橋下

    【橋下徹】内閣総理大臣、特に天皇陛下が靖国参拝されていない現実を認識してから一国会議員は参拝せよ。靖国参拝はファッションかよ

    1 名前:大道寺あや子 ★:2018/08/22(水) 18:55:23.76 ID:CAP_USER9.net

    https://president.jp/articles/-/26004
    旧陸軍墓地を国立戦死者追悼施設に

    終戦記念日を迎えるたびに靖国神社への閣僚の参拝問題が取りざたされるが、一方であまり知られていない事実がある。全国に80ほどある旧陸軍墓地が政府や自治体から放置され、荒廃一歩手前だという。ここに光を当て、国立の追悼施設などをつくるのが「靖国参拝」を唱える政治家たちの務めではないか。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(8月21日配信)より、抜粋記事をお届けします――。

    (略)

    クソの役にも立たない政治家の「ファッション強気」

    国会議員は、外交問題になると、とにかく強気の姿勢を示す。弱腰だと支持が集まらないと思っているのであろう。まあこのような政治家の姿勢は世界共通のところもあるけど。


    写真=iStock.com/TkKurikawa
    しかし、ほんと国会議員のこのような「ファッション強気」はクソの役にも立たないし、何の解決策も生まない。

    (略)

    8月15日の靖国神社への参拝でも国会議員は強気の姿勢を示すのが好きだ。

    もちろん国を守るために命を落とした方々へ、感謝と尊崇の念を表することは当然だ。これは世界各国共通のこと。このようなことが国をあげてきちんと行われることで、兵士も国のために命をかけて戦うことができる。

    (略)

    しかし、靖国神社には敗戦国である日本に特有の問題がある。いわゆるA級戦犯が合祀され、中国・韓国が、日本の政治指導者が靖国に参拝することに対して猛烈な反発をするという問題だ。

    僕も無責任なコメンテーター時代は、戦勝国が勝手に決めた戦犯というものに日本が従う必要はない、靖国参拝に反対するのは中国、韓国くらいで世界の多くの国は靖国参拝に賛成してくれている、などと主張していた。

    ところが現実の政治を経験すると、無責任なコメンテーターの主張がそうは簡単には通らないことを目のあたりにする。

    実際、あの安倍さんでさえ、一度靖国参拝しただけで、その後参拝していない。今では安倍内閣の閣僚全員が参拝しなくなった。何の責任も負っていない一国会議員のときには、あれだけ靖国参拝を強く主張していた稲田朋美さんも、責任を負う防衛大臣に就任した途端、靖国参拝は止めざるを得なかった。言い訳のためにわざわざジブチへ海外出張に行ったくらいだ。天皇陛下も靖国に足をお運びにならない。また、政治指導者は他国を訪問した際、その国の兵士を祀る墓地へ足を運ぶ。日本の政治指導者もアーリントン墓地などに足を運んで花を捧げている。これも世界で共通の常識。ところが、アメリカなどの世界に影響力のある国家の指導者は日本を訪れた際、靖国参拝をしない。

    結局8月15日に、靖国神社に参拝をするのは、何の責任も負っていない国会議員だけである。彼ら彼女らが参拝しても、中国、韓国は猛反発しない。それは、そのような国会議員が参拝しても日本や中国、韓国にとって何の影響力もないと考えているからである。そしてそのような国会議員に限って、100人くらいの集団を組み、「みんなで靖国に参拝しよう!」と張り切って参拝する。中国、韓国から猛批判のある中、その批判をものともせず、自分たちは信念を強く貫いているんだと自己陶酔している。

    あのね、一国会議員の皆さん。責任を負っていないあなたたちが、いくら参拝しようが中国や韓国は気にしていないの。だからそんな大げさに参拝しなくても、普通に行きなさいよ。別にわざわざ集団を組んで、示威する必要はない。そもそも死者を弔う参拝は、一人で静かに行うものなんじゃないのかね。本当に信念を貫くというなら、内閣総理大臣、首相になってからやってみろっていうんだ。

    日本の国会議員の本当の責務は、内閣総理大臣、特に天皇陛下が靖国参拝されていない現実をしっかりと課題として認識し、参拝できるようにその課題解決策を考えることだ。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1534931723
    続きを読む

    【余命ペロペロ事件】懲戒請求した一般市民に対して法的措置を執る弁護士たちの態度振る舞いに橋下徹弁護士が参戦

    1 名前:いちごパンツ ★:2018/05/17(木) 11:24:19.40 ID:CAP_USER9.net

    https://mobile.twitter.com/hashimoto_lo/status/996913734219055104

    橋下徹@hashimoto_lo

    ①懲戒請求した一般市民に対して、法的措置を執るこの弁護士たちの態度振る舞いは言語道断。
    しかも和解金を取るという。一般市民に対する脅しというほかなく、弁護士法56条の品位を失うべき
    非行事実にあたるとみなすことも可能。

    ②そもそも大量の懲戒請求が出ることをも、今の懲戒制度は想定している。ゆえに綱紀委員会が事前に
    一括して処理してく。この2人の弁護士の負担とはいったいどの程度のものか。
    明らかに根拠のない請求なら綱紀委員会が全て却下していく。僕なんかこれまでどれだけ懲戒請求をされてきたか。

    ③この2人の弁護士は一般市民に矛先を向けるのではなく、懲戒制度そのものの問題点を追及すべき。
    弁護士法56条の品位を失うべき非行事実という懲戒事由が曖昧過ぎて、
    どんな懲戒請求も一定の根拠があるようになり、弁護士会側の気持ち次第で懲戒処分ができるようになっている。
    戦前の治安維持法と同じ

    http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/507/081507_hanrei.pdf
    最高裁判所は一般市民の懲戒請求の権利をできる限り保障すべきだと論じている。
    弁護士は国家権力の監督に服さないことの引き換えに、一般市民の懲戒請求権を保障した。
    そしてこのことによって弁護士に生じる負担は受忍すべき範囲内だと。

    ⑤実際、今回の大量の懲戒請求についても、綱紀委員会がさばいていくので弁護士にはほとんど負担がかからない。
    この程度の負担は僕は10年以上も負ってきた。むしろ大阪市長という機関としての行為について、
    大阪弁護士会は懲戒処分を出そうとしていて、こっちの方が負担が大きいよ。

    ⑥もちろん今回、大量の懲戒請求をした人たちの考えや表現に僕は賛成しない。しかし彼らの考えや表現は、
    特定個人の名誉を傷つけるなどの違法行為でない限りは最大限保障されなければならない。
    ちなみに大阪では、朝鮮学校への補助金支給ルールをしっかりと作り、ルールに基づいて判断するように変えた


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1526523859
    続きを読む

    【弁護士会】橋下徹氏の処分検討の方針 市長当時の発言で

    1 名前:みつを ★:2018/01/02(火) 09:13:32.65 ID:CAP_USER9.net

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180102/k10011277121000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004

    1月2日 6時46分
    6年前、当時大阪市長だった橋下徹氏のもとで行われた市の職員を対象にしたアンケート調査が不当労働行為とされたのに、橋下氏が決定に従わず「市の公務員は何百人もクビですよ」などと発言したとして、弁護士会が懲戒処分を検討する方針を決めたことがわかりました。

    大阪市は橋下氏が市長だった平成24年、職員およそ3万人を対象に、労働組合の活動や政治活動の経験についてアンケート調査を行いましたが、これについて翌年の平成25年、大阪府労働委員会が不当労働行為とする決定を出し、その後、市の労働組合が起こした裁判でもアンケートの違法性を認める判決が確定しました。

    この問題で、裁判を起こした労働組合とは別の組合が「橋下氏は労働委員会からこうした行為を繰り返さないと誓約文を出すよう命じられたのに従わなかった。さらに『大阪市の公務員は何百人もクビですよ』などと違法な発言をした」として、弁護士としての橋下氏を懲戒処分にするよう大阪弁護士会に申し立てていました。

    申し立てを受けて大阪弁護士会が「弁護士としての品位を失う行為だ」として、懲戒処分を検討する方針を決めたことが関係者への取材でわかりました。

    これについて橋下氏の秘書は「今の段階ではコメントできない」としています。


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514852012
    続きを読む

    安倍首相と橋下徹氏が会談

    1 名前:復讐の鬼 ★:2017/12/31(日) 12:20:49.78 ID:CAP_USER9.net

    安倍晋三首相は28日夜、東京都内の日本料理店で、日本維新の会前代表の橋下徹前大阪市長と会談した。
    菅義偉官房長官と維新の松井一郎代表(大阪府知事)も同席し、憲法改正への協力を確認した。

     2025年国際博覧会(万博)の大阪誘致や、2年後に大阪開催が見込まれる20カ国・地域(G20)首脳会議も話題に上がった。
    橋下氏はトランプ米大統領の人物像などを熱心に尋ねていたという。

     安倍首相ら4氏による12月末の会談は平成27年から3年連続となり、橋下氏の政界引退後も絶えない関係を印象づけた。

    http://www.sankei.com/politics/news/171229/plt1712290003-n1.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514690449
    続きを読む

    【対談】橋下徹氏、西村博之(ひろゆき)氏の生活保護、ベーシックインカム予算案に感心

    1 名前:ばーど ★:2017/12/27(水) 09:39:06.40 ID:CAP_USER9.net

     21日放送のAbemaTV『橋下徹の即リプ!』に出演した2ちゃんねる創設者の西村博之(ひろゆき)氏が、橋下氏と「ぜひ喋りたい」として、生活保護、ベーシックインカム問題で持論を展開した。

     「生活保護を受けている人の方が、働いてるけど給料低い人よりも収入が多いという状況になっている。これに対して、今の政権は収入を増やのではなく、生活保護を下げるという方針になっている。そんな社会おかしいんじゃないって思う」と西村氏が問題提起すると、橋下氏は「ひろゆきさんが言うのはその通りで、本当は政治の力で国民の収入を上げて行くのが原則だけど、それはなかなかできない。民間の力でやってもらうしかないし、それをサポートするのが政治。生活保護については、働いている人がベースで、そこに合わせていかないといけない。今の水準がいいかどうか、きちんと計算できてない」と指摘する。

     政府は18日、生活保護で支給される生活扶助について、来年秋からの3年間に総額160億円程度減らすことを決定している。

     これについて橋下氏は「自民党政権が160億円下げましたと偉そうに言ってる。"切り詰めるのが政治家の闘いなんだ"と張り切って言う政治家も多い。そこじゃないだろう。生活保護を適正基準に下げるのも必要だと思うが、問題は4兆円近い予算のうち、半分近くを占める医療費。生活保護受給者は医療費の自己負担ゼロだから。ここにメスを入れないのか。大阪では悪徳病院が受給者を集めて、薬を飲みきれないくらいバンバン渡していた。患者の方は無料だし、言われるがまま受け取ってしまう。それはおかしいと思って、薬局の数を絞ろうとしてバトルになった。医師会との関係があるから自民党はここに切り込まない。160億くらいでドヤ顔するのはダメ」とバッサリ。

     「生活保護受給者のうち、8割くらいが病気などの理由で働けない人。金額をどんどん少なくしてしまうと、上に行けない人がほとんどになってしまう。"働いたら良いじゃないか"というのは、生活保護の実態のごく一部のところしか知らない人の意見だ。僕はやっぱり競争や切磋琢磨は重要だと思っているから、大阪でもそれは言い続けた。でも、その土台として上手くいかなかったり、切磋琢磨できない状況の人たちは救済しないといけないという思いがあった。そういう人たちは徹底して救済するんだけど、その額をどうするかが問題だ」(橋下氏)。

     そこで西村氏は、発想を転換してベーシックインカムを導入すべきだと提言する。

     「生活保護を無くして、社会保障費も減らすけど、全員に7、8万円払うので、あとは個々人でなんとかしてくださいという考え方。僕もいろいろ考えていて、世間の人が言うベーシックインカム案と違う案を出し続けている。予算案も考えている」。

    ■西村氏の"予算案"は次のようなものだ。

     「面白そうだと思って計算してみた。月7万円を国民全員に配ろうとすると93兆円が必要。そこでまず無料の人たちも医療費の自己負担を3割負担にすると16兆円できる。生活保護費も切り替えてなくなるので4兆円。そして相続税を1.5倍にし、厚生年金と国民年金の支給額を長期的にベーシックインカムと同じ額にしていく。これについては、僕らの年代は払った額と同じくらいの年金がもらえるけど、20代は払った額もらえないので、長期的には"払った額以上はもらえないのは仕方ないよね"という社会合意もできてくると思う。そうやって社会保障を全て無くしてしまえば25兆円浮く。さらに解雇規制を無くして、企業は優秀な社員だけ集めて、どんどんクビにできるようにする。ベーシックインカムがあるんだから、クビにされてもしばらくは生活できる」。

     橋下氏が「7万円では子どもがいる家庭は厳しいのでは?」と訪ねると、西村氏は「2人親なら14万。働かないんだったら都会に住む必要もないので、家賃3万円とかで済む。僕の案だと、子どもは大人の半額もらえるので、親子2人・子ども1人で可処分所得は15万円という計算。問題ないんじゃないですか」と反論。

    >>2以降に続く

    配信2017年12月27日 7時0分
    ライブドアニュース(AbemaTIMES)
    http://news.livedoor.com/article/detail/14084638/

    2 名前:ばーど ★:2017/12/27(水) 09:39:15.81 ID:CAP_USER9.net

    >>1

    橋下氏が感心しながら「どっからお金をもってくるかの問題だね。これまでかなりの額を払ってきた人に相続税や年金支給額を下げていくというのを説明するのは政治的には難しいけど、計算が合うんだったらいいと思う。もう一つ重要なのは、社会保障制度に関連する組織を簡素化すれば、そっちのお金も回すことができるかな」と話すと、西村氏は「公務員減らすって言うと法案が通らなくなるから、あえて言わないんです(笑)。誰かがこの案で法律作ってくれれば、僕は月7万もらえるじゃないですか(笑)。それをやろうと思ったら、公務員や選挙に行く高齢者を敵に回しちゃいけないんですよ!」と返答。

     初対面だという二人、ラトビアの住民権を取得、フランスで生活している西村氏の大胆プランに橋下氏も「面白いですね。日本に戻ってきて!こういう人が思いっ切り活躍できる場を作るのが政治なのに、逆に押さえつけるようになってるのが今の日本だ」と話していた。(AbemaTV/『橋下徹の即リプ!』より)

    おわり


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1514335146
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    最新記事
    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box