知事

    【ハッピー米山】リベラルが安倍政権から学ぶべきこと 米山前新潟県知事

    1 名前:Toy Soldiers ★:2018/10/06(土) 19:17:36.50 ID:CAP_USER9.net

    2018年10月03日
     ああいうかたちで、4月末に新潟県知事を辞めた現在の私が、他人に何かを言う資格がないことは、私自身がよく分かっておりますし、「物言えば唇寒し」で、それ自体、非常に気がひけることです。

     しかし、私は生まれてこの方、自民党に所属していた時ですら、「リベラル」を自認してきました。
    「リベラル」ということさえはばかられるような現在の政治状況を眼前にし、そうした状況を作ってしまった責任の一端を負うものとして、
    野党統一候補として新潟県知事に当選した時から、短いながらの地方政治を実際に体験する中でずっと考えてきた「リベラル復権の鍵」について、一言お伝えしたいと思い、恐縮ながら筆を取りました。

    保守とリベラルは鏡に映った右左

     「我こそはリベラル」と思う方の多くは、おそらく安倍政権を嫌いでしょう。
    しかし、好き嫌いはともかくとして、政治、特に小選挙区制で選挙に勝つこと、を考えた場合、安倍政権がとっている政治戦略は、極めて有効かつ合理的に見えます。

     これも大変恐縮な言い方なのですが、自民党(2005年の郵政解散選挙、2009年の政権交代選挙で、私は自民党公認として民主党の田中真紀子氏と選挙を戦っています)と、
    野党陣営(2012年の衆院選、2013年の参院選を日本維新の会で戦ったのち,維新の党と民主党の合流により2016年から民進党に所属しました)の双方に属したものとして、
    私は「保守とリベラルは鏡に映った右左」であり、リベラルの側が安倍政権のとっている政治戦略を左右逆転した「鏡像」として参考にすることこそが、リベラル復権戦略の鍵であると思っています。

    安倍政権の政治戦略の三つのポイント

     それでは、安倍政権の政治戦略の特徴は何でしょうか。私はポイントは三つあると思います。それは、

    1.極端な右派への「戦略的寛容」
    2.中道左派政策の取り込み
    3.中道を越えた左派への「戦略的批判」
    です。
     議論の前提としてまず最初に確認すべきは、「小選挙区における勝利」は過半数、すなわち半数以上の票をとらなければならないという事実です。



    https://webronza.asahi.com/S2010/upload/2018092600006_1.png


     考えてみれば当たり前なのですが、右ならば右全部+中道左をとらなければ過半数になりませんし、左ならば左全部+中道右をとらなければ過半数になりません。
    そして、中道右であれ中道左であれ、実はそここそが最大のボリュームゾーンに当たるのです。

     この様なことを言うと、「最近、日本人は右傾化しているから、右は政策的に中道左をとらなくても過半数をとれる」という人がいるかもしれません。
    しかし、私は肌感覚として、日本人はけっして右傾化しておらず、むしろリベラルな価値観の方が主流になっているように思います(最近様々な「パワハラ」体質が明るみに出ているのはその証左ではないでしょうか)。
    従って、議論の第二の前提として、図の横軸の右-左は、政策においても人口においても、ほぼ等分されていると考えていいと思います。

    >>2へ続く
    https://webronza.asahi.com/politics/articles/2018092600006.html

    2 名前:Toy Soldiers ★:2018/10/06(土) 19:17:56.18 ID:CAP_USER9.net

     では、安倍政権のとっている「極端な右派への戦略的寛容」とは何でしょうか?

     これは誰とは言いませんが、昨今話題を振りまいている「極端な右派的言論」を繰り返す国会議員や識者の主張を正面からは認めないけれど、だからといって声高に非難もしないことです。

     このような安倍政権の態度は、そうしたいからそうしているのか、戦略的にそうしているのかは不明ですし、本当に人権にもとるような言論については、ぜひ政権自らが正面切って批判していただきたいとは思います。
    が、しかし、いずれにせよこの態度は、純粋に政治戦略上は極めて有効な作戦だろうと思います。

    「過半数」を取るために必要な戦略的寛容

     なにせ小選挙区では「過半数」を取ることが必須で、そのためには右なら右を、左なら左をとりこぼしてはいけません。
    右であれ左であれ、あまりに極端な主張はどうせ実現しませんし、極端な右の主張であれば、放っておいても左の人が、極端な左の主張であれば右の人が、いやというほど批判してくれます。

     そもそも、極端とはいえ、方向性としては同じ右、同じ左である以上、共感するところもあるわけですから、なにもわざわざ自分で批判する事はない。
    限度を超えなければ黙っていて、少なくとも離反させないということは、政治戦略上、極めて重要なことなのです。

     また、これは選挙をすると分かるのですが(私は自民党側でも野党側でも選挙をしたことがあります)、
    「極端な主張をする人」というのは、その信念ゆえに、それこそ中庸な常識人では想像もできないような集中力を発揮して選挙活動にいそしんでくれます。
    こういった方々を離反させることは、一生懸命やってくる人がいなくなるという意味でも、あるいは反動でものすごいネガティブキャンペーンをされてしまうという意味でも、プラスになりません。

     繰り返しますが、あまりにも極端な場合はさておき、そうでないなら、自分のサイドの極端な主張をする“勇敢な者”に対しては、
    穏当な言論で良識を示しつつ、しかしあえて強く批判しないことで、その実力をいかんなく発揮していただくことが、重要であろうと思います。

     なぜかリベラルの人は、自分の右隣り、左隣りのリベラルを叩いて存在感を示そうとする傾向があるように見えます。それは百害あって一利なし。
    自派の主張については、多少自分の意見と異なっていても、よほど極端でない限り、あえて自分からは批判しないという態度が、鏡像として安倍政権から学ぶべきことだろうと思います。

    続きソース

    3 名前:Toy Soldiers ★:2018/10/06(土) 19:18:14.25 ID:CAP_USER9.net

    >>1
    夜は政治スレOK


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1538821056
    続きを読む

    沖縄知事選のTwitter分析をした結果 誹謗中傷の9割は玉城デニー氏に対する内容でプロフィール欄では日の丸アピール

    1 名前:ガーディス ★:2018/10/06(土) 11:27:33.12 ID:CAP_USER9.net

    週末の政治

    政治 2018年10月06日 05:30
     9月30日の県知事選で、琉球新報は選挙取材班の「ファクトチェック」と同時に、SNS(会員制交流サイト)のツイッターに発信される内容を調べた。選挙の際にSNSで情報が大量に流れているのを漠然と感じていたが、今回の調査で、その投稿内容の傾向を知ることができた。

     若い世代の情報入手先は新聞やテレビ、ヤフーニュースなどの大手ポータルサイトでもなく、SNSになっている。自分と考えの近い人たちのつぶやき、共有したニュースから情報を得ている現状で、知事選を巡り、どのような情報が飛び交うか探りたかった。投稿を集める作業はネット上に書き込まれた事件や災害などの情報をリアルタイムで発信するスペクティ(東京、村上建治郎社長)に依頼した。

     一般ユーザーの投稿について、内容が肯定的か否定的か、正確に把握するには一件一件読んだ方が確実だと判断した。

     9月9日~同29日に発信された投稿のうち、リツイート(再投稿)分も含め約20万件以上に目を通した。初回の分析では夜通しで半日以上かかった。

     特定の候補者を批判、攻撃する内容が多いとは思っていたが、露骨な誹(ひ)謗(ぼう)中傷を含めた攻撃、批判の内容がほとんどだったため驚いた。約9割は玉城デニー氏に対する内容だった。政策や沖縄の課題を議論するやりとりや互いの支持候補を褒める内容は少なかった。

     人の悪口を大量に読むのは気が滅入ったし、単調で膨大な作業の途中、何度も眠気に襲われた。しかし過激な内容が目を覚まさせた。「玉城デニーは中国のスパイ」「裏に中国共産党がいる。沖縄が破壊される」などだ。

     候補者本人の投稿のリツイート(再投稿)数が多い人も分析した。佐喜真淳氏のリツイートが多い上位を見ると、プロフィル欄に「日の丸」をあしらい、普段から「ネトウヨ」とみられる内容の投稿をしている人が目立った。

     一般の投稿では新聞や雑誌、ネットメディアが特定の候補者に関する内容を掲載した際、リツイートを含め投稿数が飛躍的に伸びた。琉球新報が行ったファクトチェックの記事も拡散が見て取れた。どれだけフェイクニュースを打ち消すことができたのかは不明だが、一定の効果はあったのではないかと思う。

     情勢分析もしたかったが、玉城氏への攻撃、批判がほとんどを占めたツイッターでは難しかった。インフルエンサー(情報拡散力の強い人)の確認も試みたが、今回の分析では情報が整理できなかった。

     スマホがこれだけ普及し、誰もがSNSで気軽に発信でき、情報を得ることができる時代になった。SNSを意識して有権者が求める分かりやすい記事を書いていくことも、報道機関には必要だと実感した。(デジタル編集担当部長・宮城久緒)

    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-814696.html
    https://030b46df30379e0bf930783bea7c8649.cdnext.stream.ne.jp/archives/002/201810/07439107ff4c246df4ba3d2f85e8b4de.jpg



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1538792853
    続きを読む

    【沖縄保守】翁長雄治市議(31「実は僕、学生時代は『ネトウヨ』だったんですよ」父親は、前沖縄県知事の翁長雄志

    1 名前:ガーディス ★:2018/10/01(月) 13:48:28.85 ID:CAP_USER9.net

    たまたま
    2018/09/30 20:01
    「実は僕、学生時代は『ネトウヨ』だったんですよ」

    そうBuzzFeed Newsの取材に語るのは、翁長雄治(31)。那覇市議になって1年が経つ、新米の議員だ。

    父親は前沖縄県知事の翁長雄志。沖縄県名護市辺野古の米軍基地建設への反対を貫きながら、2018年8月8日、任期中にすい臓がんで死去した。

    雄志は長年、自民党に所属して沖縄県連幹事長も務め、「沖縄の保守勢力」であることを自認していた。しかし、辺野古への米軍基地建設を巡って中央の自民党政権と激しく対決し、那覇市長の座を辞して県知事選に立候補した。

    祖父は那覇市と合併した旧真和志市の市長。伯父は県議と副知事を歴任した。雄治は4人きょうだいのうちでただ一人、政治家となった「3代目」だ。

    その雄治から見た、沖縄の保守とは何か。

    なぜ、「ネトウヨ」だったんですか?

    高校生の時は、柔道が大好きな普通の少年でした。沖縄を離れて関東の体育系大学に進んだため、部活以外にやることがなかった。基本的にすごく引きこもり体質なので、家から出たくない。家にいると、ずっと携帯しか見ないんですよ。

    携帯でネットを見ると、当時政権の座にあった民主党がやることは全部悪いんだ。自民党は全て正しいんだ。そうでない議員はみんな「在日」なんだ、という情報がたくさんあった。

    そして、ネットで見かけるそういう主張に、だんだん魅せられていった。「在日」が何たるかもよく知らないまま、外国人が日本人になりすましている、みたいにすら感じていました。

    まだ「ネトウヨ」という言葉がない頃だったのですが、実際には自分では何も分かっていない、何も考えていないのに、こういう主張を一方的に受け売りすることこそが、「保守的な思想」だと思い込んでいたのです。

    どうして、そこから父と同じ道へ?

    ネット上で翁長雄志が叩かれているのを見かけるようになったんです。

    父が基地の辺野古移設に反対するようになってからです。「国策、米軍基地に反対するやつは反日左翼テロリストだ」と。

    ただ僕には、父親への果てしない信頼感があったんです。うちの親父は沖縄のために人生を過ごしていましたし、悪いこと、恥じる事は何もしていない。だからこそ、こういう叩かれ方はおかしいと思ったんですね。

    この頃から、政治家を志すようになってきた。そして沖縄に戻り、実際に基地問題を見て、住んでいる人たち、生活する人たちを見て、考え方が変わってきた。

    お父さんから、何か政治について言われたこともあるんでしょうか

    父から政治について教わったことは、ほとんどありません。

    うちには、政治は家業じゃないという家訓があります。僕も那覇市議選に出る時、母親に反対されました。

    父にも、立候補を自分で選んだのならば仕方ないとは言われましたが、市議になったあとに相談しても「自分で考えろ」と言われました。

    全文
    https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/onaga-takeharu


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1538369308
    続きを読む

    【沖縄県知事選】玉城デニー氏39万票で過去最多 得票数確定

    1 名前:豆次郎 ★:2018/10/01(月) 03:01:10.92 ID:CAP_USER9.net

    2018年10月1日 1:37

    沖縄県知事選に投票する有権者(30日、那覇市役所)
    9月30日に投開票された沖縄県知事選は10月1日未明、各候補者の得票数が確定した。無所属新人の玉城デニー氏(58)が39万6632票を獲得し、同知事選で過去最多だった。前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)に約8万票の差をつけた。

    当396632 玉城デニー 無新

     316458 佐喜真 淳 無新

      3638 兼島  俊 無新

      3482 渡口 初美 無新

    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO35942560R01C18A0000000?s=2



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1538330470
    続きを読む

    【社会】なぜ沖縄県知事選の世論調査は「あてにならない」と言われるのか

    1 名前:おでん ★:2018/09/30(日) 20:35:47.52 ID:CAP_USER9.net

    ※週末政治スレ

    「この沖縄県知事選で世論調査はあてにならない。これは常識だ」ーー。
    取材にあたっている地元紙、全国紙の記者は口をそろえて言う。より正確に言えば記者だけではない。
    急逝した翁長雄志氏の後継候補・玉城デニー、政権与党が推す佐喜真淳両陣営からも同じ言葉が聞かれる。
    なぜ、世論調査はあてにならないのか?

    ■世論調査を裏切った2月の選挙

    さらに追い討ちをかけているのが、沖縄で取材をしている記者たちの間で「名護ショック」と呼ばれる“事件”だ。

    今回も大きな争点となっている普天間基地の移設問題。移設先にあげられる辺野古がある名護市長選(2018年2月)で、
    現職にして移設反対派、オール沖縄の中核でもあった稲嶺進氏が、自民・公明が推した新人・渡具知武豊(とぐち・たけとよ)氏に敗北した。

    この時も事前の世論調査では稲嶺氏有利と出ていた。普通の選挙と同じように考えれば、稲嶺氏のセーフティーリードである。
    新聞記者なら、当確を何時に打てるのか、当選を前提に紙面展開をどうするか、それを考えればいい選挙のはずだった。

    ところが、蓋を開けてみると政権与党が推した渡具知氏が逆に圧勝していた。
    数字に反映されなかった要素は2つある。第一に政権与党の組織力だ。

    複数の関係者によると、自民党も名護市長選で世論調査を細かく重ねて、選挙戦に活用していた。
    公明党の支持母体、創価学会も運動を強化していた。
    当初こそ稲嶺氏が圧倒的にリードしていたが、選挙期間中に若年層にも人気が高い小泉進次郎氏を投入するなど徐々にその差を詰め、
    最後の最後に差し切ったという。

    そして第二に――これはより重要なのだが――住民の本音だ。

    別の地元紙幹部は「自民の組織力、公明党の本気度に加え、出口でも世論調査でも、有権者が正直に答えにくい意識を抱いていることが影響している。
    そう考えないと読み解けない」と漏らす。

    名護に限らず、例えば宜野湾市といった基地がある自治体の有権者の中には
    「移設に本当は賛成なんだけど言いにくい」「辺野古に反対だけど、別の争点を重視して自民系候補に投票したけど言いにくい」といった層がいる。

    彼らは「世論調査や出口に本音で答えない」可能性がある。だとするならば、いくら世論調査をしても、
    基地がある自治体に住む市民にとって世論調査への回答はあまりにセンシティブな問題で、本音を答えているかわからないということになる。

    世論調査の数字を素直に受け取っていいのか? 名護ショック後、初の県知事選で記者たちの頭を悩ませている問題だ。
    私は元毎日新聞記者で、維新旋風が吹き荒れた2012年の大阪の衆院選などを取材してきた。
    選挙でSNSの使用が解禁された「ネット選挙元年」の参院選では、世論調査の担当者や研究者と一緒にデータ分析の取材班を立ち上げたこともある。

    ある維新の女性候補はまったくと言っていいくらい政策が語ることができない候補だった。街頭演説もまともにできず、
    普通に考えたら落選すると思ったが、世論調査の結果は逆だった。

    最終的に蓋を開けてみると、世論調査の結果通りになっていた。世論調査は統計学の手法を踏まえて、
    現場の実感以上に世論を映し出すと痛感させられた。

    だが、沖縄の現実はもう少し複雑だ。

    「名護であれだけ読みを外した以上、今回の選挙は本当に読みにくいものになっている。
    もし、この選挙の情勢を読み解いたという人がいるなら連れて来てほしい」(地元紙幹部)

    3 名前:おでん ★:2018/09/30(日) 20:36:04.76 ID:CAP_USER9.net

    ■地元記者も頭を抱える

    9月24日、投票日まで1週間を切った月曜日の朝刊を広げる。地元紙「琉球新報」「沖縄タイムス」はそれぞれ、
    全国紙や通信社、テレビ局と組んだ世論調査に基づく記事を一面から大展開した。

    琉球新報は「玉城、佐喜真氏が互角」。タイムスは「玉城氏先行 佐喜真氏追う」だった。ところが、である。
    実は両紙の数字はほとんど同じような結果だったのだ。

    なぜ「先行」「互角」と判断がわかれるのか。そこを読み解くにはまず沖縄特有の選挙事情を知る必要がある。

    本題に入る前に、世論調査にまつわる話で必ず出てくる指摘に回答しておこう。
    そもそも電話による世論調査そのものが正確ではない、というものだ。

    「国政選挙の世論調査と比較しても、支持政党の比率や重視する政策といった数字は大きく変わっていません。
    国政の選挙区情勢は概ね正確に予測できていることを考えると、調査そのものは問題ない」(地元紙記者)

    これを踏まえて、地元紙記者の解説を聞いていこう。
    「佐喜真陣営は自民・公明の動員がすごい。これまでの知事選にないレベルで人もカネもつぎ込んでいる。
    前回の知事選で翁長さんは36万票を獲得して、現職の仲井真(弘多)さんに10万票差をつけた。実は公明票は割れていて、
    翁長さんに3割以上流れたとされています。今回は引き締めを図るでしょう」

    さらに前回知事選で7万票を獲得した下地幹郎氏は、維新の国会議員として佐喜真氏をバックアップする。

    「机上の足し算なら、追い風は自公に吹いている。本気の自民、本気の公明の組織力はすごいものがある。そ
    れなのに数字は玉城氏側に強く出る。読めないという最大の理由です」

    「玉城氏先行」と書けるくらいのデータはあるが、実際の取材を加味すると政権与党の組織力を目の当たりにする。
    そして自民・公明の選対関係者は自信たっぷりに「巻き返せる」と語っている。
    「いま沖縄のメディアは世論調査への自信を失っている」

    ■自民・公明が狙う「終盤の挽回」

    「自民・公明が県知事選で狙っているのは名護市長選の再来でしょう」と語る記者は多い。

    最初にリードされるまでは想定内。自民、公明の組織力で挽回し、人気の高い議員も終盤に投入して逆転する――。そ
    んなシナリオがまことしやかにささやかれている。

    選挙戦は最終盤に差し掛かり、激しさを増している。
    沖縄のメディアにとって選挙で注目すべきは勝敗だけではない。
    世論調査の結果がどこまで正確だったのかも重要な論点だ。最後は結果が教えてくれる。

    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57730
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57730?page=2
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/57730?page=3


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1538307347
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box