知事

    【有能】小池都知事、東京五輪に向け「職員全員で毎日午後2時55分になったら、どこにいてもラジオ体操」をすると発表!!

    1 名前:天麩羅油 ★:2017/07/16(日) 21:10:58.39 ID:CAP_USER9.net

    東京都の小池知事は、3年後に迫ったオリンピック・パラリンピックの機運を盛り上げるため、職員全員でラジオ体操を行うと発表しました。

     小池知事:「職場で毎日午後2時55分になったら、どこにいても体操を始めるというフラッシュモブのような形でやる方向です」
     この取り組みは「みんなでラジ

    以下ソース
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105439.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500207058
    続きを読む

    【オルタナティブ・ファクト】加計問題、なぜか報道されない「当事者」加戸前愛媛県知事の発言全容

    1 名前:ちゃとら ★:2017/07/15(土) 20:50:11.93 ID:CAP_USER9.net

     2017年7月10日に行われた学校法人「加計学園」をめぐる閉会中審査で、インターネット上の注目を集めたのは、
    一連の疑惑を告発した前川喜平・前文科次官の発言ではなく、愛媛県今治市への獣医学部誘致を進めた加戸守行・前愛媛県知事の約20分間にわたる訴えだった。

       前川氏の「行政がゆがめられた」発言に対し、加戸氏は「岩盤規制に国家戦略特区が穴を開け、『ゆがめられた行政が正された』というのが正しい」と反論。
    さらには、今回の加計問題を報じるメディアへの批判も展開するなど、踏み込んだ発言の内容が賛否を広げている。

    ■「獣医師が確保できない」

       加戸氏は旧文部省OBで、愛媛県知事を1999年から2010年まで3期12年務めた。
    今治市への獣医学部誘致をスタートさせた「当事者」で、今回の閉会中審査では与党側の求めに応じて参院での審議に参考人として出席した。

       自民党の青山繁晴議員の質問で答弁に立った加戸氏はまず、

    「10年前に愛媛県知事として今治市に獣医学部の誘致を申請した当時のことを思い出して、はなもひっかけて貰えなかった問題が、こんなに多くの関心を持って頂いていること、不思議な感じがいたします」
    と皮肉の効いた一言。続けて、鳥インフルエンザやBSE(牛海綿状脳症)といった感染症対策の充実を大きな目的に獣医学部の誘致に取り組んだが、文科省への申請は一向に通らなかったとして、

    「(前川氏の)『行政がゆがめられた』という発言は、私に言わせますと、少なくとも獣医学部の問題で強烈な岩盤規制のために10年間、我慢させられてきた岩盤にドリルで国家戦略特区が穴を開けて頂いたということで、
    『ゆがめられた行政が正された』というのが正しい発言ではないのかなと思います」
    と述べた。

       さらに加戸氏は、四国では「獣医師が確保できない」現状もあったとして、国や専門団体が獣医学部誘致に反対することは「あまりにも酷い」と感じていたと説明。その上で、

    「私の知事の任期の終わりの方に、民主党(当時)政権が誕生して『自民党じゃできない、自分たちがやる』と頑張ってくれた。(中略)
    ところが、自民党政権に返り咲いても何も動いていない。何もしないで、ただ今治だけにブレーキをかける。それが、既得権益の擁護団体なのかと、悔しい思いを抱えてきた」
    と声を震わせて訴えた。

    ■YouTubeが「すべてを語り尽くしている」

       このように獣医学部新設をめぐる経過を説明した上で、加戸氏は、自身が訴えてきた獣医師の養成が進まない中で、現在「今治は駄目、今治は駄目、加計ありき」と言われることについて「何でかなと思ってしまう」との不満を漏らした。そして、

    「私は、加計ありきではありません。たまたま、今治選出の議員と加計学園の事務局長がお友達だったからこの話が繋がってきて、飛びついた。これもダメなんでしょうか。お友達であれば、全てがダメなのか」
    と主張。続く質問の答弁では、「本質の議論がされないまま、こんな形で獣医学部がおもちゃになっていることを甚だ残念に思う」とも述べた。

       さらに加戸氏は、加計学園問題をめぐるメディア報道にも不満を漏らした。これまでに受けた取材について、「都合のいいことはカットされて、私の申し上げたいことを取り上げて頂いたメディアは極めて少なかったことは残念」だと指摘。

       その上で、国家戦略特区諮問会議の民間議員が6月13日に開いた記者会見で、加計学園の獣医学部新設のプロセスについて「正当」と結論付けたことを、加戸氏はYouTubeの動画で見たとして、

    「これが国民に知ってもらうべき重要なことなんだなと思いました。(中略)あのYouTubeが全てを語り尽くしているのではないかな、と思います」
    とも話していた。

    つづく

    https://www.j-cast.com/2017/07/11302992.html?p=all

    関連スレ
    【加計】加戸氏「取材があっても都合の良いことはカットされて私の申し上げたいことを取り上げたメディアは少ない。あのYouTubeが全て」©2ch.net
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1499696322/

    動画
    【閉会中審査・加計問題】青山繁晴×前川喜平(ノーカット全編) 加戸前愛媛県知事「行政を歪めたのは前川ら文科省」
    https://www.youtube.com/watch?v=xAIG0jn2-Ns&feature=youtube_gdata_player

    2 名前:ちゃとら ★:2017/07/15(土) 20:50:30.25 ID:CAP_USER9.net

    >>1
    ■三原じゅん子氏「加戸氏も大事な事話してるのに、、、」

       こうした加戸氏の答弁は、主にインターネット上で大きな注目を集めており、その踏み込んだ訴えの内容に賛否の大きく分かれた意見が出ている。加戸氏の答弁を支持するユーザーからは、

    「加戸さんの話は響くものがあった。地方は何か打って出なくてはいけないのに、野党も前川さんも規制で閉めだすことばかり」
    「加戸元知事の切実な訴え聞くとこの問題の本質って既得権益を持つ獣医学会との戦いなんだな・・・・て思う」
    といった意見が出る一方、今回の発言内容について、

    「県議と加計の事務局長がお友達で話が進んだと公平でないことを自分で言ってんだ」
    「今治市に獣医学部の大学を誘致したいという彼の熱い思いと今回の政策プロセスの不透明性の間には何の関係もない」
    と否定的にみる意見もみられた。

       そのほか、前川氏をはじめとした計3人の参考人の答弁のうち、加戸氏の発言がメディアの報道で取り上げられるケースが少ないという指摘も目立った。実際、自民党の三原じゅん子参院議員は7月11日14時過ぎに更新したツイッターで、

    「昨日の閉会中審査の模様が報じられていますが、どの番組も平井卓也議員と青山繁晴議員の質疑はスルー。加戸元愛媛県知事も大事な事話してるのに、、、」
    との不満を漏らしている。

    ■「安倍総理が好きか嫌いかだけで...」

       また、閉会中審査が行われた10日夜に放送された情報番組「ユアタイム」(フジテレビ系)で、番組MCを務めるタレントの市川紗椰さん(30)は、加戸氏の答弁について、

    「私が印象的だったのは、加戸前愛媛県知事です。なんか、それがすべてだったのかなって気もした。経緯を丁寧に説明していて、辻褄が合うんですよね、議事録とかを見ると。なんか、いいのかなって、納得しちゃいました」
    と好意的に捉えていた。

       また、同番組では、国際ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏が、加計学園をめぐる問題を報じるメディアへの「苦言」を漏らす場面も。

       モーリー氏は「(加計学園問題は)そもそも様々な観点があるし、メディアは、それを能動的に一番初めに取材できたと思う」とした上で、

    「ただどうしても、野党による内閣への追及ということで、ショーアップに加担して尻馬に乗ってしまったように思います。だから下手をすると、今回信頼を失うのは自民党というよりも、メディアが敗者になる可能性があります」と指摘。
    続けて、「(メディアは)本来の機能を果たしてこなかったんじゃないか、エンターテインメントと報道を混同してまったのではないか。そう自戒を込めて思います」とも話した。

       こうした発言を受け、市川さんは「この問題について話す人は、目の前にある材料というよりも、安倍総理が好きか嫌いかだけでポジションを取っているような...」との感想を漏らしていた。

    おわり


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500119411
    続きを読む

    【極左知事】加戸守行「前川喜平は決まった後にごねだした。それは潔く酒を酌み交わす霞が関の文化ではない」

    1 名前:和三盆 ★:2017/07/13(木) 01:12:51.97 ID:CAP_USER9.net

    愛媛県前知事の加戸守行氏が安倍総理の潔白を証言したことで加計学園問題の流れは大きく変わった。これまで攻撃側だった前川喜平氏サイドが一転して防戦一方に。

    加戸守行氏の説得力ある論の展開。

    加戸守行「私は霞が関で30数年生活しました。省庁間折衝で、自分の想いを省を代表して、激しい言葉も使い、虎の威を借る狐のような発言もあり、でも事柄が決着した後は酒を酌み交わして決まった事に向かって政策が上がって行く、これが霞が関の文化でした。今回は霞が関の文化が感じられません」← pic.twitter.com/pGTxd0wPtK

    — 500円 (@_500yen) 2017年7月10日

    まずはじめに、獣医学部は薬学部と比較すると理不尽に規制されていたという話が出て、後半から前川喜平批判。まずは前半部分。

    加戸守行「薬剤師の過剰供与をどうするのかっていうのは深刻な問題となっていました。かたや『獣医学部はびた一文ダメです。挙証責任があります』などと論議を聞いている限り、提案した時点から東京の私学は40人とか50人とかの教授人員のままで時代の進展に対応しないまま今日にきております。その中で今治で計画している獣医学部は72人の教授人員でライフサイエンスも感染症対策もやりますと意欲を持って取り組もうとしているのに…。なんて言うのでしょう…イビリ婆さんじゃありませんが、薬学部はどんどんつくってもいいけれど獣医学部はダメだって、こんなことが国際化の時代に、欧米に遅れてはいけない時代にあり得るのだろうかというのが私の思いでまいりました。屁理屈はいいんです」

    後半部分。

    加戸守行「それからもう一つ。私は霞が関で30数年生活いたしました。省庁間折衝で、自分の想いを省を代表して、激しい言葉も使い、場合によっては虎の威を借る狐のような発言もあり、でも事柄が決着した後はお互いに『あんたもきつい言葉使ったね』と言いながら酒を酌み交わして決まった事に向かって次の政策に向かっていく、これが霞が関の文化でした。今回は霞が関の文化が感じられません。少なくとも時代の潮流の中で日本国民が何を求めているのか、それに対応するにはどうすればいいのかを考えるのがいいのであって、私は本質の議論がされないままに、こんな形で獣医学部がおもちゃになっていることを甚だ残念に思います」

    国家戦略特区を進めたい内閣府と既得権益を守ろうとする文部科学省の間で熾烈なバトルがあったことは周知の通り。しかし、加戸守行氏が言うように日本国民をここまで巻き込んで揉めるのは間違っている。文部科学省は獣医学部の新設が不要な理由を説明できないまま交渉で負け、加計学園に決まったのだから素直に受け入れるべきだろう。

    全文はURL先でお願いします。
    http://netgeek.biz/archives/99367


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499875971
    続きを読む

    【閉会中審査】加戸守行前愛媛県知事が前川喜平氏に反論 「ゆがめられた行政がただされた」

    1 名前:ひろし ★:2017/07/10(月) 19:33:44.97 ID:CAP_USER9.net

     学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐる参院の閉会中審査が10日午後、衆院に続いて始まった。参院では参考人として、衆院で答弁した前川喜平前文部科学事務次官らに加え、文科省OBの加戸守行前愛媛県知事が招致された。

     獣医学部誘致を進めた加戸氏は、前川氏の「行政がゆがめられた」との主張を念頭に、「強烈な岩盤に穴が開けられ、ゆがめられた行政がただされた」と学部新設計画の意義を訴えた。

     参院での審査は、文教科学、内閣両委員会の連合審査として開かれた。

    http://www.sankei.com/politics/news/170710/plt1707100034-n1.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499682824
    続きを読む

    【安倍ネガティブ報道】TBS「ひるおび!」で捏造 小池都知事との握手拒否の放送を訂正 ネットで「完全なるフェイクニュース」と指摘

    1 名前:ちゃとら ★:2017/07/10(月) 09:25:02.84 ID:CAP_USER9.net

     6日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、誤った報道をしたことへの訂正をする場面があった。

    番組の「“都議選ショック”で揺れる自民党『閉会中審査』でどうなる“安倍一強体制”」と題したコーナーでは、
    自民党が大敗した東京都議会議員選挙後の影響や、国会が閉会している間に審査の機会を与えるという制度「閉会中審査」について伝えた。

    同コーナーが終了すると、江藤愛アナウンサーが「そして、訂正です」と切り出した。
    江藤アナは「今週月曜日の放送の中で、去年8月の小池知事就任挨拶の模様を紹介しました。
    その際に、自民党の川井都議会議長が、挨拶に来た小池都知事との握手を拒否したとお伝えしましたが、拒否したのは握手ではなく写真撮影でした。失礼いたしました」と訂正文を読み上げた。

    これは、3日放送の同番組で、昨年8月に小池百合子東京都知事が就任挨拶の会場で、自民党の川井重勇氏との握手を拒否したと放送したことに対する訂正だが、
    実はネット上では、3日の放送後に、川井氏は握手を拒んでおらず、小池都知事としっかり握手をしていたというツッコミが入っていたのだ。

    あるTwitterユーザーは、同番組の該当シーンとノーカット映像だとする比較動画をアップし「映像から握手シーンを巧みにカットした完全なるフェイクニュース」と指摘している。

    また、訂正報道後も、別のTwitterユーザーから「捏造報道しておいて、謝罪もなく、訂正だけで済むと思ってる時点で終了。謝ったら負けなのか?」という厳しい指摘が入っている。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13301557/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499646302
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box