…東大“鬼畜”ヤリサーのおぞましい実態

    1 名前:野良ハムスター ★:2016/07/07(木) 12:58:22.41 ID:CAP_USER9.net

    東京大学の大学生や院生5人による集団わいせつ事件で、強制わいせつと暴行の罪に問われた同大4年、松見謙佑被告(22)の初公判が5日、東京地裁で開かれた。松見被告は罪状認否で罪を全て認め「自分勝手な行動で被害者を深く傷つけ反省しています」などと謝罪。この日は証拠調べで、主に事件関係者の調書が読み上げられたが、そこで明かされたのが、かつての早稲田大学の「スーパーフリー」をほうふつさせる東大“ヤリサー”のおぞましい実態だ。

    冒頭陳述によると、松見被告らは今年4月「誕生日研究会」なるサークルを設立。事件があったのは5月10~11日にかけての夜で、餌食にされたのは池袋であったサークル飲み会に参加した女子大生Aさんだ。

    1次会から巣鴨のサークルメンバー宅へ場所を移し、男たちは酔った彼女を全裸にし、鬼畜の限りを尽くした。

    松見被告はAさんの上に馬乗りになりキスをし、そのままの姿勢でカップラーメンを食べ始め、故意に麺を落とした。Aさんが激しく泣いたため、通報を恐れた東大生・河本泰知被告(22=強制わいせつ罪で起訴)が2人を引き離すと、Aさんは周りの制止を振り切り部屋を飛び出し、公衆電話から110番通報――これで事件が発覚した。

    Aさんは本人調書で、松見被告と同じ罪に問われた院生、松本昂樹被告(23)との関係を告白している。

    「松本とは平成27年10月に知り合い、肉体関係もあった。私と付き合う気がないのは分かっていたし、松本にカノジョもできたので、友人として接していた」

    1次会でエロい雰囲気を作ったのは、この松本被告と東大生Iだった。

    「池袋での集会は、遅れてきた松本とIが合流すると雰囲気が変わり、ゲームに負けると罰として焼酎を一気飲みさせるような流れになった。私は酔って寝たフリをしていたが、松本やIが『起きろ』と胸をつついたり、松本が『こいつマジで胸デカいから触っていいよ』などと言っていた。私は我慢して何も言わなかった。松見が背中に手を回しブラのホックを外した」

    2次会はパスして帰ろうとしたが、松本被告に「お前どこ行くんだよ」と引き留められたAさん。巣鴨のマンションでの暴行描写は実に赤裸々だった。

    「松見が突然Tシャツをはいで、背後から胸をもまれた。ズボンもはぎ取られ、正座に前かがみになった。松本が私の背中を一発叩いたので、それにあおられたのか、松見も私の背中や尻をバンバン叩いてきた。この辺りから私は泣いていました。松見は割り箸で肛門をつついてきたりした。陰部にドライヤーを当てられたが、熱かったし意味が分からないので『やめて!』と言った」

    松見被告はじめサークルメンバーはみな調書で、このサークルの目的が「女性を酒に酔わせてわいせつな行為をすること」と供述している。また松見被告の調書によれば、松本被告はAさんのことを「こいつ俺のセフレだから、何でもしていいよ」と紹介。その松本被告は、自身の役割などについてこう白状している。

    「私のポジションは被害者を泥酔させる目的で率先して飲ませたり、あおる役割だと思っていました。2次会では全裸にされた被害者がすすり泣いていたが、松見がその背中を叩き、私も被害者をみんなのオモチャにしよう、飲み会に引き続き参加させようと叩いた。松見はうずくまっている被害者をさらに足で蹴っていた。盛り上がってきて目的が達成できそうだと思ったので、外に出て交際相手と電話していた。部屋に戻ると被害者は大泣きしていたので『何泣いてんだよ』と言った」

    また4月18日にも、松本被告が「××を呼んでAV撮影しよう」と言いだし、河本被告宅で女性を酔わせセックスしたことが明らかに。こうした調書読み上げを聞く松見被告は無表情。眼鏡を掛け、なで肩に水色シャツとウインドブレーカーを羽織るその見た目からは想像もつかないが、酒が入ると豹変するのは彼自身も自覚していた。

    「酒を飲むと理性も記憶もなくなることがあった。酔った行為で周りがどう思うか気にせず、楽しい飲み会を優先していた」(本人調書から)

    傍聴席にいた東大生によると「松見被告は確かに酒癖が悪く『彼が飲み会に出るなら欠席する』という声も聞いたことがある。カノジョもいたがセフレもいたという噂。保釈されているけど学校には姿を見せてない」という。

    事件では3被告ら5人が逮捕され、Iら2人は不起訴とされた。

    http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/562496/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1467863902
    続きを読む

    【社会】「動くサンドバッグや」命果てるまで続いた〝鬼畜〟の少年暴行 捜査員を絶句させたスマホの凄惨いじめ動画

    1 名前:いちごパンツちゃん ★:2015/09/16(水) 20:41:27.36 ID:???*.net

    梅雨入り間もない6月8日。日没前後から雨が降り始めた大阪府河内長野市の公園に、
    傷だらけの男性が力なく横たわっていた。近くに住む専門学校生、工藤勇人さん(19)。
    意識不明の重体で搬送され、1カ月後に亡くなった。

    工藤さんに暴行したとして、大阪府警は傷害容疑で高校時代の同級生2人を逮捕。
    2人は傷害致死罪で起訴された。「動くサンドバッグや」「格闘技の練習台」。
    工藤さんは2人から殴る蹴るの暴行を受けた末、わずか19年の短い生涯を閉じた。
    捜査で明らかになったのは、高校時代から4年近くも続いた陰惨で壮絶な「いじめ」だった。
    距離を置こうとした工藤さんを執拗(しつよう)に呼び出しては、暴行の様子をスマートフォン
    で動画撮影。
    押収されたスマホには、痛がる工藤さんに格闘技をかけて喜ぶ2人の姿が写っていた。

    「鬼畜の所行」の全容とは-。「殴るときはお前の服」

     傷害致死罪で起訴されたのは元専門学校生(20)と大学生(19)。6月8日昼過ぎ、
    2人は「スマートフォンの液晶保護フィルムを壊された」という口実で工藤さんの自宅を訪れた。
     捜査関係者によると、そもそも「壊れた」とは、保護シートの一部がめくれた程度の話。
    実際に工藤さんが壊したのかどうかも分からないという。結局、理由は何でもよかったのだ。

    当時、工藤さんの両親は不在で、在宅していたのは工藤さんだけだった。玄関の呼び鈴を
    何度も鳴らす2人。身を縮めるような思いで呼び鈴を聞いていたに違いない。
    「このチャイム、壊れてるんちゃうか」
     やがて2人は、勝手に家の扉を開け、中をのぞき込んだ。工藤さんの部屋は1階。
    工藤さんが中にいるのを見つけると、無断で部屋に上がり込んだ。そして、持参したカップ麺を悠々と平らげた。
    「そろそろ行こか」

    午後1時ごろ、2人は工藤さんを自宅近くの公園に連れ出した。一瞬、雨が降った。
    2人は工藤さんに自宅に傘を取りに帰るように命じ、さらにこう続けた。
    「お前を殴るときに俺たちの服が汚れるから、お前の服を持ってこい」
    工藤さんは言われた通り、傘と服を2セット用意して戻ってきた。公園で2人はその服に着替えた。
    自分たちの服は持参したリュックサックにしまうと、バイクのシート下に収納した。準備は整った。
    工藤さんにとって地獄のような時間が始まった。

    顔を殴る。腹を殴る。倒れたところを足蹴りする。柔道技の背負い投げをかける。タックルで押し倒す-。
    痛がる工藤さんに、2人は交互に、何度も何度も執拗に暴行を加えた。
     自分がこの場を我慢すれば全てが丸く収まる。このとき、工藤さんはそう思っていたのか。
    それとも、2人からはもう逃げられないと絶望的な気持ちだったのか…。ただ一つ確かなことは、
    恐怖心は想像を絶するものだったということだ。
    公園の周辺に響き渡る怒声。2人は殴り疲れると、公園のシーソーで寝そべり、その間も、工藤さんをののしり続けた。
     怒声に気付いた近所の男性が3人に近づき、「年寄りが住む町だから勘弁してよ。大声出さないでよ」と注意した。
    ここでは素直に従った2人。しかし、2人は北に約500メートル離れた別の公園に工藤さんを連れて行くと、再び暴行を繰り広げた。

    1時間半ほど経過したころ、強烈なタックルが決まった。工藤さんは頭を強打、白目をむいて倒れ込み、意識を失った。
    約1カ月後の7月4日。工藤さんはそのまま帰らぬ人となった。

    府警の捜査が進むと、2人が4年近くにわたり、工藤さんに暴行を繰り返していたことが明らかになる。

    続きは以下ソースで

    http://www.sankei.com/west/news/150916/wst1509160006-n1.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1442403687
    続きを読む

    【社会】 鬼畜男、この1年間で女性2人強姦、1人強姦未遂、1人殺害…他にも女性2人を殺して燃やしたり川に捨てたり?…新潟

    1 名前:ばぐ太☆Z ~終わりなき革~ φ ★@\(^o^)/:2014/08/01(金) 08:26:00.32 ID:???0.net

    ・新発田市のパート従業員、徳永希さん=当時(22)=の遺体遺棄事件は31日、
     急展開を見せた。新発田署で同日行われた捜査本部の記者会見で、徳永さんは
     連れ去られた後、間もなく殺害されたとの見方を示した。一方、同市内であった2つの
     遺体発見については、慎重に関連を調べている。

     捜査本部によると、殺人などの疑いで逮捕された同市大栄町、無職、喜納尚吾容疑者
     (31)=別の女性に対する強姦(ごうかん)罪などで起訴=は、昨年11月22日夜、
     同市緑町にある徳永さんの自宅近くで、単独で自分の自動車に徳永さんを乗せて
     連れ去り、間もなく殺害したとみている。殺意については、「大きくとらえて殺意が
     あったという方向で捜査を進めている」とした。

     喜納容疑者の認否については明らかにしなかったが、周囲への捜査による総合的
     判断だとした。

     徳永さんと喜納容疑者に接点はなかったとみており、事前に徳永さんの家の前に
     いたなど計画性については、まだ判明していないとした。

     犯行の細かい点については、被害者のプライバシーや捜査上の問題から、コメント
     できないとし、多くを語らなかった。

     余罪については「捜査している」とだけ述べ、詳しい説明はなかった。
     同市内では別の20代の女性も今年1月から行方不明になり、市内の川で4月、
     遺体で見つかった。また、昨年9月、同市内の駐車場で自動車4台が燃える火事があり、
     車内から20代の女性の遺体が発見された。いずれも県警は、事件と自殺の両面から
     捜査していた。

     喜納容疑者は昨年8~12月に同市内で女性が被害に遭った3事件で、強姦やわいせつ
     目的略取などの罪で起訴され勾留中。
     http://sankei.jp.msn.com/region/news/140801/ngt14080104220002-n1.htm

    ※NNNによると、昨年5月に新発田市に夫婦(?)で引っ越してきた後、8月に女性2人を
     拉致・強姦した後、女性拉致・殺人や別の女性を強姦するため拉致しようとした事件を
     起こしていたとのこと。

    ※元ニューススレ
    ・【新潟】3人連続殺人事件に発展の可能性も…新発田の女性殺人[7/31]
     http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1406801201/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1406849160
    続きを読む

    【中国】レコードチャイナ「『嫌韓』『嫌中』が蔓延する日本-戦前の『鬼畜米英』の再来だ」?

    1 名前:ぱぐたZφ~社会篇◆FdDsU0B5ivx5:2014/04/09(水)15:09:05 ID:???

    ★「嫌韓」「嫌中」論が溢れる日本―戦前の「鬼畜米英」の再来か?

    日本の電車のつり広告や駅のキオスクなどで目にするのが週刊誌や月刊誌、
    夕刊紙などの大見出しだが、韓国や中国をこき下ろすタイトルでいっぱいだ。
    朴槿恵韓国大統領や習近平中国国家主席を激しい口調で批判する論調のものから、
    これらの国々の民衆の「民度の低さ」をやゆするものまで千差万別。
    当該国の経済の先行きについて「破たん」「崩壊」といった一方的な見通しを強調したり、
    否定的な面だけをクローズアップしたりする傾向が鮮明だ。
    単行本や新書などの書籍でも同じパターン。書店の本棚の目に付くスペースは、
    いわゆる「嫌韓」「嫌中」本で溢れている。「嫌」のほか、「呆」「侮」などの大文字もタイトルに踊り、
    隣国を嫌悪し侮辱する感情を読者に植え付け、煽りまくっている。ヘイトスピーチに代表される、
    外国人を排斥するデモや街宣活動に共鳴する層に訴えかけて、購入させようという意図も透けて見える。

    「中国経済の崩壊論を10年前から上梓し、売れるので何回も改訂してきたが、なかなか崩壊しないので困っている。
    どうして崩壊しないのか」と先輩の評論家から尋ねられ、筆者の方が当惑したことがある。
    知人の月刊誌編集者は「読者の多くは中国の急成長ぶりに脅威を抱き、
    中国のマイナス情報を求めているので、勢いアラ探し的な記事が多くなる」と釈明した。
    ある週刊誌の編集幹部も「中国、韓国の悪い話を大げさに書くと、
    確実に部数がはける」と打ち明ける。出版・新聞不況の中で「嫌韓」「嫌中」論は「貴重な金鉱脈」として期待されているという。

    世間にそうした空気を醸している要因について、大手メディア出身の藤田博司元上智大教授は、
    「最近の韓国、中国との険悪な外交関係であることは言うまでもない。
    安倍晋三首相の歴史認識を隣国政府が批判する。首相を支持する人たちは反発し、
    いやが上にも反韓、反中の声を張り上げる。メディアの報道にもそれが跳ね返る。
    『憎悪』と『悪』の循環に発展させてはならない」(メディア展望4月号)と警告している。

    (続く)

    ソース
    http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=86169&type=


    引用元:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1397023745
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box