韓国

    【韓国メディア】「竹島は紛争地域だ。韓国の領有権主張は間違っている」 在日米軍、公開動画で言及

    1 名前:ニライカナイφ ★:2019/01/15(火) 20:56:38.74 ID:1jl8OSgF9.net

    ◆ 「リアンクール岩礁は紛争地域」…在日米軍、公開動画で独島にも言及

    在日米軍司令部(USFJ)は、昨年末に公開した動画で独島(ドクト、日本名・竹島)を紛争地域だと明らかにするなど日本側の主張を紹介した。

    この動画の中で、「この地域は数十年、数百年にわたる領土紛争で特徴づけられる(the region is characterized by territorial dispute)」と説明した。

    あわせて領土紛争地域の地図にリアンクール暗礁(Liancourt Rocks、独島の西洋式名称)、クリル列島(千島列島)、南シナ海、尖閣諸島(中国名・釣魚島)を表示した。

    紛争地域としての独島への言及は、日本政府の立場が一方的に反映されたとの指摘だ。

    日本は独島問題を領土問題として争点化しているが、韓国政府はこれを認めていない。

    独島が歴史的・国際法的に大韓民国の領土であるという基調で、韓日間に独島に関連した領土・領有権問題は全く存在しないというのが韓国政府の立場だ。

    そのため、海上哨戒機射撃統制レーダー照射論争や歴史問題などで韓日間で対立が激化する状況で、米国が日本の立場に傾いているのではないかとの懸念もある。

    これに関連して、韓国政府当局者は「韓米間の同盟に異常はない」と強調した。

    中央日報日本語版 2019/1/15(火) 7:32
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000005-cnippou-kr


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1547553398
    続きを読む

    【韓国国防記者】「韓国の国防部が、"主な敵"を北朝鮮から日本に変えようとしている」

    1 名前:豆次郎 ★:2019/01/15(火) 21:43:24.66 ID:LEUWd9yb9.net

    レーダー照射問題、元駐日韓国大使館公使「韓国軍は正常に反応したいのに、青瓦台がそれを許さない」
    2019.01.15 12:47

     韓国海軍艦艇による自衛隊機へのレーダー照射問題をめぐって、日本側が映像を公開する前日の12月27日に水面下で行われた日韓の防衛当局間による協議の席上、日本側が"動かぬ証拠"を提示していたことが取材で明らかになった。それは自衛隊機が記録していた韓国レーダーの「周波数特性」だという。

     軍艦の火器管制レーダーは、全て別々の周波数を使用していることから、いわばレーダー版の"指紋"なのだという。「過去に収集した当該駆逐艦のデータと、今回のレーダーの周波数特性が合致している」というのが日本側の主張だが、韓国側は「我々は照射していない。その数字が証拠だと言うなら生のデータを出してほしい。韓国側で解析する」と反論。これに対し日本側が「データを出すなら相互主義だろう。お互いがデータを出し合い、照合して白黒つけよう」と提案すると、韓国側は「韓国の場合、レーダーの特性は機密だから渡せない」と応じたという。

     話し合いは平行線をたどり、日本側は翌日、レーダー照射の瞬間の動画を公開することになった。日本政府関係者は協議を振り返り、「ここで認めて謝ってくれれば穏便におさめるつもりだったのに誠意が確認できなかった」と話しているという。

     また、韓国が反論動画を公開した当日、自衛隊の統合幕僚副長がアメリカ側に仲裁を頼もうとしたという。岩屋毅防衛大臣は8日、「日米韓の防衛当局間の連携は非常に重要」とし、「日米間は常に緊密に相互に提供し合っている。もちろん今般の事案も韓国と協議中とは伝えている」と述べた。日本政府関係者は「アメリカは日韓双方が同盟国ということもあり、明確な評価は避けた。関与したくないのだろう。ただ、内心は分かっていると思う」と話している。


     岩屋大臣が、韓国と日本の実務者協議において「極秘扱いで自衛隊機が傍受した韓国艦艇のレーダー波記録を韓国側記録と交換する考え」を示唆していることについて、12日放送のAbemaTV『みのもんたのよるバズ!』に出演した元海上自衛隊海将の伊藤俊幸氏は「韓国と直接情報交換ができるGSOMIAという枠組みを作っているので、お互いに秘密指定をすれば渡すことができる。それで交換しましょうというのがこちらの提案だと思う」と推測。


     自民党の山本ともひろ国防部会長は「平成25年にも中国海軍の艦艇から火器管制レーダーを向けられたことがあるが、その時もデータを我が方で解析し、証拠を持っているという話をしたら、あの中国がデータを出せとも言わずに認めた。横須賀にある海上自衛隊の電子情報支援隊で解析できていて、我々は証拠を持っている。友好国なので普通はそこでお手上げになるはずだが、なぜか韓国は否定をし続ける」とコメントした。


     元駐日韓国大使館公使の洪熒氏氏は「文在寅政権の韓国と、その前の韓国は違う。軍は正常に反応したいのに、青瓦台がそれを許さない。それで全ての混乱が生じている。現場で何かがあったら、艦長が自衛隊に"これはまずかった。単純なミスだ"と連絡すれば終わること。そういうことをこんなに問題にしたのは結局、文在寅政権だ。とんでもない勢力に国の中枢部が乗っ取られている。最近の話だが、国防の専門記者がテレビでこんなことを言った。"韓国の国防部が、主な敵を北から日本に変えようと、そういう教育をさせようとしている"と。その専門家はテレビ出演を禁止された」と指摘していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

    https://abematimes.com/posts/5564094


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1547556204
    続きを読む

    【韓国】国防省関係者「日本が今後も低空飛行をすれば座視しない。われわれも低空威嚇飛行ができる」

    1 名前:動物園 ★:2019/01/15(火) 19:22:31.59 ID:s8eopw6W9.net

    韓国国防省関係者は、あらためて、日本の自衛隊哨戒機の飛行について、「日本が今後も低空飛行をすれば座視しない。われわれも低空威嚇飛行ができる」と述べ、対抗措置を辞さない強硬姿勢を示した。

    こうした中、韓国の世論調査会社が14日発表した調査では、レーダー照射問題や元徴用工訴訟に対する文在寅政権の姿勢について、「より強く対応すべきだ」とする回答がおよそ46%に達し、「自制すべきだ」は、およそ13%にとどまった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190115-00409790-fnn-int


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1547547751
    続きを読む

    【国際】韓国国防白書、「日本と価値共有」削除

    1 名前:動物園 ★:2019/01/15(火) 14:02:34.15 ID:s8eopw6W9.net

    【ソウル聯合ニュース】韓国国防部が15日に公表した2018年版の国防白書では、日本との関係について「自由民主主義と市場経済の基本価値を共有している」という過去の白書にあった文言を削除した。韓国大法院(最高裁)が日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者への賠償を日本企業に命じる確定判決を出したことや、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射したと日本が主張する問題などで両国関係が悪化している状況を反映したものとみられる。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/15/2019011580093.html


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1547528554
    続きを読む

    【軍事】もし日韓が戦えば…量では自衛隊を圧倒するものの練度と運用がお粗末で“独島防衛”にしか戦意を刺激されない韓国軍

    1 名前:ニライカナイφ ★:2019/01/15(火) 11:49:26.53 ID:Cm42UB5I9.net

    ◆もし日韓戦わば… 軍事力の差は歴然だった

    近年、“韓国軍の反日アピール”は、激しくなる一方だ。
    軍艦の名称にしても、イージス艦「世宗大王」(2007年進水)は15世紀に対馬を侵略した王の名前。
    伊藤博文を暗殺した「安重根」の名を冠した潜水艦(2008年進水)もある。
    昨年は韓国海軍主催の国際観艦式で、海自艦艇に自衛艦旗(旭日旗)の掲揚自粛を求めてきた。
    ただ、幼稚な挑発を繰り返す隣国の軍の“実力”はというと──。

    ◆軍艦が漂流

    単純に「量」だけを比較すれば、韓国軍は日本の自衛隊を圧倒する。
    人口が日本の半分以下でありながら、韓国軍の総兵力は63万人。
    23万人の自衛隊をはるかに上回り、予備役に至っては310万人を数える(自衛隊では3万人)。
    また、日本の防衛費はGDPのおよそ1%だが、韓国はそれを大きく上回り、2%超となっている。
    では、韓国軍の実力が自衛隊を凌駕しているかといえば、そうではない。前出・井上氏がいう。

    「戦闘機をはじめとした作戦機体数でも韓国軍は自衛隊を上回る。その性能を見ても、たとえば韓国の主力戦闘機F15Kは、航空自衛隊のF15Jと比べて“上”と言えるでしょう。ただ、練度や運用に疑問符がつきます。過去には地上走行中のF15Kの車輪がマンホールにはまって傾き、機体を損傷したこともあります」

    米軍や日本の自衛隊が志願制なのに対し、「韓国軍は徴兵制で兵士の士気にバラつきもあり、最新鋭の武器を揃えていても部隊運用に問題が出てくる可能性がある」(同前)わけだ。
    2016年2月に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した際は、日米韓のイージス艦がそれぞれ弾道を追ったが、韓国の「世宗大王」だけがミサイルを見失い、日米に問い合わせる事態となった。

    「日本も韓国も、イージス艦には米国直輸入の最新鋭レーダーシステム『SPY-1』を搭載していたが、韓国軍だけ追尾する能力が足りなかった」(同前)

    2013年には、これまた日本への嫌がらせのような名前の強襲揚陸艦「独島(不法占拠中の島根県・竹島の韓国名)」が、“平時の海”で航行不能となり、漂流した。
    原因は艦内の火災。搭載した2つの発電機のうち1つから出火し、消火中に海水が流れ込んできてもう1つの発電機も停止したという。

    「2010年の延坪島砲撃事件では、北朝鮮の撃った砲弾がターゲットである韓国軍のK9自走砲に命中した一方、韓国側の反撃弾のほとんどが北朝鮮陣地後方の畑に落ちた。しかも韓国軍が配していた自走砲6門のうち実際に動いたのは3門だけ。整備、運用の不備を露呈してしまった。これは、高い稼働率を誇る日本の自衛隊ではとても考えられないレベルです」(井上氏)

    韓国軍の兵士の“レベルダウン”も進んでいる。産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏の指摘。

    「今の若い兵士は消費社会の空気の中で育っています。彼らの待遇改善の要望に応えるかたちで軍施設にはカラオケルームや健康設備がつくられ、兵舎のロッカーを開けると化粧品でいっぱいだといいます。一人っ子家庭が増える中、男子を送り出す母親も神経質で、軍当局は訓練で兵士が怪我したらいちいちその経過を報告する。家族のケアに翻弄されている実情がある」

    ◆北と核ミサイルを共同開発!?

    1993年に韓国で発売された小説『ムクゲノ花ガ咲キマシタ』(金辰明・著)は、日本が“独島”を急襲し、軍事占領したことで日韓開戦となるストーリーだ。
    当初、押されていた韓国側が、北朝鮮と共同で開発した核ミサイルを東京湾に打ち込み戦況が一変、日本が白旗を揚げる──という結末だが、こうした作品が大人気となるのが韓国だ。黒田氏はこうため息をつく。

    「同書は100万部を超える大ベストセラーになり、映画化もされました。同様の設定は韓国の大衆小説の定番。しかも、話は日本による“侵略”から始まるものばかりです。『独島防衛』が、韓国人の戦意を最も刺激する“元気の素”ということなのでしょう」

    当然ながら、日米韓は連携して「北朝鮮の脅威」と向き合わなくてはならない。実力もないのに“戦意”ばかり旺盛な“同盟国”では、有事の際の不安は募るばかりだ。

    ※週刊ポスト2019年1月18・25日号

    ※記事を一部引用しました。全文は下記のリンク先でご覧下さい。

    NEWSポストセブン 2019.01.11 11:00
    https://www.news-postseven.com/archives/20190111_844903.html?PAGE=1
    https://www.news-postseven.com/archives/20190111_844903.html?PAGE=2
    https://www.news-postseven.com/archives/20190111_844903.html?PAGE=3
    https://www.news-postseven.com/archives/20190111_844903.html?PAGE=4


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1547520566
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box