鳩山

    【ぽっぽ】鳩山元首相、「畑や水田にソーラーパネルを設置すると作物がよく育つ」と珍説をツイートして大炎上

    1 名前:記憶たどり。 ★:2017/04/24(月) 10:34:45.72 ID:CAP_USER9.net

    http://www.sankei.com/politics/news/170423/plt1704230025-n1.html

    鳩山由紀夫元首相(70)が「畑や水田の上にソーラーパネルを設置すると、
    作物を育てながら太陽光発電できる」「そのほうが作物がよく育つ。
    一挙両得で、農家への所得補償は不要となり、原発も不要となる」などと23日までに
    相次いでツイート。これに対し、「現場を見ないでものを言わないで」「田畑の上に
    パネルを設置し、太陽光をさえぎるのはおかしい」などと批判や異論が殺到した。

    鳩山氏は、畑や水田にソーラーパネルを設置することで作物を育てながら太陽光発電できる、
    という説を「信金の相談役から伺いました」として、22日夜に以上の書き込みを相次いで
    ツイッターに投稿した。

    これに対し、「畑や水田の上にソーラーパネルを設置したら畑や水田に日光が当たりません。
    突風や台風対策にも多大な金と人手がかかる」「不作の年は発電量も収穫量も共倒れになる」
    「農業を知らない輩の妄言」「いまだに真顔でこんなことを」「東大出ても光合成を知らないという現実」
    「思いつきでモノを言う薄っぺらさは相変わらず」などと批判や異論が殺到した。

    これに対し、「ソーラーシェアリングというやつですね。震災後に発達してきた事業なので、
    あまり知名度は高くないかもしれません」という肯定的ととれるツイートも少数ながらあった。

    一般社団法人「ソーラーシェアリング協会」のホームページ(HP)によると、「ソーラーシェアリング」は、
    耕作地に架台を設け約3m上空にスリット状の太陽光パネルを隙間を開けて設置し、光飽和点を
    超える太陽光を利用して、営農を続けながら太陽光発電を行う仕組み。

    平成25年4月に農水省が公表したガイドラインで、耕作を継続しながら太陽光を行う
    「ソーラーシェアリング」が容認されたとも考えられる、として、同協会は農業の高齢化、
    後継者不足を解決できる可能性があるとしている。

    作物がよく育つかどうかは協会のHPの記載などを見てもよく分からないが、鳩山元首相が投じた一石。
    今後普及し、「原発不要」となるかどうか、注目される。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1492997685
    続きを読む

    【政治】鳩山由紀夫元総理、次期衆院選に立候補、政界復帰へ「脅かされる世界平和のため、地球市民として戦わなけない」

    1 名前:スタス ★:2017/04/01(土) 11:24:45.22 ID:CAP_USER9.net

    鳩山由紀夫元総理は記者団に対し、昨今の欧米における極右政権の台頭を指摘し、
    「世界の平和が脅かされている。今こそ地球市民の一人として地球守るために戦わなけない」と述べ、次期衆院選に立候補する意思を明らかにした。


    ソース:宇宙からの電波


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491013485
    続きを読む

    【謝罪】鳩山元首相が訪中し謝罪 第2次大戦期の日本軍による重慶爆撃「深くお詫び申し上げる」

    1 名前:動物園 ★:2016/11/11(金) 11:38:55.19 ID:CAP_USER9.net

    2016年11月10日、中国新聞社によると、重慶市で開幕した2016中国国際友好都市大会に出席した鳩山由紀夫元首相が、
    開幕式のあいさつで、第2次世界大戦期の日本軍による重慶爆撃について謝罪した。

    重慶爆撃は1938年2月から1944年12月の6年余りにわたって行われた。

    鳩山氏は「日本が中国を侵略した際に行った重慶爆撃で、重慶市の繁華街の大部分が破壊され、多くの罪のない一般人の命を奪った。
    ここに深くお詫び申し上げる」と謝罪。重慶市が自動車産業によって内陸部の発展の中心都市になっていることについて敬意を表した。

    また、世界のグローバル化が加速し、新自由主義が蔓延。

    貧富の差が拡大し、弱肉強食の社会が形成されていることが、地域の経済発展の著しい脅威になっていると指摘。

    日中韓3カ国およびASEAN(東南アジア諸国連合)を中心とした東アジア共同体を構築することで、
    グローバリズムとナショナリズムがもたらす弊害を減少させるべきだと説いた。

    2016年11月11日(金) 10時50分
    http://www.recordchina.co.jp/a154863.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1478831935
    続きを読む

    【社会】鳩山元首相、「由紀夫」から「友紀夫」へ改名。「友愛の友に変えました。もっと前に変えていれば、もっと任期は長かったかも」

    1 名前:記憶たどり。 ★:2016/11/01(火) 07:29:40.84 ID:CAP_USER9.net

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00000258-sph-ent

    鳩山友紀夫元首相(69)が31日放送のテレビ朝日系「橋下×羽鳥の番組」
    (月曜・後11時15分)に初出演し、総理大臣や官邸にまつわる“秘話”を明かした。

    冒頭で司会の羽鳥慎一アナウンサーから、名前が「由紀夫」から「友紀夫」に
    変わったことを問われ、「友愛の友に変えました。総理をやる前にやっといたら、
    もう少し長かったかも」と字画などから総理辞任後に改名を決断。8か月だった
    任期が伸びた可能性で笑いを取った。

    「総理時代に生命の危険を感じたことは?」との問いに、「直接の身の危険は
    なかったが、さきがけの時には、ピストルの弾が郵送されてきました」と
    仰天エピソードを明かした。

    また、「平成ノブシコブシ」の吉村崇(36)から、“都市伝説”とされる有事の際の
    シェルターについて問われると、「官邸の下に危機管理の部屋はあります。
    24時間日本の安全守る体制はある。シェルターに関しては聞いたことがない」と
    専用シェルターの存在については否定した。

    また、「UFOを研究する機関は?」との疑問には、「宇宙人は私です」とひと言。
    「日本の政府関係では研究していないと思います」と語った。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1477952980
    続きを読む

    【話題】名門大学出身者が多い鳩山ファミリー5代目の二郎氏、異色の“学歴”

    1 名前:ニカワ ★:2016/10/01(土) 17:27:42.02 ID:CAP_USER9.net

    次男・二郎氏が国政に出れば五代続けての国会議員誕生となる
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20160930-00512751-shincho-000-2-view.jpg


     売り家と唐様で書く三代目――名家も代替わりすれば零落するものと川柳にあるが、鳩山二郎氏(37)が当選すれば国政を担ってきたファミリーの五代目を引き継ぐことになる。が、その学歴はというと、名門・鳩山家の先達とはずいぶん違うのだ。

     10月23日に投開票が行われる衆院福岡6区の補選は、二郎氏と蔵内謙氏(35)の一騎打ちとなっているが、下馬評は鳩山氏が圧倒的である。

    「9月10日、11日に自民党本部が実施した世論調査では、50%近くの支持を集める二郎氏に対し、蔵内氏は15%。蔵内陣営は追い上げに必死ですが、両者の差はなかなか縮まりません。やはり、父・邦夫氏の弔い合戦のイメージが強いですからね」(政治部記者)

     当選すれば、五代続けての国会議員誕生となるわけだが、加えて鳩山家といえば、高祖父の和夫氏から代々東大卒の秀才が輩出してきた家柄。もっとも、それは邦夫氏までのことで、長男の太郎氏(元都議)は早稲田、長女の華子氏は慶応卒。これとて、名門であることに変わりはないが、当の二郎氏のプロフィールには、

    〈杏林大学社会科学部(現・総合政策学部)卒業〉

     とある。さらに、その前の学歴を見ると、鳩山ファミリーのDNAを受け継いでいる末裔にしては異色なのだ。

    「二郎さんは青山学院初等部から高等部に進んだのですが、高3の時になぜか中退。単身、オーストラリアのサウスポートスクールに留学し、帰国後、杏林大学に入学するのです」(鳩山家の関係者)

     ちなみに、同大は医学部の名門校として知られているが、総合政策学部は偏差値35(総合政策学科)。いわゆる「Fランク」と呼ばれており、偏差値の算出が難しいレベルなのだという。

    ■大学には行こう

     故鳩山邦夫氏の元秘書が言う。

    「鳩山家は曾祖父の一郎さん、祖父の威一郎さん、そして邦夫さんと、東大法学部卒が続いてきたから子供たちにもプレッシャーがあるのです。太郎さんも長男として東大を目指したこともありましたが、2浪して早稲田の政経に入った。兄の苦労を間近で見ていた二郎さんは、自分は違う道をと考えたのだと思います」

     一方、兄の太郎氏によると、

    「二郎が留学したのは、政治家になるには海外を見ておかないとマイナスだと考えたから。勉強もそれなりに出来ていたので(中退して留学した)彼の勇気には驚いたものです」

     大学を出ると同大の大学院に進んだ二郎氏は、福岡6区から出馬する父親の秘書になるために中退。3年前には初出馬ながら前職と元職の市長などを破って大川市の最年少市長となった。ご本人に自身の学歴について聞くと、苦笑いしながら言うのだ。

    「(杏林大学を選んだのは)学校名にまったく執着していなかったんです。日本に戻ったのは親父が都知事選に出馬した時でしたが、“大学には行こう”と思ったぐらいで……」

     ライバルの蔵内氏は「北テキサス大学中退」とあって、学力対決は判定不能。とまれ、「鳩山」の名に比べれば、東大卒もおまけみたいなものなのか。

    「ワイド特集 ワケありの人物」より

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160930-00512751-shincho-pol


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1475310462
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box