パチ

    【遊戯】パチンコ店に行ってもパチンコを打たない人たちの事情

    1 名前:砂漠のマスカレード ★:2020/01/07(火) 17:07:27.48 ID:7QxD8bcY9.net

    かつては「30兆円産業」といわれていたパチンコ・パチスロ業界だが、公益財団法人日本生産性本部が発表した「レジャー白書2019」によると、
    2018年の市場規模は20兆7000億円にまで落ち込んでいるという。
    パチンコ業界に詳しいフリーライターの藤井夏樹氏はこう話す。

    「パチンコ業界のピークは1995年前後。この頃の市場規模が30兆円といわれ、現在は20兆円程度。
    つまり、約25年で3分の2にまで縮小しています。その背景には、まずパチンコ・パチスロの出玉性能の変化があるでしょう。

    パチンコ業界の傾向として、機種の射幸性(ギャンブル性)が抑えられてきており、大きく勝つ可能性が低下。
    その分大負けする可能性も低くなり、緩やかに遊べるようになっているのですが、やはりユーザーはよりスリリングな機種を求めがちなので、遊技人口が減少しています。
    パチンコ店の数もかなり減ってきており、ピーク時は全国で1万8000店ほどだったのが、最近では1万店を割っています」(藤井氏)

    ピーク時の半分近くにまで減っているパチンコ店。客を呼び込むために様々なサービスをする店も増えている。

    「パチンコを打たない人向けのサービスも多いです。広々とした休憩スペースがあったり、マッサージチェアがあったり、漫画喫茶のように無料で読める漫画がたくさんおいてあるホールもあります」(藤井氏)

    そうした流れを受けてなのか、パチンコは全く打たないが、パチンコ店には行くという人もいるという。

    30代・主婦のAさんは、ギャンブルはまったくしない。しかし、休日に夫と一緒にパチンコ店に行くことは多いという。

    「夫がパチンコ好きで、休日によく行くので、それに付いて行くんです。私たちがよく行っているのは、ショッピングモールと隣接しているパチンコ店。
    休日の昼前くらいに、車で行くのですが、私が買い物をしている間、夫はパチンコを打っている。
    買い物が終わったら荷物を車に置いて、パチンコ店で夫と合流。夫は『もうちょっと打ちたい』ということが多いので、その間、私はパチンコ店内の休憩スペースで待っています。
    漫画もあるし、無料でもらえる飴なんかもあるし、良いリラックスタイムです」(Aさん)

    一方、20代・男子大学生のBさんも、パチンコ店の休憩スペースをよく利用するという。

    「一応パチスロを打つこともあるんですが、最近の機種は出玉も少なくて、あまり勝てなくなってきた。
    高設定台とかチャンスゾーンに近い台なんかを探して打っているのですが、なかなか良い台がない。
    だから、パチンコ店に行っても、ずっと休憩スペースで良い台が空くまで待機しているということも多いです。
    気がついたら打てそうな台がまったくなくて、1日中休憩スペースで漫画を読んでいたなんてこともあります(笑)」(Bさん)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200107-00000003-moneypost-bus_all
    1/7(火) 15:00配信


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1578384447
    続きを読む

    「パチンコ議員」岩屋毅氏 パチンコチェーンストア協会「アドバイザー自民党議員」から名前が消える 秋元司容疑者も消去

    1 名前:ばーど ★:2020/01/05(日) 07:22:14.69 ID:rwTqNDtT9.net

    ※週末政治

    https://news.livedoor.com/topics/detail/17617820/
    IR事業を巡り現金受領があったと報道された岩屋毅氏に、筆者が言及している
    岩屋氏はパチンコチェーンストア協会の政治分野アドバイザーだったと指摘
    現在は秋元司容疑者と共に、岩屋氏の名前もサイトから消えていると述べた

    以下ソース先で
    https://blogos.com/article/427491/

    https://static.blogos.com/media/img/293217/raw.jpg

    https://static.blogos.com/media/img/293216/raw.jpg



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1578176534
    続きを読む

    【遊技】半年で2億円荒稼ぎ!90年代に全国のパチンコ店を震撼させたプロ集団「梁山泊」の伝説

    1 名前:ひぃぃ ★:2020/01/03(金) 21:59:59.72 ID:QxLbrJMj9.net

    自分は元々新卒でパチンコ屋の社員になった。その後はパチンコ・パチスロ解析攻略サイトでも仕事をしていたこともあり、最近はパチンコに関するコラムをよく書いている。

    実際パチンコを取り巻く環境や人の生きざまというのは、興味深いものだ。泣きながら祈るように、借金で遊技をする人。その人をドン引きしながら見守る従業員。そういう人間模様を見つつも外車を乗り回せている店長に、その店長へ新台の導入をあの手この手でおねだりするメーカーの営業マン。

    パチンコホールには独特の人間の黒い部分がしとどに詰まっていて、見る分にはそりゃあ最高だった。(文:松本ミゾレ)

    ■「春一番」の攻略で一躍有名に 当時はテレビでも特集されていた

    ところでみなさんは、パチンコ攻略集団の「梁山泊」をご存じだろうか。1990年代に全国各地のパチンコホールで、独自の攻略法とやらを用いて出玉をぶっこ抜きまくったプロ集団だ。全盛期には半年で2億円稼いでいたという。

    関西に本拠地を持ち、全国に名を轟かせた梁山泊。何がそんなに凄いのか。その理由は、ゴト行為などの不正をしないで、90年代当時のまだまだ攻略のし甲斐のあったパチンコ台を文字通り"攻略"し、大当たりの嵐を巻き起こしていたからだ。「春一番」という人気機種を攻略して一躍有名になった。

    当時の「梁山泊」の攻略する様子を知る人曰く「数人で突如ホールに来店し、同じ機種に座って一瞬で大当たりさせていた」という。しかもその大当たりは延々続き、たちまち彼らの背後にはドル箱の山が築かれた。

    そして梁山泊は基本的には短時間でのぶっこ抜きを是とし、長々と店に居座ることはなかったとも言われている。だからある意味では、彼らのこの攻略ショーが一つの娯楽として、その場に居合わせた遊技客の目を楽しませ、溜飲を下げさせた部分もあるのではないかと推測する。

    梁山泊の活動当時はテレビでもその動静が特集されており、全国のパチンコファンを熱狂させるとともに、各地のパチンコホール店長を戦々恐々とさせた。

    さて、僕が全国規模でホールを展開する企業に高卒で入社したのが2003年のこと。この時には既に梁山泊はパチンコ攻略集団としての活動はしていなかったようだが、それでも「梁山泊」という名前は早い段階で上司から知らされた。そう考えると、あの業界においては相当な影響力を持つ集団だったということがうかがい知れる。そしてつまり「梁山泊」という名前自体に価値があった。

    ところがその当時、具体的に彼らの活動が気になってネットで調べてみると、胡散臭い攻略法販売についての情報ばかりがヒットしていた。が、これは本家の梁山泊とは何ら関わりのない団体による商売だったようだ。

    2000年代には「梁山泊」という肩書きを使った同名のパチンコ攻略法販売会社が、2000年代には複数存在していた。元祖攻略集団の梁山泊は既に活動していなかったが、「梁山泊」を名乗るガセ攻略販売会社は、あの当時いくつかあった。

    実際、当時のパチンコ雑誌なんかは今よりももっと数が多かったが、大半はガセ攻略を販売する会社の広告で占められていた。雑誌によっては攻略記事などほとんど掲載されておらず、攻略法詐欺とサラ金の広告だらけという粗末なものまであった。そういうインチキが金になる時代だったのだ。かの梁山泊の名前をかたる面々が多かったのも、仕方ない。

    ■かつては、台の"欠陥"をついた攻略法が確かに存在していた

    ちなみに2003年当時、攻略法の存在なんてありえないと思っていた僕が、ためしに本社のおじさんに「攻略法なんて本当はないんですよね?」と質問したことがある。するとこのおじさんは普通のテンションで「あるよ、ある」と答えた。

    実際、社員研修ではゴト装置を使って不正に台の設定を変える手口があることや、中国人が徒党を組んで荒っぽい不正をした事例などが紹介されていた。しかしそれらは犯罪であり、厳密には攻略法ではない。

    だから僕は、その本社のおじさんの肯定の言葉に対しても「田舎の若者だと思って担いでるズラ」ぐらいにしか思っていなかった。

    ところが、それからほどなくして『ゴールドX』というパチスロ機が自店に導入されることになった。この機種がなんと、非常に簡単な手順を踏むだけでメダルが出てしまうという欠陥機。それに…

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    2020年1月3日 8時0分 キャリコネニュース
    https://news.livedoor.com/article/detail/17613332/

    画像
    https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/5/9/5959c_1591_f0a74107d26e0d5c045ad2c3ccb2832e.jpg



    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1578056399
    続きを読む

    野党「うさんくさいカジノは禁止だ!」 ネトウヨA「パチンコは?」 ネトウヨB「パチンコは?」 ネトウヨC「パチンコは?」

    1 名前:1号 ★:2019/12/27(金) 18:37:17.09 ID:bj5fHXeN9.net

    https://mainichi.jp/articles/20191225/k00/00m/010/106000c
    毎日新聞
    @mainichi
    「多くの国民はIRうさんくさく思っている」。立憲・安住氏はカジノ禁止法案提出の方針を明らかにしました。
    午後1:10 · 2019年12月25日

    https://livedoor.sp.blogimg.jp/nanyade/imgs/0/d/0dac9d5d.jpg

    反応
    https://livedoor.sp.blogimg.jp/nanyade/imgs/9/9/99f2c5c1.jpg

    ソース
    2019/12/26 16:51
    http://blog.livedoor.jp/nanyade/archives/22783468.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1577439437
    続きを読む

    【IR汚職事件】パチンコチェーン本社を捜索 東京地検特捜部

    1 名前:首都圏の虎 ★:2019/12/26(木) 14:11:47.01 ID:rR62+WEk9.net

    IR=統合型リゾート施設をめぐり秋元司衆議院議員が逮捕された汚職事件の関係先として、東京地検特捜部が26日、東京 中央区にある大手パチンコチェーンの本社の捜索を始めたことが関係者への取材で分かりました。この会社は秋元議員が以前、顧問を務めていた会社と取り引きがあったということで、特捜部は秋元議員周辺の資金の流れの解明を進めているものとみられます。




    自民党を離党した衆議院議員の秋元司容疑者(48)はIR=統合型リゾート施設などを担当する内閣府などの副大臣を務めていたおととし9月、IRへの参入を目指していた中国企業側から現金300万円などの賄賂を受け取ったなどとして、25日、収賄の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。

    この事件の関係先として特捜部が26日、東京 中央区にある大手パチンコチェーンの本社の捜索を始めたことが関係者への取材でわかりました。

    このパチンコチェーンは秋元議員の元政策秘書が平成23年に都内に設立し、秋元議員が一時、顧問を務めていた会社と取り引きがあったということで、特捜部は秋元議員周辺の資金の流れの解明を進めるものとみられます。

    秋元議員は、IRのほかパチンコやナイトクラブなどの娯楽産業の振興にも力を入れていました。

    秋元議員は逮捕容疑について「一切、身に覚えがない」などと全面的に否認しているということです。

    2019年12月26日 14時06分 NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191226/k10012228981000.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1577337107
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box