ミク

    【アベノミクス】政府、大学など高等教育無償化へ ※世帯年収270万円未満限定 300~380万未満は1/3のみ補助、380万以上は補助なし

    1 名前:スタス ★:2018/06/16(土) 03:10:45.94 ID:CAP_USER9.net

    大学無償化、年収380万円未満=保育補助に上限-人生100年会議


     政府は13日、安倍政権の看板政策「人づくり革命」の具体化に向けた「人生100年時代構想会議」
    (議長・安倍晋三首相)を首相官邸で開き、最終報告に当たる「基本構想」を取りまとめた。

    大学など高等教育の無償化について、対象を年収380万円未満の世帯に絞り込んだ。

    幼児教育の無償化では、認可外保育施設も対象に含める一方、補助に上限を設けた。

    このほか、社会人の学び直しや高齢者雇用の促進も柱に据えた。

     大学、短大、専門学校の高等教育については、全ての住民税非課税世帯(年収270万円未満)を対象に、
    2020年4月から授業料減免と給付型奨学金の拡充を実施。

    年収270万~300万円未満の世帯には3分の2相当、年収300万~380万円未満の世帯には
    3分の1相当の部分的な補助とする。

     幼稚園・保育所などの認可施設については、全ての3~5歳児と、
    住民税非課税世帯の0~2歳児で無償化を実施。

    認可外施設の場合は、3~5歳児は月3万7000円、0~2歳児は月4万2000円を上限に補助することとした。
    時期に関しては「19年10月からの全面実施を目指す」と明記した。(2018/06/13-21:08)

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061301194&g=pol

    2 名前:スタス ★:2018/06/16(土) 03:11:43.48 ID:CAP_USER9.net

    関連スレ

    【増税】政府、来年10月予定の「消費税10%引き上げ」明記した“骨太の方針”を閣議決定
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1529084838/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1529086245
    続きを読む

    【アベノミクス】大手企業の夏ボーナス、過去最高額 96万円(+6.71% 前年比)

    1 名前:ばーど ★:2018/06/14(木) 16:24:19.76 ID:CAP_USER9.net

     経団連が14日発表した大手企業の夏の賞与・一時金(ボーナス)の第1回集計によると、組合員の平均妥結額は昨年夏比6.71%増の96万7386円となり、第1回集計としては過去最高額となった。

    2018/6/14 16:02
    共同通信
    https://this.kiji.is/379889122418066529


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1528961059
    続きを読む

    【社会】「アベノミクス」ってどんな成果をあげたの?答えられなかったアナタは要チェック!

    1 名前:しじみ ★:2018/06/11(月) 19:53:24.18 ID:CAP_USER9.net

    「アベノミクス」という政策はもちろん聞いたことがあるだろう。
    しかし、実際にどのようなことをしていて、どんな結果がもたらされているか、
    その先に日本の未来がどうなるのか、ということを理解している人は少数派かもしれない。

     アベノミクスの悪い話はあまり聞かない。むしろ、日経平均株価が上昇し、
    就職氷河期と言われた数年前に比べ新卒採用が売り手市場になっていると聞くこともある。
    生活の中であまり実感はないものの、少しずつ景気が良くなっている空気を感じてしまうのは、
    私だけではないはずだ。

    ■アベノミクスを成す「三本の矢」とは

     安倍首相とエコノミクス(経済)を掛け合わせた「アベノミクス」。要するに、本書は日本経済の話だ。
    経済と聞くと「難しい」と感じてしまう人が多いかもしれないが、
    本書は何でも知っているモノシリ生物・モノシリンと太郎くんとの平易な対話形式で解説が進む。
    そのため、一般的な経済関連の書籍に比べ、経済に親しみがない人でもわかりやすく、
    読みやすい工夫が施されているのも特長だ。

     さまざまなデータ・客観的事実をもとに分析したアベノミクスの実態に触れる前に、
    まずはアベノミクスの概略についておさらいしたい。
    アベノミクスは“三本の矢”と呼ばれる政策の総称で、以下の3つのこと。

    (1)大胆な金融政策
    (2)機動的な財政政策
    (3)民間投資を喚起する成長戦略

     第一の矢と呼ばれる「大胆な金融政策」は、日銀が民間銀行にお金を供給し、世の中のお金の量を増やす政策。
    お金の量が増えると相対的にお金の価値は下がり、物の価値、つまり物価が上昇する性質がある。
    簡単に言えば、物価を上げる政策だ。

     これまでの日本は物価が下がり、企業の利益が下がり、従業員の給料が下がり、
    購買意欲が低下するデフレ(デフレーション)の状態だった。
    さらに、企業が商品をより多く売ろうとさらに物価を下げる。
    例えば、牛丼チェーン店の値下げ合戦を覚えている人も多いかもしれない。
    少しでも値段を下げ、牛丼を食べてもらっても、最終的に利益は下がってしまう。
    しかし、他の競合店にお客を取られないよう、値下げの動きは止められない。この状態が長く続いてしまった日本。
    このデフレを脱却するため、お金の量を増やし、物価を上げ、企業の利益を上げ、給料を上げ、
    購買意欲を向上させることが、第一の矢の目的である。

     第二の矢は政府が公共事業などを行うことで、国民にお金を行き渡らせる政策。
    第三の矢は規制緩和などによって、企業が利益を上げ儲けやすい環境を作り、さらに経済を活性化させるというものだ。

    ■アベノミクスは、我々生活者に何をもたらしたのか

     アベノミクスが行われた結果、はたして日本経済は改善されたのか。
    結果は残念ながら、停滞を続けたままだ。
    むしろ、物価だけが上昇するスタグフレーションという状態になってしまっている。
    要するに、給料は変わらず、物の値段だけが上がっているという我々生活者にとって最悪の状況だ。
    アベノミクスは経済活性化、賃金上昇と物価上昇がほぼ同時に起こることが本来の目的。
    アベノミクス以前に望んだ成果は、出ていないのが実情だ。

    また、冒頭でアベノミクスの成果として挙げた日経平均株価の上昇は、
    実は世界全体における円安の動きによるもの。
    雇用改善は少子高齢化、そして高齢化に伴う医療・介護分野の需要拡大が原因とのこと。
    つまり、少子高齢化におけるプラス面が作用したにすぎず、
    雇用改善の動きはすでに民主党政権から見られていたという。
    この他にも、言葉だけが独り歩きするアベノミクスの知られざる一面が、本書で数多く語られている。

     本書の最後にはアベノミクスの副作用について書かれており、
    このまま放置を続ければ、日本経済が破綻してしまう可能性もあるという。
    もちろん本書の予測全てが正しく、これから必ず起こることだとは言えない。
    しかし、「知らない」「わからない」「見たくない」と安易に蓋をしてしまうには、あまりにも大きな問題だ。
    まずは今起こっていることを知ること。
    そして、次には「森友・加計問題はもういいから、真っ先に経済を何とかしてくれ!」と声をあげる必要があるだろう。

    続きはソースで

    https://ddnavi.com/wp-content/uploads/2018/06/abenomicsB.jpg

    https://ddnavi.com/review/463667/a/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1528714404
    続きを読む

    【経済】アベノミクスで雇用は100万人増えたが…増加分の8割は女性、生産性・賃金低いサービス業に集中 高度成長期と異なる構図

    1 名前:ばーど ★:2018/04/08(日) 19:22:43.47 ID:CAP_USER9.net

    2012年にアベノミクスが始まってから日本の雇用は100万人以上増えた。ただ増加分の8割は女性で、賃金水準が低い介護などのサービス業に集中。

    さらに、データをみると労働生産性が高い製造業が構造調整で人手を減らす一方、生産性が低いサービス業に労働力が集まる姿が浮き彫りになっている。

    完全雇用といわれる状態でも手取り収入は増えず、労働の質は高まっていない。

    内閣府の国民経済計算年次推計によると、日本の就...

    2018年4月7日 23:00
    日本経済新聞 全文は会員登録をしてお読みいただけます
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO29130260X00C18A4EA3000?s=3


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1523182963
    続きを読む

    【経済】内閣退陣なら日本再生を助けたアベノミクスに支障 待つのは円高、首相が次々と交代する回転ドア状態に戻る

    1 名前:復讐の鬼 ★:2018/03/19(月) 12:08:37.34 ID:CAP_USER9.net

    アナリストの間でも、スキャンダルが財務省内に留まれば安倍首相は安泰だが、
    これ以上広がれば、首相と自民党の地位が揺らぎかねないという意見があるという。ブラウンブラザーズハリマン証券のストラテジストも、
    スキャンダルは政権支持への重しとなっており、中国や北朝鮮への強い態度で安倍首相が得た人気も失われつつあると見ている

    ◆アベノミクスも終了か?待つのは円高

     CNBCは、安倍首相が退陣した場合の日本経済の行方を懸念し、日本再生を助けたアベノミクスに支障をもたらすと指摘する。
    政治リスクコンサルタント会社Teneo Intelligenceのトバイアス・ハリス氏は、首相が任期を満了して退いた場合、
    アベノミクスを継承する後継者へのサポートをすることができるが、途中退陣となった場合、強い関与はできないだろうとしている(CNBC)。

     マーケット・ウォッチは、安倍首相退陣となれば、アベノミクスが終わるかもしれないと見ている。
    そしてアベノミクスの量的緩和がもたらした円安から、円高に戻る可能性を指摘している。

     一方、フィナンシャル・タイムズ紙は、投資の観点から、安倍政権退陣でも1年前に比べればそれほどダメージはないという意見を紹介している。
    アベノミクスは投資テーマとしてはアクティブな魅力はすでに失っているうえ、グローバル経済のおかげで景況感は良いし、
    2018年度の予算も決定し、黒田日銀総裁の2期目も承認済みだ。
    日本経済は、株式ファンド、ウィズダムツリー・ジャパンのジェスパー・コール氏に言わせれば、「自動操縦モード」にあり、
    すぐには変わらないという見方のようだ。

    ◆挑戦者は実質なし?結局続投も

     ロイターは、岸田元外相、石破元防衛相が後継者と見られているが、

    どちらも安倍首相チームと同等のスキルで官邸パワーのレバーを引く資質はなさそうだというアナリストの意見を紹介している。

    結局以前の首相が次々と交代する回転ドア状態に戻りそうだと一部の専門家は指摘している。

     前出のコール氏は、党内に真の挑戦者はいないと述べ、安倍首相が再選されるのではないかとも述べる。
    これからの数週間が、安倍首相にチャレンジするには絶好の時期だが、だれもそれができるだけの首尾一貫した戦略をまとめていないため、
    結局出て来ないと予想している(CNBC)

    CNBCは、ニュース通信社ダウ・ジョーンズとアメリカの大手テレビネットワークのひとつNBCが共同設立したニュース専門放送局。

    http://blogos.com/article/284342/

    関連スレ

    【経済】「森友問題」深刻化でも株高の謎、海外勢の評価が高い 微妙なバランスの麻生大臣
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520909658/
    【経済】安倍首相と麻生大臣辞任なら、世界的にみられているアベノミクスと日本の株価はどうなるか★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521090383/
    【経済】森友で内閣退陣ならアベノミクスは大きく失速  次の首相候補は安倍首相よりも財政再建優先、株価は2千円級の下げに
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521171054/

    【東日本大震災7年】名目GDP 65兆円増 安倍政権で急速に回復★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520824093/
    【経済】実質GDP改定値 年率1・6%増に上方修正 10~12月期、 連続のプラス成長は28年ぶり
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520504058/

    【アベノミクス】大卒内定率、過去最高の91%
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521363635/
    【経済】1月の完全失業率2.4% 24年9ヶ月ぶり低水準 完全雇用状態、有効求人倍率74年以来の高水準
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1519960488/


    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1521428917
    続きを読む
    スポンサー
    About
    twitter はてなブックマークに追加
    このサイトについて
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    アクセスランキング
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ
    article-tool-box